セール情報 ー BlackBerry「自社製最後」のスマホ「BlackBerry Priv」国内版がイオシスで新品特価!(かのあゆ)

BlackBerry Priv 特価情報
こんにちは。かのあゆです。現在イオシスでBlackBerry Privが税込59,800円で販売中となっています。本機はBlackBerryとしては初めて(長らく採用してきた)独自OSの「BlackBerry OS」ではなく「Android」を採用した端末で、BlackBerryシリーズから継承された物理キーボードと独自のセキュリティ強化が売りの端末となっています。なお今回セールとなっているBlackBerry Privは日本国内の正規代理店から発売された国内正規モデルとなります。

スポンサーリンク

スペック

BlackBerry Priv スライド式キーボード
OS: Android 5.1 “Lollipop”→Android 6.0.1 “Marshmallow”
CPU: Qualcomm SnapDragon 808
RAM: 3GB
ストレージ: 32GB
ディスプレイ: 5.4インチIPS(2,560 x 1,440)
ネットワーク:
 LTE:Band 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/19/20/25/28/29/30
WCDMA:800(B6)/850(B5)/900(B8)/1700/2100(B4)/1900(B2)/2100(B1)
 Wi-Fi等:802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
カメラ: イン200万画素 /アウト1,800万画素
バッテリー: 3,410 mAh
サイズ: 147 x 77.2 x 9.4 mm / 192 g

BlackBerryはスマートフォン最初期時代から存在する歴史の長いスマートフォンで、長らく独自OS「BlackBerry OS」を採用してきましたが、本端末からGoogle標準のAndroidに完全移行しました。基本的には独自のカスタマイズが一切行われていない素のAndroidそのものとなっていますが、BlackBerryならではの独自要素として

・その日の予定やタスクを管理できる「プロダクティ・タブ」
・メッセージや通話履歴を一元に管理できる「BlackBerryハブ」

が搭載されています。

またハードウェアレベルで不正なroot化を防止する仕組みを採用しています。プライバシー情報の漏洩を防止するために独自のセキュリティ強化も行っていて、2016年のGoogleのセキュリティリポートでは「世界で最も安全なAndroidスマートフォン」と高い評価を受けていますので、セキュリティ面では安心して使えるAndroid端末となっています。
Android Security 2016 Year In Review : Google(PDF、英文)
※英語な上にめっちゃ長いので、暇な方だけどうぞ…

CPUはヘキサコア(6コア)構成のQualcomm SnapDragon 808を搭載しており、液晶も2,560 x 1,440ドット(WQHD)と高解像度のものを採用するなど十分ハイスペックな構成となっています。

また日本国内正規モデルであるためドコモの主要な通信バンドをフルカバーしており、MVNOキャリアのAPN設定もプリセット済み。グローバルモデルではプリインストールされていないGoogle日本語入力をプリインストールするなど、日本向けのローカライズもしっかり行われています。

デザイン

BlackBerry Priv 伸縮
デザインで最も目立つのはスライド式のキーボードでしょう。かつては日本国内でも採用している端末はいくつか存在したのですが、現在ではハードウェアキーボードを内蔵している端末は希少です。BlackBerryシリーズは独自OS時代からハードウェアキーボードを内蔵しているのが「最大の特徴」というか「トレードマーク」のようなものなので、本機でもそれが継承されている、というのは非常にうれしいことです。

スポンサーリンク

BlackBerry Priv サイズ感
また、全体的に「大人なデザイン」になっており、背面のBlackBerryロゴが存在感を引き立たせています。この端末を外に持ち出したら、きっと「仕事ができそうな人」に見られることは間違いなさそう、と個人的には確信しますw

まとめ

BlackBerry Priv
日本国内正規版BlackBerry Privは元々定価が税込107,784円で販売されていた高級スマートフォンで、現在でも例えばソフマップやビックカメラでは税込86,184円で販売されています。一方イオシスで販売されている商品は新品未開封品、ショップによる1年保証もしっかりついて税込59,800円と激安です。

決してローエンド~ミッドレンジの買いやすい価格帯とは言えないため、人によっては「高い」と思うかもしれませんが、元々の価格が高価なことや端末自体がそこまで出回ってないことを考えると「BlackBerryが欲しかった人」にとってはこのチャンスを見逃さない手はないのではないでしょうか。

本端末はBlackBerry社自身が開発・製造を行った最後のBlackBerryであり、後継モデルである「BlackBerry KEYone」はキーボード採用などBlackBerryらしさこそ継承するものの製造は中国TCLが開発・製造を担当した端末なので、日本国内正式モデルが投入されるかも現時点では不明となっています。

Android端末としてもセキュリティ面やプライバシー保護面において安心して使うことができ、なおかつ日本国内で正式に認証を通したBlackBerry端末はそれだけで希少ともいえます。

中古ならともかく、新品でこの価格で購入できるチャンスは最後かもしれません。ぜひチェックしてみてください。

BlackBerry Priv 店舗在庫分
現在イオシスでは端末在庫を約300台とかなり多く用意しており、店舗でも通販でも購入可能となっています。

関連リンク

BlackBerry Priv:FOX.INC(日本正規代理店)
BlackBerry PRIV – STV100-3:イオシス

ガジェットと過ごすかのあゆブログ

スポンサーリンク

コメント

  1. Astar より:

    私はこの前 ebayで海外版新品を購入しました。
    keyone発表後、予想通り業者の投げ売りが始まって、新品が $200ちょいですからね。日本発送不可の業者だったので、sekaimonを使いましたが、手数料、送料含めて3万程度です。
    Band19のために 3万上乗せする価値があるかは微妙だと思います。
    あと、日本、アジア版は北米版と違って Qi充電に対応してないのが痛いですね