3Kディスプレイ搭載のモバイルノートALLDOCUBE GTBook 13がセール価格に!超大容量バッテリーのタフネススマホも特価!Banggoodクーポン、セール情報

ALLDOCUBE GT Book 13
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。中国の通販サイトBanggoodのセール情報です。今週もBanggoodからたくさんのクーポン、セール情報をご紹介いただいています。

スポンサーリンク

Banggoodのクーポン一覧ページはこちらです。
【2022年7月】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

…しかし、さすがに厳しいものがあります。7月17日現在のBanggoodのドル円為替レートは「141.38」です。1年前(2021年7月18日)のBanggoodのレートが「111.72」でしたから、ドル建てで同価格でも円貨では26%も高くなってしまいます。Banggoodの場合(ウインタブ推定ですが)ドル建ての価格が基準になっていて、ドル円レートは基本毎日変わりますので、変な話、「円でみると日々値上がりしている」ような感覚にとらわれてしまいます。

ということで、以前のような割安感は薄れてしまいましたが、中華PCや中華スマホに関しては日本のAmazonよりも品揃えが早く、ものによってはまだまだ割安な製品も少なくありませんので、ウインタブとしては引き続きBanggoodのセール情報を週次で確認していこうと思います。

では、セール品の一部をピックアップしてご紹介します。

1.ALLDOCUBE GTBook 13

ALLDOCUBE GT Book 13
セール価格:329.99ドル(46,655円)
 ※クーポンコード:BGJPb86c1c
 ※クーポン期限:7月22日(10台限定)

OS:Windows 11
CPU:Celeron N5100
RAM:12GB
ストレージ:256GB SSD
ディスプレイ:13.5インチ(3,000 x 2,000)
サイズ:302 × 217 × 16 mm / 1.3 kg

Jasper Lake世代のCeleron N5100を搭載するモバイルノートで、この製品よりも先に14インチサイズのALLDOCUBE GTBOOKというモバイルノートもあり、個人的にも注目していました。で、このGTBOOK 13はシステム構成はGTBOOKとあまり変わらないものの、大きな相違点があります。

「ディスプレイ品質」ですね。GTBOOKの14インチから13.5インチに、若干小さくなったものの、解像度が3K2K(3,000 × 2,000)と高くなっています。また、アスペクト比も3:2と、Microsoft Surfaceシリーズと同じ形状で、100%sRGBの発色品質になっています。

パフォーマンスについては、「Officeソフトの利用などでは問題なく動作するが、動画編集はちょっと厳しく、オンラインゲームは無理」というのがウインタブの見立てです。なので、ウインタブ読者のメインPCと言うには少し厳しいかもしれません。「持ち出し用のサブ機」とか、「用途を絞って美しい画質を楽しむ」ような使い方になると思います。ただ、Celeron N5100は「結構使えるCPU」ですよ。

CPU性能は少し低めなものの、比較的ライトな用途で使うぶんには素晴らしい製品と言えるでしょう。

Banggood製品ページ:
ALLDOCUBE GTBook 13

ウインタブ関連記事:
ALLDOCUBE GT Book 13 - Jasper LakeのCeleron N5100に3Kディスプレイを搭載する13.5インチモバイルノート

2.OUKITEL WP19

OUKITEL WP19
セール価格:299.99ドル(42,413円)
※クーポンコードは不要
※先着200台限定

スポンサーリンク

OS:Android 12
CPU:Helio G95
RAM:8GB
ストレージ:256GB
ディスプレイ:6.78インチ(2,400 x 1,080)
カメラ:イン20MP/アウト64MP+20MP+2MP
バッテリー:21,000 mAh
サイズ:178.1 × 84 × 29mm / 570 g

「超大容量バッテリー」のタフネススマホです。バッテリー容量なんと21,000 mAh。また、厚さ29 mm、そして重さ570 gと、そこらへんのスマホ3台分くらいの重量級マシンです。

スマホ本来の性能は決して悪くないというか、5G対応こそしないものの「ミッドレンジクラス」と言っていいくらいです。CPUのHelio G95はAntutuスコアが30万~35万点くらいですし、RAMとストレージの容量も十分、カメラもイン側20MP、アウト側64MPと高画素数でナイトビジョンカメラもついています。なので、たぶんにネタ臭が漂ってしまうものの、実用品としても十分な実力はあります。

なんとなく…、ですが、この製品は一部のウインタブ読者には「結構刺さる」ような気もしています。

Banggood製品ページ:
OUKITEL WP19

ウインタブ関連記事:
OUKITEL WP19 - バッテリー容量なんと21,000 mAh!ナイトビジョンカメラも搭載するミッドレンジ・タフネススマホ

3.UMIDIGI BISON 2 / BISON 2 PRO

UMIDIGI BISON 2シリーズ
セール価格:
 BISON 2(6GB/128GB):169.99ドル(24,034円)
 BISON 2 PRO(8GB/256GB):189.99ドル(26,861円)

 ※クーポンコードは不要
 ※BISON 2は先着200台、2 Proは先着50台限定

OS:Android 12
CPU:Helio P90
RAM:6GB/8GB
ストレージ:128GB/256GB
ディスプレイ:6.5インチ(2,400 x 1,080)
カメラ:イン24MP/アウト48MP+16MP+5MP
バッテリー:6,150 mAh
サイズ:172.07 x 83.82 x 12.9 mm / 280 g

こちらは普通、というかむしろマイルドな雰囲気のタフネススマホです。この製品も5G対応はしないものの、CPUのHelio P90はAntutu Ver.8のスコアが約21万点(Ver.9だと25万点くらいではないか、と思います)と「ミッドレンジクラスの下のほう」くらいの性能で、RAM/ストレージはBISON 2が6GB/128GB、BISON 2 PROが8GB/256GBと、CPU性能から見て十分な容量になっています。また、ディスプレイもしっかりFHD+解像度になっています(中華のタフネススマホはミッドレンジクラスでも解像度がHD+にとどまるものが多いです)。

カメラもイン側24MP/アウト側48MPと高い画素数になっています。そして、サイズは(これでも)タフネススマホとしては薄型・軽量な部類です。

BISON 2とBISON 2 PRO、RAM/ストレージ容量が異なるのと、背面の「素材とデザイン」が違っています。ここで掲載しているのはPROのほうで、ゴム素材で覆われた、タフネススマホらしいデザインになっていますが、BISON 2のほうはガラス系のコーティングが施され、ちょっとおとなしめのデザインになっています。

価格のほう、過去最安値には及びませんし、冒頭に書いたように円貨で見てしまうとそれほど安く感じられないかもしれませんが、それでも2万円台前半で購入できるタフネススマホとしては、「街なかでも違和感なく使えるデザイン」「高いカメラ性能」などの魅力があり、ウインタブ読者のサブ機としては悪くない選択だと思います。

Banggood製品ページ:
UMIDIGI BISON 2 / BISON 2 PRO

ウインタブ関連記事:
UMIDIGI BISON 2シリーズ - 街なかでも違和感のないタフネススマホ、BISONのニューモデル。発売記念セールでお買い得価格に!

4.関連リンク

Banggood トップページ
【2022年7月】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

スポンサーリンク