Jasper Lake搭載のモバイルノート、ALLDOCUBE GTBookが299.99ドル!ゴツくてスペックの高いタフネススマホもお買い得!Banggoodクーポン、セール情報

ALLDOCUBE GTBook
中国の通販サイト「Banggood」のセール情報です。現状Banggoodでは特段すごいセールが開催されているわけではないのですが、今回もまた、たくさんのクーポンをご案内いただいていますし、過去最安値と思われるものもちらほらと見受けられました。

スポンサーリンク

Banggoodクーポン一覧ページはこちら
【2021年12月】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

では、セール品をいくつかピックアップしてご紹介します。

1.ALLDOCUBE GTBook

ALLDOCUBE GT Book
セール価格:299.99ドル(34,726円)から
※クーポンコード:
 128GB/512GB:BGJP12LP32
 256GB:BGJP12LP31

●スペック例:299.99ドルモデル
OS:Windows 10
CPU:Celeron N5100
RAM:12GB
ストレージ:256GB SSD
ディスプレイ:14.1インチ(1,920 x 1,080)
サイズ:323 x 207 x 17 mm / 1.35 kg

Banggood製品ページによれば、この製品はWindows 11無償アップグレードが可能です。ただし、メーカーからのアナウンスはなく、ウインタブでもアップグレードについて確証はありません。


最新のJasper Lake世代のCeleron N5100を搭載するモバイルノートです。CPUだけでなく、RAM12GB、256GB SSD、そしてFHD解像度のIPSディスプレイと、低価格帯の製品ながらかなり充実したスペックになっています。ウインタブではいまだにJasper Lake搭載機をレビューしていないのですが、「エントリー用としては十分使える」と思っているCeleron N4100(N4120)の後継CPUだけに、Officeソフトの利用などでは快適に動作するものと思われます(動画編集は厳しいかも。またオンラインゲームは無理です)。

セール価格の299.99ドルというのはBanggoodでは「過去最安値」です。最新スペックであるということと、RAM/ストレージ容量が十分なものになっていること、そして重量も1.35 kgと、モバイルノートとしては悪くないサイズ感になっていることを考慮すれば非常にお買い得と言えるでしょう。低予算で購入できる「持ち出し用サブ機」としてぴったりだと思います。

なお、ストレージ128GB版と512GB版にもクーポンが出ていますが、128GB版は309.99ドルなので、あえて選ぶ意味は皆無、512GB版は399.99ドルなので、コスパでみれば256GB版で決まりかと思います。

Banggood製品ページ
ALLDOCUBE GTBook(256GB)
※クーポンコード:BGJP12LP31
ALLDOCUBE GTBook(128GB/512GB)
※クーポンコード:BGJP12LP32

ウインタブ紹介記事:
ALLDOCUBE GT Book - CPUにJasper LakeのCeleron N5100を搭載するモバイルノート。販売価格に注目しましょう!

2.iiiF150 R2022

F150 R2022 実機レビュー
セール価格:209.99ドル(24,308円)
※クーポンコード:BGc2fcb6

スポンサーリンク

OS:Android 11
CPU:Helio G95
RAM:8GB
ストレージ:128GB
ディスプレイ:6.78インチ(2,460 × 1,080)
カメラ:イン16MP/アウト64MP + 20MP + 2MP
サイズ:170.5 x 82.5 x 15.5 mm/350 g

ウインタブではライターのかのあゆさんが実機レビューを担当し、いたく気に入っているタフネススマホです。一般的なスマホとしてはミッドレンジ~ミッドハイクラスくらいのスペックですが、タフネススマホとしてはかなり高性能な部類です。5Gには非対応なものの、Antutu Ver.9のスコアは35万点をマークし、ほとんどのゲームは快適にプレイできます。

かのあゆさんだけでなく、私自身も短時間ながら実機を手にとっていますが、「とにかくゴツくて硬い」製品で、タフネススマホ好きな人のストライクゾーンに入るんじゃないか、と思います。

実機レビューでは、弱点として「カメラ性能」が指摘されていました。特に暗所での撮影が苦手のようです(ただし、それとは別に暗視カメラの機能もあります)。なので、カメラ性能を重視したいという人はご注意ください。

セール価格のほう、過去最安値が199.99ドルだったので、それよりは少し高くなっていますが、処理性能や筐体品質を考慮すればこの価格でも「買い」でいいんじゃないかと思います。まずはかのあゆさんの実機レビュー記事をじっくりご覧ください。

Banggood製品ページ:
iiiF150 R2022
※クーポンコード:BGc2fcb6

ウインタブ実機レビュー:
iiiF150 R2022の実機レビュー - Helio G95搭載、メイン端末として活躍できるようになったF150ブランドのタフネススマホ第2弾!

3.Rogbid Air

Rogbid Air
セール価格
 1GB/16GB:75.99ドル(8,796円)
 4GB/128GB:135.99ドル(15,742円)

 ※クーポンコード:BGJPBF03

OS:Android 9
CPU:UNISOC 9832+NRF52832
RAM:1GB/3GB/4GB
ストレージ:16GB/32GB/64GB/128GB
ディスプレイ:1.75インチIPS(320 × 385)
カメラ:5MP(前面)
サイズ:50×47×15.7mm、バンド幅20 mm

ウインタブではよくご紹介しているものの、操作性が十分洗練されておらず、「どなたにもおすすめ」とは言いにくいのがAndroid OS搭載スマートウォッチのジャンル。「腕時計型のスマホ」です。単体でGoogle Playのアプリが使えますし、動画視聴や(SIMカードを挿入すれば)電話もできます。

「操作性が洗練されていない」というのは、要は画面サイズが極小すぎて、Androidスマホと比較すると使いにくい、ということです。また、画面解像度も低いので、Google Playアプリで動作しないものも多いと思われます。動作するとしても、PUBGとかCoDとかデレステとかをプレイするのはまず無理でしょう。

ただ、悪い話ばかりではなく、「腕時計で電話する」「腕時計で動画を観る」「腕時計でシューティングゲームをする(私の経験上、2Dのクラシカルなものだと意外に楽しめたりします)」などといった、普通のスマートウォッチではできない「近未来的なこと」ができてしまうという楽しさはあります。

この製品はAndroid OS搭載スマートウォッチとしては非常に安く、特に1GB/16GBのほうは8千円台で買えてしまいます。もちろん4GB/64GB版のほうがなにかと安心ではありますが、上にご説明したとおり、Android OS搭載のスマートウォッチはそんなに複雑な操作ができませんので、1GB/16GBでも入門用としてはいいかな、という気はします(ただ、私はAndroid 9上で1GB/16GBのOS搭載スマートウォッチを操作したことはありません)。

それと、この製品は筐体デザインにもゴツさがなく、腕時計として普通に使えそうなのもいいですね。この製品もおそらく過去最安値ではないかと思われます。

Banggood製品ページ:
Rogbid Air

ウインタブ紹介記事:
Rogbid Air - 安価で購入できるAndroid OS搭載のスマートウォッチ。SpO2の測定もできます

4.関連リンク

Banggood トップページ
【2021年12月】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

スポンサーリンク