Dimensity 720搭載のニューモデル、ALLDOCUBE iPlay 40 5Gに格安クーポン!キーボードが付属するタブレットもお買い得です!Banggood クーポン、セール情報

ALLDOCUBE iPlay 40 5G
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしている中国の通販サイト「Banggood」のセール情報です。今週は待望の「5Gタブレット」、ALLDOCUBE iPlay 40 5Gにクーポンが出ています。詳しくは後ほど…

スポンサーリンク

クーポン一覧はこちらです。
【2022年8月】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

では、さっそくクーポン対象の製品から一部をピックアップしてご紹介します。

1.Alldocube iPlay 40 Pro 5G

ALLDOCUBE iPlay 40 5G
セール価格:209.99ドル(28,724円)
※クーポンコード:BGJPfefd
※クーポン期限は8月5日(限定20台)

OS:Android 11
CPU:Dimensity 720
RAM:6GB
ストレージ:128GB
ディスプレイ:10.4インチ(2,000 × 1,200)
カメラ:イン5MP/アウト13MP
サイズ:246.7 × 156.5 × 8.2 mm / 475 g
※5G対応バンド:n1/3/28/41/77/78/79

人気のAndroidタブレット、ALLDOCUBE iPlay 40シリーズのニューモデルです。筐体は従来のiPlay 40シリーズとほぼ同じ(メーカーの開示情報によると、筐体サイズがタテ・ヨコとも1ミリ強、小さくなっています)でディスプレイの仕様も変わっておらず、RAMが小さくなってしまいました(従来モデルはRAM8GB)が、CPUがUNISOC T618からDimensity 720に変更されています。

ということで、5G対応となったiPlay 40ですが、私も含め、読者の関心は5G対応よりもむしろ「パフォーマンスが大きく改善された」という点のほうなんじゃないでしょうか。Dimensity 720のAntutuスコアはVer.8で28万5,000点程度です(Webで情報収集したものです)から、Ver.9では30万点強くらいのスコアになると思います。これでも原神など重量級の3Dゲームを最高画質でプレイするには力不足と思われますが、従来モデルが搭載するUNISOC T618(Antutu Ver.9のスコアが約24万点)よりはパワーアップしています。

iPlay 40シリーズはウインタブでも過去に何度か実機レビューをしています。私自身もiPlay 40シリーズを手に取ってみましたが、「(体感的に)かなり薄く、筐体の質感も非常に高い」と感じています。このニューモデルについては実機に触れたわけではなく、従来モデルから筐体が変更されている可能性がないわけではありませんが、筐体品質にも期待していいだろうと思います。

上にも一部書きましたが、ご注意いただきたい点として「RAMが8GBから6GBに変更された」という点と「スピーカーが4スピーカーから2スピーカーに変更された」ということが挙げられます。また、Widevine はL3のままと予想されますので、Netflixなどの動画サブスクリプションサービスでHD画質の視聴はできません(YouTubeなら大丈夫です)。特にWidevineの件は「購入後にがっかり」することのないよう、事前に理解しておいていただきたいと思います。

また、CPU以外でスペックアップした箇所として「アウトカメラが8MPから13MPに変更された」という点があります。タブレットでカメラ性能が気になる人は多くないとは思いますが、ご参考までに…。

最後に価格についてですが、この製品の従来モデルはセール時の価格が170ドルを切るか切らないか…というくらいの水準です。このニューモデルのクーポン価格とは20ドル台後半から30ドル程度の価格差がある、ということです。個人的にはパフォーマンスの向上ぶんを考慮すれば決して高くはないと思います。また、現状、同等クラスの競合製品がないというのも重要なポイントかと。

Banggood製品ページ:
Alldocube iPlay 40 5G
※クーポンコード:BGJPfefd

ウインタブ関連記事:
ALLDOCUBE iPlay 40 5G - 日本でも人気のAndroidタブレットに5Gモデル!CPUもパワーアップしました
※中国国内向けモデルの紹介記事です

2.Headwolf HPad 1

ALLDOCUBE iPlay 40 5G
セール価格:
 本体のみ:189.99ドル(25,988円)

 ※クーポンコード:BGJP99c4
 本体+キーボード:209.99ドル(28,724円)
 ※クーポンコード:BGJPf074
 ※ともにクーポン期限は8月5日(それぞれ限定20台)

スポンサーリンク

OS:Android 11
CPU:UNISOC SC618
RAM:8GB
ストレージ:128GB
ディスプレイ:10.4インチ(2,000 × 1,200)
サイズ:245.7 × 155.5 × 7.6 mm / 465 g

ウインタブでは初めてご紹介するメーカー、Headwolfのタブレットです。Headwolfについては各所で実機レビュー記事(他機種のものです)が見受けられるのと、日本のAmazonでも積極的に販売されているようなので、少なくとも怪しいということはありません。また、ウインタブもBanggoodから実機レビュー依頼を受けたことがありますが、人手不足のためにお受けできなかった、という経緯もあります。

スペックは「中華の新興メーカー製品の典型」という感じです。CPU/RAM/ストレージ、そしてディスプレイ品質もTeclastやALLDOCUBE製品などでよく見かけるスペックなので、目新しさはなく、おおよそ見当がつく、という感じですね(もちろん、低価格品としては十分満足できるものです)。ただし、筐体はかなり薄型に仕上がっていて、重量も465 gと軽いので、サイズ感としては他社製品よりも優れていると言えるかもしれません。

このクラス、というかこの製品と同スペックの中華Androidタブレットのセール価格は170ドル前後であることが多いです。そのため、今回のセール品で「タブレット本体のみ」のほうは特に割安感はありません(ただし、筐体の薄さなどに注目して購入するというのはアリだと思います)。一方で、「キーボード付きで209.99ドル」というのは魅力的です。キーボードを接続して文書作成や表計算に使うぶんには十分な性能になっていると思いますので、タブレットでゲームや動画視聴などを楽しむことも、キーボードを接続して文書作成などをするにも便利に使えるでしょう。

ご注意いただきたいのは上のALLDOCUBE iPlay 40 5Gと同様、WidevineはL3と思われるため、NetflixやAmazonプライムビデオなどの動画サブスクリプションサービスでHD画質の視聴が出来ない、という点ですね。

Banggood製品ページ:
Headwolf HPad 1(キーボードなし)
※クーポンコード:BGJPf074
Headwolf HPad 1(キーボード付き)
※クーポンコード:BGJP99c4

3.UMIDIGI BISON 2 / BISON 2 PRO

UMIDIGI BISON 2シリーズ
セール価格:
 BISON 2(6GB/128GB):169.99ドル(23,252円)
 BISON 2 PRO(8GB/256GB):189.99ドル(25,988円)

※クーポンコードは不要(BISON 2は先着200台、2 Proは先着50台)

OS:Android 12
CPU:Helio P90
RAM:6GB/8GB
ストレージ:128GB/256GB
ディスプレイ:6.5インチ(2,400 x 1,080)
カメラ:イン24MP/アウト48MP+16MP+5MP
バッテリー:6,150 mAh
サイズ:172.07 x 83.82 x 12.9 mm / 280 g

割とマイルドなデザインのタフネススマホです。CPUのHelio P90はAntutu Ver.8のスコアが約21万点(Ver.9だと25万点くらいだと思います)と「ミッドレンジクラスの下のほう」くらいの性能で、RAM/ストレージはBISON 2が6GB/128GB、BISON 2 PROが8GB/256GBと、CPU性能から見て十分な容量になっています。また、ディスプレイもしっかりFHD+解像度になっていますので、このクラスのタフネススマホとしては高精細ですし、カメラもイン側24MP/アウト側48MPと高い画素数になっています。そして、サイズは(タフネススマホではない)普通のスマホと比較すると厚く、重いですが、タフネススマホとしては薄型・軽量な部類です。

BISON 2とBISON 2 PRO、RAM/ストレージ容量が異なるのと、背面の「素材とデザイン」が違っています。ここで掲載しているのはPROのほうで、ゴム素材で覆われた、タフネススマホらしいデザインになっていますが、BISON 2のほうはガラス系のコーティングが施され、ちょっとおとなしめのデザインになっています。

価格のほう、AliExpressでの発売記念セールの価格には及びませんが、CPU性能、カメラ性能、そして筐体品質を考慮すれば十分に割安感があります。BISON 2とBISON 2 Pro、背面のデザインで決めてもいいと思いますし、ストレージ容量を大きめにしたければBISON 2 Proのほうを、それほどストレージ容量を気にしないのであればBISON 2のほうを選んでもいいかもしれません。

Banggood製品ページ:
UMIDIGI BISON 2 / BISON 2 PRO
※「バージョン」のところで「他のバージョン」を選ぶようにして下さい

ウインタブ関連記事:
UMIDIGI BISON 2シリーズ - 街なかでも違和感のないタフネススマホ、BISONのニューモデル。発売記念セールでお買い得価格に!

4.関連リンク

Banggood トップページ
【2022年8月】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

スポンサーリンク