もともと安価なPOCO M3 Pro 5Gがさらに安く!CHUWI GemiBookもこの価格ならおすすめ!Banggoodクーポン、セール情報

POCO M3 Pro
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。Banggoodから連絡があり、「スマホのセール情報およびクーポンを追加しました」とのこと。特にPOCO M3 Proのセール価格に力を入れているようです。あと、他にも「え?」というクーポンがありましたが、諸事情でクーポン一覧ページのみに記載しております、はい。

スポンサーリンク

Banggoodからご紹介いただいたクーポンの一覧ページはこちらです。
【2021年6月】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)
※今回はスマホのクーポンのみを更新しました。

では、今週のおすすめ製品を一部ご紹介します。基本スマホのセールやクーポンをご紹介すべきなのですが、それだけだと面白くないので、よさげなモバイルノートもひとつ取り上げました。

1.POCO M3 Pro 5G

POCO M3 Pro
セール価格:
 4GB/64GB:169ドル(18,896円)6月4日まで
 6GB/128GB:189ドル(21,133円)6月11日まで

※クーポンコードは不要

OS:MIUI 12(Android 11)
CPU:Dimensity 700
RAM:4GB/6GB
ストレージ:64GB/128GB
ディスプレイ:6.5インチ(2,400 x 1,080)90Hz
カメラ:イン8MP/アウト48MP+2MP+2MP
サイズ:161.8 x 75.3 x 8.9 mm / 190 g

ウインタブでも実機レビューをしたXiaomiのサブブランド、POCOのミッドレンジスマホです。CPUのMediaTek Dimensity 700はAntutu Ver.9で33万点のスコアをマークし、ウマ娘くらいなら快適にプレイできるほか、重量級のゲームでもグラフィック設定次第で十分プレイ可能です。

この製品は5月下旬のワールドプレミアセール(@Aliexpress)で4GB/64GB版が159ドル、6GB/128GB版が179ドルで販売されましたので、それよりは10ドル高くなってしまいますが、性能・品質とも200ドル以下で買えるのがおかしい、という感じ(レビューした私の感想)なので、ワールドプレミアセールを逃した人にとっては絶好のチャンスと言えるでしょう。

私、POCO M3 Pro 5Gをしばらく使わせてもらったんですけど、もうね、よっぽどスマホにこだわりがあるという人でなければ、このスペックで十分だと思いますよ。実際私の愛用するPixel 5と性能はほぼ変わりませんし。ただ、CPU性能がいいスマホなので、購入されるのであれば4GB/64GB版ではなく6GB/128GBのほうをおすすめします。特にRAMは6GBあったほうがゲームなどでずっと快適になると思います。

Banggood製品ページ:
POCO M3 Pro(4GB/64GB)
POCO M3 Pro(6GB/128GB)

ウインタブ実機レビュー:
POCO M3 Pro 5Gの実機レビュー - 5G対応のミッドレンジスマホ、POCOらしく「壊れた価格」です。これは買いでいいでしょう

2.OUKITEL WP9

OUKITEL WP9
セール価格:159.99ドル(17,889円)
※クーポンコードは不要(6月6日まで)

スポンサーリンク

OS:Android 10
CPU:Helio P60
RAM:6GB
ストレージ:128GB
ディスプレイ:5.86インチ(1,520×720)
カメラ:イン8MP/アウト16MP+13MP+0.8MP
サイズ:156 x 76.9 x 19.5 mm / 321 g

前回のセール情報記事でもご紹介したタフネススマホです。現在「あえて中国通販で買うジャンル」だと思います。タフネススマホは日本国内で正規販売されている製品の種類が少ないですからね。中国メーカーではこのジャンルを得意とするところが少なくありません。OUKITELもそのうちの一社です。

スペック的には「エントリークラスの上のほう~ミッドレンジクラスの下のほう」くらいでです。現在だと快適にプレイできるゲームがやや限られるくらいの性能なので、ある程度ゲームも楽しみたいという人のメインスマホとしてはやや厳しいと思います。逆にあまりゲームをしない、という人なら、Androidの基本的な操作でストレスを感じるようなことはないと思いますので、メイン機としても使えるでしょう。

強そうな外観のとおり、IP68&IP69Kの防水・防塵性能とMIL規格(MIL STD810G)準拠の堅牢性を備えていますので、海や山へのお出かけの際は強い味方になってくれると思います。

また、この製品はバッテリー容量が8,000 mAhと大きく、リバースチャージ対応(この製品をモバイルバッテリー代わりにして、他のデバイスを充電できる)しますので、メイン機のバッテリー切れを助けることのできるサブ機、としても有能です。

Helio P60搭載の中華スマホ、と考えるとそんなに安くもないですが、タフネス性能を考慮すれば非常にお買い得と言えるでしょう。

Banggood製品ページ:
OUKITEL WP9

ウインタブ紹介記事:
OUKITEL WP9 - リバースチャージに対応し、アウトドアで活躍してくれそうなタフネススマホ

3.CHUWI GemiBook

CHUWI GemiBook
セール価格:304.99ドル(34,102円)
※クーポンコード:BGJPXT4J
※クーポン期限:6月5日

OS: Windows 10
CPU: Intel Celeron J4125
RAM: 12GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 13インチIPS(2,160 × 1,440)
サイズ: 289 × 219 × 17.75 mm / 1.34 kg

日本ではめっきり数が少なくなったCeleron搭載のモバイルノートです。この製品はウインタブでも実機レビューをしていますが、レビュー以降CPUがCeleron J4115からJ4125に変更されました。Passmarkスコアを見るとJ4115が2,717、J4125が3,046になっていましたので、体感差は小さいと思いますが、CeleronでPassmarkが3,000点オーバーというのは決して悪くありませんね。動画編集とか非常に凝ったPowerPoint資料作成などをしないのであればビジネス用として十分使えると思います。

また、RAMも12GBとCPU性能の割にかなりの大容量で、ちょっとオーバースペックのような気もしますが、RAMは大きいに越したことはないので安心、とは言えるでしょう。ストレージも256GB SSDで、さらにM.2 SSDを追加できます。ディスプレイも高品質です。アスペクト比3:2(Surfaceシリーズと同じで、一般的なノートPCよりも縦方向に長いです)で解像度も一般的なFHD(1,920 × 1,080)よりも高くなっています。

CHUWI製品は近年筐体の品質が大きく向上していて、質感は国内販売されているノートPCに全く引けをとりません。CPUがCeleron、ということに抵抗がなければ、非常に良くできた製品だと思いますし、購入して後悔することもないだろうと思います。

Banggoodへのリンク:
CHUWI GemiBook

ウインタブ実機レビュー:
CHUWI GemiBookの実機レビュー

4.関連リンク

Banggood トップページ
【2021年6月】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

スポンサーリンク