BeelinkのRyzen 3搭載ミニPCや11.6インチモバイル2 in 1、BMAX Y11 Plusに格安クーポン!Banggoodクーポン、セール情報

BMAX Y11 Plus
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしている中国の通販サイト「Banggood」のセール情報です。春の一大イベント「スプリングセール」も終了し、今週は落ち着きを取り戻した感があります。毎週ご紹介いただいている割引クーポンもちょっと数が少なめですね。ただ、最近の傾向としてWindowsのミニPCが特に安く、クーポンの数も増えています。

スポンサーリンク

クーポン一覧はこちらです。
【2022年4月】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

1.BMAX Y11 Plus

BMAX Y11 Plus
セール価格:299.99ドル(37,190円)
※クーポンコード:BGJPBX11RT

OS:Windows 10 Pro
CPU:Celeron N5100
RAM:8GB
ストレージ:256GB SSD
ディスプレイ:11.6インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ:274.5 × 187 × 13 mm / 1,000 g
※Windows 11 無償アップグレード可

ウインタブでも実機レビューをした、11.6インチコンバーチブル2 in 1です。私はこの製品の前モデル「BMAX Y11」を2年以上ほど愛用していました。

OSはWindows 10 Proで、Windows 11への無償アップグレードにも対応しています。CPUはJasper Lake世代のCeleron N5100、RAM8GB、ストレージ256GBと、エントリークラスのモバイルノートとしてはバランスがよく、サブ機的な使い方であれば十分満足できる性能になっています。

また、厚さは13 mm、重量約1 kgと、持ち運びが非常に楽です。さすがにUMPCよりは大きいものの、仕事で大量のテキスト入力をしたり、表計算ソフトを使ったりするのならUMPCよりも11.6インチサイズのノートPCのほうが数段快適だと思っています。特にキーボードの使い勝手が全然違います。

私、個人的には前モデルを非常に気に入っていて、USBポートがType-Cのみ、という点が少々不満に感じられたものの、あとは「文句なし」だと思っていました。この製品の実機レビューを担当したライターのかのあゆさんの評価も非常に高かったのですが、かのあゆさんの場合、私とは少し異なる懸念点を挙げていました。

・電源ON時にディスプレイの四隅が白っぽくなる(昔のWindowsタブレットで見られた現象)。起動後は画質には不満なし
・キーボードの打鍵感が少しプラスティッキー。たまに「取りこぼし(強めに打鍵しないと入力を認識しない)」が発生する

というものです。このあたりはレビュアーの感覚の問題なのかな、とは思いますが、ネガティブな印象をきちんと読者に伝えるのもレビュアーの役割なので、気になる人は購入前に実機レビュー記事を確認してみて下さい。

価格のほう、円安が進行していて、円貨だとあまり安く感じられませんが、この製品のシステム構成や筐体の仕上がりの良さを考えると、299.99ドルというのは非常に安いと思います。

Banggood製品ページ:
BMAX Y11 Plus
※クーポンコード:BGJPBX11RT

ウインタブ実機レビュー:
BMAX Y11 Plusの実機レビュー - コンパクトサイズでJasper Lake搭載、ライトユースには十分な性能のモバイル2 in 1

スポンサーリンク

2.BMAX B3 Plus

BMAX B3 Plus
セール価格:199.99ドル(24,793円)
※クーポンコード:BGJPBXB3R

OS:Windows 11
CPU:Celeron N5095
RAM:8GB
ストレージ:256GB
ディスプレイ:なし
サイズ:124 x 113 x 41 mm

上にご紹介した「Y11 Plus」に続いてBMAX製品です。ウインタブで実機レビューし、日本でも人気のTRIGKEY Green G2とほぼ同スペックで、CPUのCeleron N5095はJasper Lake世代、Passmarkスコアは4,081と高く、RAMとストレージも8GB/256GBと、このクラスとしては十分な容量になっています。

価格のほう、同一スペックのTRIGKEY Grenn G2が過去に189.99ドルになったことがありますので、それよりは10ドルほど高くなってしまいますが、筐体のデザインはBMAXのほうがカッコいいと思いますし、OSもWindows 11になっていますので、アップグレードの手間も省けます。なので、「まあ許せる」でしょうね。

ミニPCはモニターやキーボード、マウスなどのポインティングデバイスを別途用意する必要がありますが、それを踏まえても非常に格安にPC環境を構築できると思いますよ。

Banggood製品ページ:
BMAX B3 Plus
※クーポンコード:BGJPBXB3R

3.Beelink SER3

Beelink SER3
セール価格:319.99ドル(39,670円)
※クーポンコード:BGJPBK3SR

OS:Windows10 Pro
CPU:Ryzen 3 3200U
RAM:16GB
ストレージ:500GB SSD
ディスプレイ:なし
サイズ:126 x 113 x 40 mm

つい先日、ウインタブとしては数年ぶりにBeelinkのミニPC「SER4」の実機レビューをしましたが、ここでご紹介する「SER3」はその下位モデルで、CPUが旧世代のRyzen 3 3200Uとなります。このRyzen 3、Passmarkスコアが3,892とそれほど高くはなく、上にご紹介したBMAX B3 Plus(Celeron N5095搭載)の4,081よりも若干低め(あくまでPassmark公表値では、ということです)になっています。

しかし、RAMは16GB、SSDも500GB NVMeとこのクラスとしては大容量・高速なので、操作感はサクサクしたものになっていると思います。筐体デザインもSER4に非常によく似ていてカッコいいですし、筐体内部のRAMやストレージへのアクセスも容易です。

(上位モデルのSER4をレビューしての感想ではありますが)Beelink製品は内部パーツ(RAMやSSDの製造メーカー)もしっかりしていますし、筐体の剛性感も高く、ウインタブとしては高評価できるメーカーだと思っています。またSER4はシステムスペックが高いぶん高価ですが、このSER3のクーポン価格は319.99ドルと、Ryzen 3/RAM16GB/500GB SSDというシステム構成の製品としては非常にお買い得だと思います。

Banggood製品ページ:
Beelink SER3
※クーポンコード:BGJPBK3SR

参考レビュー記事:
Beelink SER4の実機レビュー - Ryzen 7 4800U搭載、高い筐体品質で「カッコいい」ミニPC
※セール品の上位モデルのレビュー記事です

4.関連リンク

Banggood トップページ
【2022年4月】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

スポンサーリンク