Snapdragon 860搭載のPOCO X3 Proが199ドルから!Banggoodクーポン、セール情報

POCO X3 Pro
中国の通販サイト「Banggood」のセール情報です。ここ最近、Banggoodに依頼してよさげな製品のクーポンを発行してもらっていたのですが、それに加え、しばらくお休みしていた「クーポン一覧ページ」を復活させました。

スポンサーリンク

Banggoodのクーポン一覧ページはこちらです。
【2021年4月】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

では、ウインタブおすすめのセール品を一部ご紹介します。個人的にはやっぱり「POCO X3 Pro」ですね。4月6日からセール開始です。あと、「電動ドライバーセット」が安いし面白そうです。

1.POCO X3 Pro

POCO X3 Pro
セール価格
6GB/128GB:199ドル(22,392円)
※クーポンコード:BGPX3P128

8GB/256GB:249ドル(28,018円)
※クーポンコード:BGPX3P256

※この製品のクーポン開始は4月6日です

スペック
OS MIUI 12 for POCO(Android 11)
CPU Snapdragon 860
RAM/ストレージ 6GB/128GB、8GB/256GB
ディスプレイ 6.67インチ(2,400 × 1,080)
カメラ イン20MP / アウト48MP+8MP+2MP+2MP
サイズ 165.3 × 76.8 × 9.4 mm/ 215 g

Xiaomi系列のPOCOのニューモデルで、ウインタブでも実機レビューをしたPOCO X3の上位版です。X3からかなりスペックが上がり、CPUは最新のSnapdragon 860となりました。WebでAntutuスコアをチェックしたところ、Antutu Ver.9で57.7万点ほどでした。ただこれ、「Ver.9」なので、Ver.8とはスコア体系が異なります。こちらの動画によれば、Snapdragon 855が約51万円、865が約65万点、888が約81万点(いずれもVer.9のスコア)になっていましたので、「855と865の中間くらい」の性能だと思います。これならゲームプレイも含め、パフォーマンスに不安はありません。

一方でカメラの画素数はX3から少し落ちました。X3ではアウト側に64MPカメラを搭載していましたが、X3 Proでは48MPにとどまります。カメラ品質にこだわりたい人にはマイナスポイントですね。

あと、注意点として「5Gには対応しません」。まだ5Gの恩恵が受けられている人は多くないと思いますし、私なんかは一応5G対応のスマホを持ってはいますが「5Gスマホは次の次(だいたい2年先)で十分かな」などと思っています。

なお、この製品の販売開始は「4月6日」です。そのため、この記事掲載時点ではまだ注文が出来ません。価格は「十分すぎるくらいに安い」と思いますので、販売開始を待ちましょう!

Banggoodへのリンク:
POCO X3 Pro 6+128
POCO X3 Pro 8+256

2.Ulefone Armor 11 5G

Ulefone Armor 11 5G

セール価格:364.99ドル(41,070円)
※クーポンコード:BGJPUL11

スペック
OS Android 10
CPU MediaTek Dimensity 800
RAM/ストレージ 8GB/256GB
ディスプレイ 6.1インチ(1,520 × 720)
カメラ イン16MP/アウト48MP+13MP+20MP+2MP+2MP
サイズ 163.8×81.6×14.2 mm/293 g

中華タフネススマホではビッグネームと言っていいであろう「UlefoneのArmor」の5Gスマホです。Armorシリーズでは上位のモデルなので、CPU/RAM/ストレージの構成もよく、ミッドハイクラスの性能になります。

スポンサーリンク

また、カメラはアウト側がペンタ(5)カメラで、20MPのナイトビジョンレンズ(暗視レンズ)も搭載しています。どう使うのかは読者におまかせしますが、非常に凝った装備だと思います。

ウイークポイントはディスプレイ解像度ですね。このクラスの製品でFHD+でなく、HD+解像度にとどまるというのが気になる人もいるでしょう。ただ、画面がやたらと粗い、とかではないです。

日本ではまだ数が少ないタフネススマホですが、中華メーカーではこのジャンルの製品を手掛けるメーカーが多く、中でもUlefoneはタフネススマホのノウハウが豊富です。日本でメジャー、とまでは言えませんが、製品の品質は心配いらないと思います。

セール価格のほうも悪くありません。この製品の場合、発売直後は400ドルを越えていましたし、現在でも399ドル位になっていることが多いです。

Banggoodへのリンク:
Ulefone Armor 11 5G

ウインタブ紹介記事:
Ulefone Armor 11 5G

3.T-Bao TBOOK MN22

T-Bao TBook MN27
セール価格: 369.99ドル(41,633円)
※クーポンコード: BGJPMN52

スペック  
OS Windows 10
CPU Ryzen 7 2700U
RAM/ストレージ 16GB/512GB SSD
サイズ 127.6 x 127.6 x 38.3 mm

いま注目のミニPCジャンル。このT-Bao TBOOK MN27はCPUに旧世代のRyzen 7を搭載しています。「ノートブック用第1世代のRyzen」ですから、最新世代(5000番台)から逆算すると3世代前ということになります。

この製品とほぼ同等のスペックになっているのが、ウインタブでもよく実機レビューしている「MINISFORUM UM270」です。CPUが同じですね。

性能面では今でも十分メインパソコンとして使える水準だと思いますし、実際MINISFORUM UM270のレビューを担当したライターはレビュー後もUM270をメインマシンとして使っているとのことです。

ウインタブでの実機レビュー経験が豊富で、自信を持っておすすめできるMINISFORUMとは異なり、T-BaoのミニPCは実機に触れたことがないので、信頼性についてはなんとも言えませんが、クーポン価格は非常に安いです。MINISFORUM UM270の4月4日現在の価格は64,980円(MINISFORUM公式ストアにて、16GB/512GB版)ですから。

「テレワーク用にもう一台PCが欲しい。できれば手頃な価格のデスクトップ」と考えている人におすすめです。

Banggoodへのリンク:
T-Bao TBOOK MN27 16+512

4.Xiaomi Wowstick 1F+

wowstick top

セール価格: 30.99ドル(3,487円)
※クーポンコード: BGJPf2

ラストは「電動工具」です。ピット(先端部分)を取り替えることができる電動ドライバーセットで、Xiaomi系列の「Wowstick」というブランドの製品で、なぜかライターのオジルさんが購入し、実機レビュー記事も執筆しています。

私はこの手の製品には詳しくなく、いいとか悪いとかは言えないのですが、オジルさんのレビューの評価が非常に高く「(ろくに使いもしないけど)一つ欲しいなあ」などと思ってしまいました。

クーポン価格の30.99ドルというのは、この製品の価格としてはかなり安いのではないかと思います。日曜大工などをされる人は試してみてください。

Banggoodへのリンク:
Wowstick 1F+ 64 In 1 Electric Screwdriver

ウインタブ実機レビュー
Xiaomi Wowstick 1F+ の実機レビュー

5.関連リンク

Banggood トップページ
【2021年4月】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

スポンサーリンク