人気のAndroidタブレット、ALLDOCUBE iPlay 40Hが189.99ドル!Celeron N4120搭載の15.6インチノートも格安価格です。Banggoodクーポン、セール情報

ALLDOCUBE iPlay 40H
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。中国の通販サイト「Banggood」のセール情報です。Banggoodでは現在15周年記念セールを開催中で、いよいよ9月8日から「爆発期」に突入します。もちろん現在でも複数のセールページが開設されています。

スポンサーリンク

Banggoodのセールページはこちらです。
RC&ドローン会場
スマホ、PC、タブレット会場
3Dプリンター、工具会場
家電、衣料品会場

BanggoodはPC・スマホ・タブレット製品だけでなく、衣料品とか家電製品も扱っているので、セールページは結構見応えがあります。

BlitsWolf BW-CB2
私、この製品(というか製品画像)が非常に気になってしまい、記事でご紹介しようと思ったのですが、ジューサーミキサーとしてはずいぶん高価ですし、製品特性をうまく説明できそうにないので断念しました。でも、製品ページに紹介動画もありましたし、かなり良さげなので、興味のある人は確認してみてください。

なお、この記事とは別に、Banggoodから案内をもらっているクーポンの一覧ページも作成していますので、こちらもあわせてご覧ください。
【2021年9月】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

では、いつもどおりよさげなPC・タブレット製品を一部ピックアップしてみます。

1.BMAX X15

BMAX X15(New Vesion)
セール価格:229.99ドル(25,727円)
※クーポンコード:BGJP15THE(9月10日まで、20台限定)

OS:Windows 10 Home
CPU:Celeron N4120
RAM:8GB
ストレージ:256GB SSD
ディスプレイ:15.6インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ:375 × 243 × 20.0 mm / 2.0 kg

前回のセール情報記事でもご紹介しましたが、Celeron N4120搭載機として最もお買い得と思われるのがBMAX X15です。Celeron N4120はエントリークラスのWindows PC用としては高性能な部類なので、Officeソフトであまり凝っていない資料を作るとか、動画を視聴するとか、ZoomなどでWebミーティングをするとかの用途であればほぼ問題なく使えます。

15.6インチなので、特にサイズは小さくないものの、RAMは8GB、ストレージは256GBと十分な容量ですし、ストレージに関してはDIYで換装(増設ではありません)が可能です。また、ディスプレイも視野角の広いIPS液晶になっていますので、テレワーク時のサブ機として、またリビングルームに置く情報端末・家族共用PCとしては十分な品質になっていると思います。

中華PCは依然として探せば200ドル台で購入できるものもありますが、それらはほぼすべてCeleron N3350とかN4000(この製品が搭載するN4120よりもかなり性能が低くなります)搭載機なので、N4120を搭載し、RAMとストレージも十分な容量になっているBMAX X15が229.99ドルで購入できるというのは「中華といえども結構レア」です。

なお、この製品のCPUはWindows 11アップグレードの対象です。しかし、メーカー側で明確にWindows 11へのアップグレードを保証している、ということはありません。参考までに、私の手持ちの同メーカー品「BMAX Y11」はTPM 2.0およびセキュアブートに対応し、Microsoftの「正常性チェックツール」では「Windows 11の要件を満たしています」と判定されました(このセール品のアップグレードを保証するものではありません)。

スポンサーリンク

Banggood製品ページ:
BMAX X15

ウインタブ紹介記事:
BMAX X15(New Vesion)- サブ機として十分な性能を備えた15.6インチノート。セールで安く買えます!

2.Alldocube iPlay 40H

ALLDOCUBE iPlay 40H
セール価格:189.99ドル(21,252円)
※クーポンコード:BG40fbd8(9月30日まで、40台限定)
※セール品の筐体色はブラックです

OS:Android 11
CPU:UNISOC SC618
RAM:8GB
ストレージ:128GB
ディスプレイ:10.4インチ(2,000 × 1,200)
サイズ:248.1 × 157.9 × 8.3 mm / 474 g

日本でも人気のAndroidタブレットの「横持ち最適化版」です。従来モデルのiPlay 40のWebカメラの位置が変更になっています。また、発売時期が新しいため、OSもAndroid 11に変更されています。

従来モデルのiPlay 40はウインタブでも二度実機レビューをしています。期待通りのパフォーマンス、というだけでなく、筐体の質感も高く、さらに500 gを切る軽さも魅力です。iPlay 40シリーズのニューモデルにはストレージが256GBに増量された「iPlay 40 Pro」というのもありますが、こちらは9月5日現在のBanggoodのセール価格が229.99ドル(25,727円)と少し高めなので、この記事ではクーポンが使え、より安価に購入できるiPlay 40Hのほうをご紹介しています。

この7月にAliExpressでiPlay 40 Proが195.99ドルという安値をつけています(発売記念セール)ので、それに比べると割安感は少し劣りますが、それでも「iPlay 40Hが189.99ドル」というのは十分にお買い得と言えると思います。

Banggood製品ページ:
ALLDOCUBE iPlay 40H

ウインタブ紹介記事:
ALLDOCUBE iPlay 40H - 大人気の高性能Androidタブレットに新たなバリエーションモデル

3.Beelink SEi10

Beelink SEi10
セール価格:269.99ドル(30,201円)
※クーポンコードは不要(9月10日まで)
※HK Warehouse在庫分のみ販売中
※プラグはEUタイプのみなので、変換プラグが必要です

OS:Windows 10 Pro
CPU:Core i3-1005G1
RAM:8GB
ストレージ:256GB SSD
ディスプレイ:なし
サイズ:124 x 113 x 41 mm / 279 g

えー、この製品、記事に掲載すべきかどうか、ちょっと心配しました。というのも「安すぎる」んですよね。Beelinkはウインタブでも実機レビューをしたことのあるメーカーなので、品質については心配していませんが、中華のミニPCでここまで激安だと「OSのライセンスは大丈夫か?」と考えてしまうんです。

いろいろと調べてみたのですが、この製品はYouTubeなどにレビュー動画が上がっていて、有名なTech Tabletでもレビューされていました。当然OSのライセンスがおかしい、みたいな指摘もありませんでしたし、そもそもBanggoodの製品ページに「Windows 10 Pro」と明記されていたので、「さすがに大丈夫だろう」ということで掲載することにしました。

ということでこの製品は「激安」です。CPUは第10世代(Ice Lake)のCore i3なので、そんなに高性能とは言えないまでも、もちろんCeleronよりはずっとパワフルです。また、ミニPCなのでRAMとストレージの増設も可能で、RAMは最大64GBまで、ストレージは2.5インチのSATAドライブベイがついています。さらにUSB Type-CポートはThunderbolt 3です。…安すぎですよね…。

中国倉庫分には割引クーポンが出ていたのですが、あいにく中国倉庫分は在庫切れ、現在購入できるのは香港倉庫ぶんのみで、プラグ形状もEUプラグのみとなりますが、それでも十分にお買い得だと思います。

なお、この製品が搭載するCPUはWindows 11アップグレードの対象です。しかし、メーカー側で明確にWindows 11へのアップグレードを保証している、ということはありません。

Banggood製品ページ:
Beelink SEi10

4.関連リンク

Banggood トップページ
【2021年9月】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

スポンサーリンク