11.6インチコンバーチブル2 in 1のBMAX Y11がお買い得!Xiaomi Redmi 9が早くもクーポン価格に!Banggoodクーポン、セール情報

Teclast F6 Plus レビュー
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。中国の通販サイト「Banggood」のセール情報です。小売業の人はよくご存知かと思いますが、8月というのは「ニッパチ(2月と8月)」と言われ、購買行動が低下する、要するにモノが売れない時期とされています。Banggoodのセールページでもあまり強烈な打ち出しはないように思われますが、クーポンのほうは従来どおり、大量にご案内いただいています。

スポンサーリンク

この記事とは別に、クーポン一覧ページを用意していますので、こちらもぜひご覧ください。
【8月14日更新】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

目新しさ、という点では「ALLDUCUBE i7 Book」に注目しているのですが、この製品は8月17日から大々的なセールが開始されることになっていて、この記事の公開時点では「まだ買いではない」です。なので、これ以外の製品からお買い得と思われるものをいくつかピックアップしてみました。

1.BMAX Y11

BMAX Y11
セール価格: 289.99ドル(31,425円)
※クーポンコード: BGBX11S4

OS: Windows 10 Home
CPU: Celeron N4120
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 11.6インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 274.5 × 187 × 13 mm / 1,023 g

ウインタブのお気に入り中華コンバーチブル2 in 1です。この製品、11.6インチサイズですが、このサイズはUMPC(超小型モバイルPC)を別とすればモバイルノートとしては最小といえ、キーボードが少し窮屈になってしまうものの、持ち運びには素晴らしいサイズ感です。この製品の場合、厚さはわずかに13 mm、そして重量も1 kgそこそこです。

現状、UMPCが日本で大人気ですし、私も7インチサイズのUMPCを使っていますが、出先で「ガッツリ作業する」のならUMPCよりも11.6インチサイズのノートPCのほうが数段使いやすいです。特にキーボードの使い勝手が圧倒的に違いますので、大量のテキスト入力をするなら11.6インチですね。また、この製品はコンバーチブル2 in 1筐体なので、タブレットモードにしてWebブラウジングをしたり、ニュースアプリを見たりするにも便利です。

セール価格の289.99ドルというのは過去最安値ではありませんが、この製品は「300ドルを切ることがあまりない」ので、十分「買い」と判断できます。

Banggoodへのリンク:
 BMAX Y11
ウインタブ実機レビュー:
 BMAX Y11 レビュー - 11.6インチのモバイル2 in 1、高品質な筐体で「ちょうどいいスペック」、手にとったら絶対に欲しくなると思います(実機レビュー)

2.Teclast F6 Plus

Teclast F6 Plus
セール価格: 329.99ドル(35,760円)
※クーポンコード: BGTF6PLH

OS: Windows 10
CPU: Celeron N4100
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 320 × 210 × 18 mm / 1.6 kg

こちらはTeclast製の13.3インチコンバーチブル2 in 1です。ウインタブではライターのオジルさんが実機レビューしています。13.3インチと、モバイルノートとしては王道のサイズですが、低価格帯のコンバーチブル2 in 1筐体ということで重量がやや重くなってしまうのが弱点です。

メインPCとして使える上位クラスのモバイルノートだと「Core i5/RAM8GB/256GB SSD/FHDディスプレイ」くらいの感じだと思いますが、この製品はCPUがCeleronである以外は上位クラスのノートに引けを取らない構成です。「CPUが低スペックじゃダメじゃん!」と言われそうですが、サブ機として用途を軽めの作業に絞ればかなり使いやすいと思いますよ。クーポン価格もかなり低めですし、ディスプレイもタッチ対応しますしね。

スポンサーリンク

Banggoodへのリンク:
 Teclast F6 Plus
ウインタブ実機レビュー:
 Teclast F6 Plus レビュー - 筐体品質が高くてコスパも高い!13.3インチのコンバーチブル2 in 1(実機レビュー)

3.Ulefone Armor X5

Ulefone Armor X5
セール価格: 94.99ドル(10,294円)
※クーポンコードは不要(8月17日まで)

OS: Android 9.0
CPU: Helio P23
RAM: 3GB
ストレージ: 32GB
ディスプレイ: 5.5インチIPS(1,440 × 720)
カメラ: イン5MP/アウト13MP+2MP
サイズ: 164.8 × 79.2 × 15 mm / 235 g

Ulefoneの名シリーズ「Armor」のエントリーモデルで、ライターのnatsukiさんが実機レビューをしています。今回なんと94.99ドルで購入ができます。CPUはHelio P23と、「ちょっと前ならミッドレンジ」と言えるものが搭載されていて、Antutu(Ver.8)のスコアも10万点ほどなので、重量級ゲームを最高画質で楽しむのは難しいとしても、一通りの操作はサクサクとこなせるはずです。

RAMやストレージ容量、カメラ品質なども最新ミッドレンジ機に及びません。なので、ウインタブ読者なら「サブ機」「予備機」的な位置づけになると思います。しかし、IP68レベルの防水・防塵性能を誇るタフネスなスマホなので、メイン機にはない使い方もできますし、「防災スマホ」としても有能です。

Banggood製品ページ:
 Ulefone Armor X5
ウインタブ紹介記事:
 Ulefone Armor X5 レビュー - 低価格ながらガチなアウトドア利用に耐えうるスペック!これはいいタフネススマホ(実機レビュー)

4.Xiaomi Redmi 9

Xiaomi Redmi 9
セール価格: 119ドル(12,896円)
※クーポンコード: BG8R932

OS: MIUI
CPU: Helio G80
RAM: 3GB
ストレージ: 32GB
ディスプレイ: 6.53インチIPS(2,340 × 1,080)
カメラ: イン8MP/アウト13.0MP+8.0MP+5.0MP+2.0MP
サイズ: 163.32 × 77.01 × 9.1 mm / 198 g

ラストはXiaomiの最新エントリーモデル。「Redmi 9」には「ただの9」「9A」「9C」があり、ここでご紹介している「ただの9」が最もスペックが高くなっています。とはいえ、エントリーモデルなので、ウインタブ読者のメインスマホとしてはちょっと足りない感じですね。ただ、ライトユーザーであれば十分メインスマホにできるくらいの実力はあります。

この価格帯の製品として魅力的なのはCPU性能がミッドレンジクラスであること(Antutuスコアが19万~20万)、ディスプレイ解像度がFHD+になっていること、そしてアウトカメラがクアッドレンズになっていることです。カメラ画素数は低めですが、Xiaomiのカメラは撮影品質が高いので、そこそこ満足できる写真撮影ができると思います。

一方で弱いのはRAMとストレージ容量ですね。Redmi 9には4GB/64GBもありますが、今回セール対象になっているのは3GB/32GB版で、特にストレージ32GBというのはアプリのインストール数に少し制約が出てくると思われますし、動画の保存にも十分とは言えませんので、microSDカードによるストレージ拡張が必要になると思います。

クーポン価格は119ドルと、どエントリーな100ドルスマホよりも若干高くなりますが、RAM/ストレージ容量以外はミッドレンジクラスの性能・機能になっているので、お買い得感は高いです。

Banggoodへのリンク:
 Xiaomi Redmi 9
ウインタブ紹介記事:
 Xiaomi Redmi 9シリーズ - Xiaomiのエントリースマホのニューモデルです。Helio Gシリーズ搭載でより魅力的になりました!

5.関連リンク

Banggood トップページ
【8月14日更新】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

スポンサーリンク