Xiaomi Redmi 9Tのストレージ128GB版に格安クーポン!珍品PCのPIPO X10sも安く買えます!Banggoodクーポン、セール情報

PIPO X10s
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしている…といいつつ先週はお伝えしなかった中国通販「Banggood」のセール情報です。最近ちょっとクーポンの数が少ないんですよね…。特にスマホのクーポンがずいぶんと少ない。

スポンサーリンク

Banggoodから頂いているクーポン情報については、この記事とは別に一覧ページを作成していますので、こちらもあわせてご覧ください。
【2月21日更新】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

では、今週のウインタブおすすめ製品をピックアップしてご紹介します。クーポンが少ない、といいつつ、よさげなものもしっかりありました。

1.PIPO X10s

PIPO X10s
セール価格: 259.99ドル(27,940円)
※クーポンコード: BGJPc8b851
※クーポン期限: 2月28日

OS: Windows 10
CPU: Celeron J4105
RAM: 6GB
ストレージ: 64GB eMMC
ディスプレイ: 10.1インチIPS(1,920 × 1,200)
サイズ: 247 × 162 × 68 mm / 1,030 g

ウインタブでも実機レビューをした「珍品PC」です。PIPO Xシリーズは「分厚いタブレット」というべきか「超小型のオールインワンPC」というべきか、いずれにせよ見た目とは裏腹に「びっくりするほど使い勝手が良い」というのがウインタブのライター、また読者レビュアーの統一見解です。サイズ感的に持ち運びにはあまり向きません(ただしバッテリーを内蔵していますので、持ち運びは可能です。実機レビューではライターがスタバに持ち込んで写真撮影もしています)。そのかわり豊富な入出力ポートを備え、キーボードやマウスの接続もラクラクです。

また、ディスプレイ面に適度な角度がついていますので、寝タブ(ただし、うつ伏せ寝限定)としても有能ですし、100均でタブレットスタンドを買ってくればオールインワンPCに早変わりです。

従来モデルではCPUがAtom Z8350と非力でしたが、このX10sはCeleron J4105を搭載していますので、デスクワークなどにもそこそこ使えるくらいの性能になりました。RAMも6GBありますしね。

PIPO Xシリーズのことを「珍品、珍品」と言っていますが、愛を込めてそう言っているだけで、「他には見られない独特の形状」ながら実用面では非常に使いやすい製品です。できれば真剣に購入検討していただきたいな、と。

Banggoodへのリンク:
PIPO X10s 6+64

ウインタブ実機レビュー:
PIPO X10sの実機レビュー -「あの珍品PC」ニューモデル!せっかくなので「モバイル機」としても活用してみました!

2.BMAX MaxPad I10

BMAX MaxPad I10
セール価格: 134.99ドル(14,506円)
※クーポンコード: BGJP0d8b
※クーポン期限: 3月17日(5台限定)

OS: Android 10
CPU: UNISOC T610
RAM: 4GB
ストレージ: 64GB
ディスプレイ: 10.1インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 245 × 164 × 8.8 mm / 550 g

スポンサーリンク

ウインタブでは低価格なコンバーチブル2 in 1やノートPCを手掛けるメーカーとしておなじみのBMAXのAndroidタブレットです。CPUにUNISOC T610を搭載していて、なかなかにパワフルです。以前ウインタブの紹介記事で「Antutuスコアが約16万点なので、Helio P60と同じくらいか」と書いたのですが、Banggoodの製品ページに日本のユーザーの方がレビューを投稿されていて、それを見ると「Antutu19万点オーバー」になっているようです。これだけのスコアが出るのなら、Androidタブレットとしてはごく高性能と言えるでしょう。

ただし、RAMとストレージは4GB/64GBなので、現状6GB/128GBとか8GB/128GBのAndroidタブレットがあることを踏まえると少々不足気味です。この点が少し不満と言えるかもしれません。また、ディスプレイの解像度が1,920 × 1,080になっていますが、ウインタブで少し検証してみたところ、筐体サイズから見ておそらく1,920 × 1,200(つまり、一般的なAndroidタブレットと同じ)ではないかと思われます。

CPU性能から見て、このクーポン価格は非常にお買い得だと思います。また、このクーポン、Banggoodのご担当者からは「ウインタブ限定です」と言われています。また、5台限定ということなので、購入される人はお早めに。

Banggoodへのリンク:
BMAX MaxPad I10

ウインタブ紹介記事:
BMAX MaxPad I10 - あのBMAXからAndroidタブレットが発売されます!低価格ながらCPUにUNISOC T610を搭載し、性能面でも期待できそう

3.Xiaomi Redmi 9T

Xiaomi Redmi 9T
セール価格(64GB): 149ドル(16,012円)
※クーポンコード: BGR9T64
セール価格(128GB): 159ドル(17,087円)
※クーポンコード: BGR9T128
※クーポン期限: 2月28日

OS: MIUI 12(Android 10ベース)
CPU: Snapdragon 662
RAM: 4GB
ストレージ: 64GB/128GB
ディスプレイ: 6.53インチ(2,480 x 1,080)
カメラ: イン8MP/アウト48MP+8MP+2MP+2MP
サイズ: 162.3 x 77.3 x 9.6 mm / 198 g

日本でも正規販売されているXiaomiの低価格スマートフォンです。結論から言うと、4GB/64GB版はあえてBanggoodから購入するメリットはないと思います。日本のAmazonで税込み17,490円で購入できますが、Banggoodだと16,012円に送料560円がかかり、さらに輸入消費税が発生することを考慮すれば、もはや並行品だから安いということは言えません。

一方で128GB版は日本で正規販売されておらず、日本正規版64GBとの価格差がかなり小さいので、購入する価値はあると思います。

Redmi 9Tは「価格破壊」なスマホと言っていいと思います。Snapdradon 662のAntutuスコアは約18万点ということなので、現状だと「ミッドレンジの下のほう」くらいの性能となりますが、一部のゲーム(原神など)を別にすれば快適に動作するはずです。また、ディスプレイ解像度やカメラ品質も高く、メインスマホとしても十分使える製品です。

なお、Banggoodで販売されている製品は通信バンドが日本版と異なります。Banggoodの製品ページでは「B1/2/3/4/5/7/8/20」、Xiaomiのグローバルサイトでは「B1/2/3/4/5/7/8/20/28」と開示されていて、バンド19には対応しません。購入される場合はこの点にご注意下さい。

Banggoodへのリンク:
Xiaomi Redmi 9T(64GB)
Xiaomi Redmi 9T(128GB)

ウインタブ紹介記事:
Xiaomi Redmi 9T - Snapdragon 662と48MPカメラを搭載して税抜き15,000円台!コストパフォーマンスに優れたミッドレンジスマホが日本正規販売されます!

4.関連リンク

Banggood トップページ

スポンサーリンク