UNISOC T618搭載の最新タブレット、Teclast T40 Proに格安クーポン!Ryzen 7搭載のミニPCは4万円台から!Banggoodクーポン、セール情報

TRIGKEY Speed S3
中国の通販サイト「Banggood」のセール情報です。すみません、先週はセール情報記事をお休みしてしまいましたが、今週再開します。例によってBanggoodからたくさんのクーポンをご紹介いただいています。

スポンサーリンク

Banggoodクーポン一覧ページはこちらです。
【2022年1月】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

今週はWindowsの、特にミニPCに割安感のあるものが多いです。中華ミニPCはエントリー~中位スペックのものが多いですが、ご自宅用のメインPC、あるいはサブPCとして、しっかり使えそうなものばかりだと思います。

また、スマホのクーポンは数が少ないですが、最近ウインタブでよくレビューしている「中華タフネススマホ」でいいものが含まれていました。そろそろタフネス系に行っちゃおうかな、という人もおられると思いますので、ぜひチェックしてみてください。

では、割引クーポンが出ている製品の中から一部をピックアップしてご紹介します。

1.TRIGKEY Speed S3

TRIGKEY Speed S3
セール価格(8GB/256GB):359.99ドル(41,806円)
※クーポンコード:BGJPJANN28
セール価格(16GB/500GB):429.99ドル(49,935円)
※クーポンコード:BGJPJANN29

OS:Windows 10 Pro(Windows 11アップグレード可)
CPU:Ryzen7 3750H
RAM:8GB/16GB
ストレージ:256GB/500GB
ディスプレイ:なし
サイズ:126 x 113 x 40 mm

ここのところ、Banggoodでも力を入れている「TRIGKEY」のミニPCです。先日ウインタブでもTRIGKEY製品の実機レビューをしていて、ライターの評価も高かったので、この先ウインタブとしても注目していきたいメーカーです。

TRIGKEYのミニPC、複数の製品にクーポンが出ていますが、ここでは「メインPCとしても十分使える」旧世代のRyzen 7を搭載する「Speed S3」をご紹介します。RAM/ストレージ構成が2種類あり、CPUの性能を考えると16GB/500GBモデルがおすすめですが、この製品はRAM、ストレージともDIYで増設が可能なので、とりあえず8GB/256GBにしておいてもいいと思います。

ミニPCはデスクトップPCのジャンルとなりますので、PC本体だけでは使えません。最低でもモニター、キーボード、マウスなどのポインティングデバイスの接続が必要になりますので、これら周辺機器を持っていない場合は別途購入する必要があります。まあ、安く上げれば1万円強くらいの出費になりますかね…。しかし、それを考慮してもRyzen 7搭載でRAM/ストレージの容量にも不足がなく、さらにOSがWindows 10 Pro(Windows 11アップグレード可)のPCが4万円ちょっとで買える、というのは素晴らしい!と思います。

なお、別モデルではありますが、この製品とほぼ同じ筐体と思われるTRIGKEYのミニPCの実機レビュー記事にリンクしておきますので、参考までにご覧ください。

Banggood製品ページ
TRIGKEY Speed S3(8GB/256GB)
※クーポンコード:BGJPJANN28
TRIGKEY Speed S3(16GB/500GB)
※クーポンコード:BGJPJANN29

ウインタブ実機レビュー(別モデルです)
TRIGKEY GREEN G2の実機レビュー - これはおすすめ!大幅にパワーアップしたJasper Lake世代Celeron搭載でお手頃価格のミニPC!

2.Teclast T40 Pro

Teclast T40 Pro
セール価格:179.99ドル(20,903円)
※クーポンコード:BGJP22TAB2

OS:Android 11
CPU:UNISOC T618
RAM:8GB
ストレージ:128GB
ディスプレイ:10.4インチIPS(2,000 x 1,200)
カメラ:イン8MP/アウト13MP
サイズ:248 × 157 × 7.8 mm/480 g

Teclastの「最上位グレード(マスタークラス)」のAndroidタブレットです。ウインタブが「最近の中華の主流」と考えている「UNISOC T618/RAM8GB/ストレージ128GB/2000 × 1200ディスプレイ」というスペックになっています。つい先日、従来モデルの「T40 Plus」から小変更が施された「T40 Pro」が登場しました。今回はその「T40 Pro」のご紹介です。

T40 Plusからの変更点はわずかです。カメラ性能がワンランク上がった(T40 Plusは5MP/8MP)、ということと、バッテリー容量が7,000 mAhとなり、急速充電に対応するようになった、というくらいですね。あと、背面のデザインも若干変わっています。

で、価格ですが、T40 Plusのセール価格で過去最低だったのが172.99ドルだと思います(間違えていたらすみません)ので、それよりは若干高いものの、「全然許せる」くらいにはなっていると思います。小変更ながら確実にスペックアップしていますしね。

スポンサーリンク

UNISOC T618というCPUはAntutu Ver.9のスコアが約23万点です。スマホの上位機種と比べると大したことはありませんが、予算200ドル弱くらいで購入できる中華タブレットとしてはごく高性能と言えます。冒頭に書かせていただいた通り、Teclastでは「マスタークラス」となる製品ですから、筐体の質感なども素晴らしいものになっています。これで2万円強なら「買い」でいいんじゃないでしょうか

Banggood製品ページ:
Teclast T40 Pro
※クーポンコード:BGJP22TAB2

ウインタブ紹介記事:
Teclast T40 Pro - カメラ性能とバッテリー容量がアップしたTeclast タブレットの上位モデル

3.OUKITEL WP17

OUKITEL WP17
セール価格:209.99ドル(24,387円)
※クーポンコード:BGJPSMH3

OS:Android 11
CPU:Helio G95
RAM:8GB
ストレージ:128GB
ディスプレイ:6.78インチ(2,460 × 1,080)90Hz
カメラ:イン16MP/アウト64MP + 20MP + 2MP
サイズ:176 x 83 x 14.9 mm /335 g

こちらはタフネススマホ。5G対応こそしませんが、スマホとしてはミッドレンジクラスのスペックで、CPUのHelio G95はAntutuスコアが約35万点、8GBのRAMに128GBのストレージ、ディスプレイはFHD+解像度で90Hzの高リフレッシュレート、さらにカメラは64MPと、メインスマホとして十分使えるスペックになっています。

このスペックで209.99ドルという価格は、「タフネススマホならずとも割安感がある」と思います。なお、この製品はウインタブでも実機レビューをし、ライターのかのあゆさんが愛用している「iiiF150 R2022」の兄弟機というか、ほぼ同じスペックです。ただし、筐体のデザインはiiiF150のほうが「いかつい」のに対し、このWP17はいくぶん洗練されたデザインになっているので、「街向きかな」という気はします…。

Banggood製品ページ
OUKITEL WP17
※クーポンコード:BGJPSMH3

ウインタブ紹介記事
OUKITEL WP17 - 6.78インチの大型タフネススマホ。ナイトビジョンカメラも搭載しています

4.BMAX Y11 Plus

BMAX Y11 Plus
セール価格:299.99ドル(34,839円)
※クーポンコード:BGJPJANP26

OS:Windows 10 Home(Windows 11アップグレード可)
CPU:Celeron N5100
RAM:8GB
ストレージ:256GB SSD
ディスプレイ:11.6インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ:274.5 × 187 × 13 mm / 1,000 g

11.6インチコンバーチブル2 in 1「BMAX Y11」のニューモデルです。CPUがCeleron N4100(N4120)から最新Jasper LakeのCeleron N5100に変更されました。それ以外の主要スペックはほとんど変わっていません。外見も筐体サイズも従来モデルと全く同じです。

私は従来モデルを2年以上ほど使っています。使用頻度はそんなには高くなく、「予備機」的な位置づけで出張とか帰省の際に持ち出すことが多いです。外装に汚れや傷が目立つようになりましたが、依然システムの挙動は安定しています(Windows 11にもアップグレード済みです)。ただ、最近バッテリーがヘタってきて、あまり長時間使えなくなってきましたので、自分でもこのY11 Plusを買おうかな、などと思っています…

11.6インチサイズだと、キーボードが少し窮屈ではあります(あくまで個人的な印象です)が、厚さは13 mm、重量1 kgそこそこと、持ち運びが非常に楽です。さすがにUMPCほど小さくはないものの、出先で長文のテキスト入力なんかをこなすのならUMPCよりも11.6インチサイズのノートPCのほうが数段使いやすいですね。また、コンバーチブル2 in 1筐体でディスプレイがタッチ対応するのも便利です。

私が使っていてウイークポイントと思われるのは2点、「USBポートがType-Cのみ」と「Webカメラの位置が下部ベゼルの右側にある」という点です。前者は手持ちのUSB無線マウスやポータブルSSD(いずれもUSB Type-A対応)の接続にハブが必要になりますし、後者はWebミーティングの際にご自身の顔がイケメンにはなりません。

Jasper LakeのCeleron、ウインタブでは直近2度ほど実機レビューをしていますが、Gemini Lakeよりもかなりパフォーマンスが向上しているようです。個人的にはGemini Lake搭載の従来モデルでも特に不満を感じませんでしたが、このY11 Plusは一段とサクサク動いてくれそうですよね!

Banggood製品ページ:
BMAX Y11 Plus
※クーポンコード:BGJPJANP26
※製品ページの「Ship from」のところを「HK」にしてください、「GWTR」では割引になりません

ウインタブ紹介記事
BMAX Y11 Plus - コンパクトサイズで手頃な価格のコンバーチブル2 in 1、CPUがJasper Lakeになりました

5.関連リンク

Banggood トップページ
【2022年1月】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

スポンサーリンク