UNISOC T618搭載のタブレット、ALLDOCUBE iPlay 40が格安!Banggoodクーポン、セール情報

iiiF150 R2022
中国の通販サイト「Banggood」のセール情報です。今週もまた、たくさんのクーポンをご紹介いただいています。今週ですが、「Windows PCがずいぶんと安いなあ」と感じました。ただし、Windows PCについては「Windows 11へのアップグレード」というイベントが間近に迫っていて、その割に中華メーカーはもちろん、国内メーカーであっても既存モデルのアップグレードについて十分な情報開示がなされていないように思われます。特に中華PCの場合、CPUが旧型番の製品が目立ち、CPUの型番だけでアップグレード対象ではない、と判断できるものもあります。「明らかにアップグレードできる」というポジティブな話ではなく「明らかにアップグレードできない」というネガティブな話になってしまいますが、せめてCPUの型番だけでもアップグレード対象か否かをチェックされるといいと思います。

スポンサーリンク

Microsoftが開示しているWindows 11に対応するCPUの一覧はこちらです
Windows 11 でサポートされている AMD プロセッサ:Microsoft
Windows 11 でサポートされている Intel プロセッサ:Microsoft

また、ウインタブではBanggoodの割引クーポンの一覧ページを用意していますので、こちらもあわせてご覧ください。
【2021年9月】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

1.BMAX Y11

BMAX Y11
セール価格:229.99ドル(25,806円)
※クーポンコード:BGJPBY11S

OS:Windows 10 Home
CPU:Celeron N4120
RAM:8GB
ストレージ:256GB SSD
ディスプレイ:11.6インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ:274.5 × 187 × 13 mm / 1,023 g

注:この製品のCPUはWindows 11アップグレード対象です。また、私が使っている同型機(2019年モデル)はMicrosoftの「正常性チェックツール」でWindows 11へのアップグレート対象であることを確認しています。ただし、このセール品がWindows 11アップグレード対象であることの保証はできません。


先日もご紹介した、個人的にはおすすめしたいエントリークラスの2 in 1です。先日の記事では249.99ドルというセール価格になっていて、これでもすごく安いと思ったのですが、今週はさらに20ドル価格が下がりました。

私もこの製品を使っています。使用頻度はそんなには高くはなく、2年を経過して外装に少し汚れが目立ってきましたが、いまのところシステムの挙動は安定しています。

11.6インチサイズというのは、UMPC(超小型モバイルPC)を別とすればモバイルノートとしては最小と言っていいサイズ感です。キーボードが少し窮屈になってしまうものの、そのかわり持ち運びはラクラクで、厚さはわずかに13 mm、そして重量も1 kgそこそこです。仕事でガッツリ使うのならUMPCよりも11.6インチサイズのノートPCのほうが数段快適だ、と個人的には思います。

また、この製品のスペックは決して高いとは言えませんが、ウインタブの記事執筆くらいであればストレスなくこなせますので、持ち出し用のサブ機としては十分かと。筐体の質感も「それなり」ですけど、エントリークラスのモバイルノートとしては品質も悪くないと思います。

229.99ドルという価格であれば強くおすすめしたいですね。

Banggood製品ページ:
BMAX Y11
※クーポンコード:BGJPBY11S

ウインタブ実機レビュー:
BMAX Y11 レビュー - 11.6インチのモバイル2 in 1、高品質な筐体で「ちょうどいいスペック」、手にとったら絶対に欲しくなると思います(実機レビュー)

スポンサーリンク

2.ALLDOCUBE iPlay 40

ALLDOCUBE iPlay 40
セール価格:169.99ドル(19,073円)
※クーポンコード:BGJPT40

OS: Android 10
CPU: UNISOC T618
RAM: 8GB
ストレージ: 128GB
ディスプレイ: 10.4インチ(2,000 × 1,200)
サイズ: 248.1 × 157.9 × 8.3 mm / 474 g

中華Androidタブでは人気製品と言えるALLDOCUBE iPlay 40シリーズ。今回はBanggoodから、このモデルの他「iPlay 40H(横持ち利用に最適化)」「iPlay 40 Pro(ストレージ256GB)」にもクーポンが出ていますが、この記事ではあえて最安値のiPlay 40(無印)をご紹介します。たぶん、169.99ドルというのは過去最安値と思われますので…。

iPlay 40シリーズは中華タブレットとしてはCPUの性能が高く、RAMとストレージの容量も十分、そしてディスプレイはちょっとだけ変則的なサイズ・解像度(HUAWEI MatePadと同じですね)になっていて、システムスペックを気にする人も「まあ納得」なんじゃないでしょうか。

ただ、この製品はウインタブでも2回実機レビューをしていて、私も短時間ながらこの製品に触れたことがありますが、筐体の質感が非常に高く、中華タブとしては薄さも際立っていると感じられました。スペックよりもむしろこの点を「おすすめの理由」として挙げたいですね。

まあ、Xiaomi Pad 5が発売されたので、少々影が薄くなった、というのは否めませんが、それでもこの価格なら十分購入検討できるのでは、と思います。

Banggood製品ページ:
Alldocube iPlay 40 8+128
※クーポンコード:BGJPT40

ウインタブ実機レビュー:
ALLDOCUBE iPlay 40の実機レビュー - 性能高め、質感も良くて軽量、10インチクラスのAndroidタブレットではベストバイか!
ALLDOCUBE iPlay 40の実機レビュー(第2回)- 質感良し、性能良し、価格良し、機能性良し。古いハイエンドタブレットからの乗り換えにもおススメしたい優秀なタブレット

3.iiiF150 R2022

F150 R2022 実機レビュー
セール価格:199.99ドル(22,439円)
※クーポンコードは不要
※セール開始は9月27日(時刻不明)です

OS:Android 11
CPU:Helio G95
RAM:8GB
ストレージ:128GB
ディスプレイ:6.78インチ(2,460 × 1,080)
カメラ:イン16MP/アウト64MP + 20MP + 2MP
サイズ:170.5 x 82.5 x 15.5 mm/350 g

ウインタブでも実機レビューしたタフネススマホとしてはスペックの高い製品です。5Gには対応しませんが、Antutu Ver.9のスコアは35万点をマークし、ゲームプレイも楽しめました(レビュアーによれば、原神も画質を落とせばプレイできた、とのこと)。

実機レビューで指摘された弱点は「カメラ性能」で、特に暗所での撮影が苦手のようです(ただし、それとは別に暗視カメラの機能もあります)。スペックの割に、また筐体品質の割にかなり安い価格になっているとは思いますが、カメラ性能を重視したいという人はご注意ください。ちなみに実機レビューを担当したライターのかのあゆさんはこの製品が異常なくらい気に入ったようで、毎日喜々として持ち歩いています(かなり重いんですけどね、これ)。

Banggood製品ページ:
iiiF150 R2022

ウインタブ実機レビュー:
iiiF150 R2022の実機レビュー - Helio G95搭載、メイン端末として活躍できるようになったF150ブランドのタフネススマホ第2弾!

4.関連リンク

Banggood トップページ
【2021年9月】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

スポンサーリンク