RAM16GB/512GB SSDのミニPC、MINISFORUM UM300が激安です!POCO X3 Proも狙い目。Banggoodクーポン、セール情報

POCO X3 Pro
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。中国の通販サイト「Banggood」のセール情報です。日本ではいまゴールデンウィークの真っ最中ですが、中国でもほぼ同時期に連休に入っていて、Banggoodのご担当者も5月4日まではお休みとのことでした。ちなみに私は自営業なのでゴールデンウィーク中も仕事ですが、昨夜は一部のライターさんたちとWeb飲み会をしたりして、少しサボり気味に過ごしております。

スポンサーリンク

さて、連休ということで、Banggoodでも現在複数のセールを開催中です。

Banggoodのセールページはこちらです。
ゴールデンウィーク2021
母の日ギフト特集

これ書いてて思ったんですけど、「やべえ、母の日のこと忘れてた!」という人も少なくないのでは?私もその一人なんですけどね…。

ウインタブではこの記事とは別にBanggoodからご案内いただいたクーポンの一覧ページを作っています。こちらもぜひご覧ください。
【2021年5月】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

では、ウインタブおすすめのセール品を一部ご紹介します。

1.MINISFORUM DeskMINI UM300

MINISFORUM_UM300筐体
セール価格:299.99ドル(33,236円)
※クーポンコード:BGJPMAYM

OS: Windows 10 Home
CPU: Ryzen 3 3300U
RAM: 16GB
ストレージ: 512GB SSD
ディスプレイ: なし
サイズ: 128 × 127 × 46mm / 507 g

ウインタブではもうおなじみのメーカー、MINISFORUMのミニPCです。続々とニューモデルをリリースしているMINISFORUMにあって、発売から少し時間が経過しているものの、依然としてメインPCとして使えるパフォーマンスを維持していると思います。また、この製品は2020年8月にウインタブが初めて実機レビューをしたMINISFORUMマシンです。

使用感については実機レビュー記事をご覧いただくとして、このセール価格「激安」です。UM300にはRAMとストレージ容量の異なるバリエーションモデルがあり、購入後にDIYでRAMとストレージの増設も可能ですが、このセール品はRAM16GB/512GB SSDと、しばらくは増設を考えなくてもいい上位スペックになっています。この構成で300ドルを切っているのはすごいと思いますね。ちなみに以前、RAM8GB/256GB SSDという構成のモデルが289.99ドルになったことがありますが、今回のセール品の価格のほうが明らかに割安です。

テレワークなど、自宅でPCを使って作業する時間が増えてきて、デスクトップPCの購入を考えている人も多いと思います。デスクトップPCは本体だけ買えばいいというわけではなく、モニターなどの周辺機器も一緒に調達する必要があります。

UM300はサイズこそコンパクトですが、ジャンルとしてはデスクトップPCになりますので「モニター、キーボード、マウス」は必須、Webミーティングなどをするのであればそれに加えて「Webカメラ、スピーカーもしくはイヤホン」が必要になります。なので、本体価格に10,000円~15,000円くらいの追加出費を見ておく必要がありますが、それを踏まえても5万円以下でRyzen 3/RAM16GB/512GB SSDのデスクトップ環境が手に入ることになりますので、文句なしにお買い得と言えるでしょう。

あと、余計なアドバイスですが、デスクトップPCで快適にお仕事を、とお考えなら、少し奮発して「良いキーボード」を使われることをおすすめします。個人的にはRyzen 3をRyzen 5にするよりも、良いキーボードを使うほうが快適性は上がると思っています。以上、キーボード厨からの意見でした。

Banggood製品ページ:
MINISFORUM DeskMINI UM300

ウインタブ実機レビュー:
MINISFORUM DeskMini UM300 の実機レビュー

2.POCO X3 Pro

POCO X3 Pro
セール価格
6GB/128GB:223ドル(24,706円)
※クーポンコード:BGX3PJP1
8GB/256GB:249ドル(27,587円)
※クーポンコードは不要(5月7日まで)

OS:MIUI 12 for POCO(Android 11)
CPU:Snapdragon 860
RAM:6GB/8GB
ストレージ:128GB/256GB
ディスプレイ:6.67インチ(2,400 × 1,080)120Hz
カメラ:イン20MP / アウト48MP+8MP+2MP+2MP
サイズ:165.3 × 76.8 × 9.4 mm/ 215 g

スポンサーリンク

Xiaomi系列のPOCOのニューモデルです。この製品は以前、6GB/128GB版が199ドルで販売されたことがあり、その際に購入された人も少なくないと思います。残念ながら今回のセールでは199ドルまでは下がりませんでした。しかし、8GB/256GB版のほうは(私の記憶では確か)239ドルが最安値だったと思いますので、249ドルというのはかなりの水準だと思います。これなら買ってしまってもいいんじゃないでしょうか。

POCO X3のCPU性能は「ハイエンド」と言って問題ないものになっていて、RAM、ストレージ、ディスプレイ品質もあわせ、本来はとても200ドル台で買えるような製品ではありません。ハイスペックで激安価格という、POCOらしい製品と言えます。

注意したいのは「5G対応しない」という点と、「アウトカメラが48MPにとどまる」という点でしょうか。個人的には48MPで全く不満はないのですが、この製品をハイスペック機とみなす場合には少し物足りないかもしれません。あと、この製品の下位モデルの「X3」はアウト側64MPだったりもしますので。

メインスマホとして、またゲーム用のサブ機として、おすすめしたい製品です。

Banggood製品ページ:
POCO X3 Pro 6+128
POCO X3 Pro 8+256

ウインタブ紹介記事:
POCO X3 Pro -「ハイスペックで激安」なPOCOが帰ってきた!Snapdragon 860搭載の最新スマホ

3.OUKITEL WP10 5G

OUKITEL WP10
セール価格:359.99ドル(39,884円)
※クーポンコードは不要(5月4日まで)

OS: Android 10
CPU: MediaTel Dimensity 800
RAM: 8GB
ストレージ: 128GB
ディスプレイ: 6.67インチ(2,340 x 1,080)
カメラ: イン16MP/アウト48MP+13MP+2MP+2MP
サイズ: 178 × 83.4 × 17.6 mm / 380 g

中華タフネススマホとしてはハイエンドクラス、そして5Gにも対応するニューモデルです(5Gについては一応日本の通信バンドに合致してはいますが、うまく通信できるかの検証はできておりません)。

CPUのDimensity 800はMediaTek初の5G対応CPUで、性能は「ミッドハイクラス」くらいです。Snapdragonの855とか888には及びませんが、普段使いでは「何でもできる」と考えて大丈夫でしょう。一部システム負荷の高い3Dゲームでグラフィック品質を落としてやる必要はあるかもしれません。

RAMやストレージの容量も十分ですし、カメラもイン側、アウト側ともなかなかのスペックです。でも、タフネスでいかつい筐体のため、サイズはかなり大きくて、特に重量は380 gと「普通のスマホ2台分」なので、このジャンルの製品を使ったことがない人なら少々面食らうかもしれません。

セール価格の359.99ドルというのはかなりお買い得だと思います。このジャンルは好みがはっきりわかれてしまうと思いますが、「好きな人」には非常に魅力的な製品と言えるでしょう。

Banggoodへのリンク:
OUKITEL WP10

ウインタブ紹介記事:
OUKITEL WP10 - OUKITEL初の5Gアウトドアスマホ、MediaTek Dimensity 800を搭載して近日発売

4.Teclast M40

Teclast M40
セール価格:151.99ドル(16,840円)
※クーポンコード:BGJP5TABD

OS: Android 10
CPU: UNISOC T618
RAM: 6GB
ストレージ: 128GB
ディスプレイ: 10.1インチ(1,920 × 1,200)
サイズ: 243 × 163 × 9.3 mm / 531 g

この製品、しょっちゅうウインタブのセール情報記事で掲載していますが、今回のドル建て価格(151.99ドル)はおそらく過去最安値ではないかと思います。

CPUに「Antutu 20万点オーバー」のUNISOC T618を搭載する、低価格帯の中華タブとしては非常に高性能な製品です。同じCPUを搭載する「ALLDOCUBE iPlay 40」と人気を二分している感じですね。

iPlayは「RAM8GB、ディスプレイサイズも10.4インチとわずかに大きい、そして重量も475gと軽量」なので、スペック面ではM40が若干不利ですが、40ドルから50ドルくらいの価格差があり(M40のほうが安い)ますので、スペックのいいAndroidタブレットをより安く、ということならM40もおすすめです。

Banggoodへのリンク:
Teclast M40

ウインタブ実機レビュー:
Teclast M40の実機レビュー - SoCに「UNISOC T618」を搭載、動画やゲームなどのコンテンツを楽しめるAndroidタブレット!

4.関連リンク

Banggood トップページ
【2021年5月】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

スポンサーリンク