POCO F2 Proが5万円切り!Teclastの大型Androidタブレットも激安価格です!Banggoodクーポン、セール情報

POCO F2 Pro
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。中国の通販サイト「Banggood」では現在サマープライムセールの最中ですが、日本の顧客向けに「日本限定クーポン」というページが作られています。少し確認してみたのですが、かなり価格設定が低めになっているようです。
日本限定クーポン:Banggood

スポンサーリンク

この記事では、日本限定クーポンのページと、Banggoodから頂いているクーポンの中から、お買い得と思われるものをいくつかご紹介します。なお、最近ちょくちょく「記事公開時点、あるいは記事公開から短時間でクーポンが終了した」というケースがあり、ご迷惑をおかけしております。申し訳ありません。後者の方はどうしようもないのですが、前者については極力なくそうと思っており、この記事の公開直前にクーポンが有効であることを確認しております。しかし、公開から短時間でクーポンが終了(予定販売数を終えた場合、クーポンは無効となります)してしまうケースはありえますので、その点あらかじめご了承ください。

1.CHUWI AeroBook Pro

CHUWI AeroBook Pro
セール価格: 379.99ドル(41,488円)
※クーポンコード: BGJPCWM3P

OS: Windows 10 Home
CPU: Core m3-8100Y
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 308.5 x 209 x 15.2 mm / 1.26 kg

CHUWIのCore m搭載モバイルノートで、CPUには最新ではないものの、「まあ新しい」Core m3-8100Yを搭載しています。ほぼ同スペック(CPUが旧世代になります)のCHUWI AeroBook(無印)についてはライターの.TAOさんが所有していて、ウインタブに実機レビュー(当時は読者レビュー)を投稿しています。

CHUWI製品はここ数年の間に筐体品質が大きく向上し、現在では日本向けのPCと遜色ない、いや同価格帯のPCよりも高い筐体品質を備えていると言っていいでしょう。AeroBook Proに関しても、ビジネス用、あるいは学習用のモバイルノートとして十分な性能と品質を備えていると思います。

そして価格です。4万円をわずかに越えていますが、このシステム構成と1.26 kgという軽さを考慮すれば激安と言っていい水準だと思います。

Banggoodへのリンク:
 CHUWI AeroBook Pro
ウインタブ紹介記事:
 CHUWI AeroBook Pro - Core m3搭載の13.3インチモバイルノートが「さらに飛躍した性能」に!

2.BMAX S13

Bmax S13
セール価格: 189.99ドル(20,744円)
※クーポンコード: BGJPBMAXS13

OS: Windows 10
CPU: Celeron N4000
RAM: 8GB
ストレージ: 128GB
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 317 × 215 × 20.0 mm / 1.3 kg

ウインタブが注目するBMAXの中で、おそらくノートPCとしては最も低価格な製品です。CPUはCeleron N4000なので、性能は低めですが、RAMとストレージの容量は低価格帯のPCとしては十分すぎるくらいになっています。Excelでの簡単な資料作成、資料の手直しなんかであれば十分こなせると思います。

BMAX製品は筐体品質やデザインがよく、すでにメインPCを持っている人が「持ち出し用サブ機」として使うぶんにはいい製品だと思います。また、日本円で約2万円という価格は文句なしにお買い得です。日本向け製品はもちろん、中華ブランドの同等クラスのノートPCと比較しても明らかに安いですね。

Banggoodへのリンク:
 BMAX S13
ウインタブ紹介記事 
 BMAX S13 - BMAXから13.3インチのクラムシェルノートが!スペックを少し抑え、激安価格を実現しています!

スポンサーリンク

3.POCO F2 Pro

POCO F2 Pro
セール価格: 449ドル(49,022円)
※クーポンコードは不要(7月20日まで)

OS: MIUI for POCO
CPU: Snapdragon 865
RAM: 6GB
ストレージ: 128GB
ディスプレイ: 6.67インチAMOLED(2,400 × 1,080)
カメラ: イン20MP/アウト64MP+13MP+5MP+2MP
サイズ: 163.3 × 75.4 × 8.9 mm / 219 g

Xiaomiのサブブランド、POCOのスマホです。Snapdragon 865など、時のハイエンドCPUを低価格で楽しめる、というのがPOCOのセールスポイントですが、POCO F2 ProはSnapdragon 865だけでなく、有機ELディスプレイや64MPカメラなど、「全体的に見てハイエンド」なスペックになっています。発売当初は前身機のような「超激安」な価格とは言えませんでしたが、ここに来て徐々に価格が下がり、気がついたら5万円を切るセール価格になっていました。

このスペックで5万円切りなら、「激安」と言って問題ないでしょう。

Banggoodへのリンク:
 Xiaomi POCO F2 Pro
ウインタブ紹介記事:
Xiaomi POCO F2 Pro - Snapdragon 865に64MPカメラを搭載する5G対応ハイスペックスマホが発表されました

4.Oneplus 8

OnePlus 8
セール価格: 554.99ドル(60,594円)
※クーポンコード: BGJPSJ7022

OS: Oxgen OS(Android 10)
CPU: Snapdragon 865
RAM: 8GB
ストレージ: 128GB
ディスプレイ: 6.55インチAMOLED(2,400 × 1,080)
カメラ: イン16MP/アウト48MP+16MP+2MP
サイズ: 160.2 x 72.9 x 8 mm / 180 g

OPPOの「ハイブランド」と言っていいであろうOnePlusの最新モデルです。Snapdragon 865に有機ELディスプレイ、RAMとストレージ容量も十分(セール品は8GB/128GBのバージョンです)だと思います。OnePlusの製品はウインタブのライターでもファンがいますし、スマホマニアの人の中にもOnePlus製品を愛用している人は少なくありません。

ここに表示されているスペック数値以外でも、例えばスピーカー品質であるとか筐体の美しさであるとか、OnePlusらしい魅力がたくさんあります。セール価格は6万円そこそこで、さすがにPOCOのようなわけには行かないものの、十分にお買い得と言えるでしょう。

Banggoodへのリンク:
 OnePlus 8
ウインタブ紹介記事:
OnePlus 8 / OnePlus 8 Pro - 最新モデルも妥協なきハイスペック!今年のベストバイ・スマホになり得るか?

5.Teclast M16

Teclast M16
セール価格: 172.99ドル(18,888円)
※クーポンコード: BGJP784f

OS: Android 8.0
CPU: MediaTek Helio X27
RAM: 4GB
ストレージ: 128GB
ディスプレイ: 11.6インチ(1,920 × 1,200)タッチ
サイズ: 277 × 174 × 8 mm / 727 g
※キーボード付属

この最近のウインタブお気に入りのAndroidタブレットです。「Android端末をPCっぽく使いたい」ということなら、このM16でしょう。11.6インチという、Androidタブレットとしては非常に大きなサイズで、しかも純正のキーボードが付属します。Chromebookとは異なり、ブラウザーのChromeがモバイル用になってしまいますので、PCっぽく使えるアプリ、Webアプリの数には制約があると思いますが、そのかわりCPUもIntel系ではなくARM系なので、Google Playの(特に)ゲームアプリなんかはサクサク動いてくれると思います。

テキストライティングやAndroid版Officeなんかを駆使してPCっぽく仕事をしたり、大画面でゲームや動画を楽しんだりと、使いみちは多いんじゃないかと思います。またセール価格も172.99ドルと、私が記憶する限り過去最安値になっています。

Banggoodへのリンク:
 Teclast M16
ウインタブ紹介記事:
 Teclast M16 - キーボードが付属する11.6インチの大型Androidタブレット!でもホントにナローベゼルなの?

6.関連リンク

Banggood トップページ
日本限定クーポン:Banggood

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    POCO F2 Proはどんどん安くなるけどこれ本当に売ってるの?
    俺5月中旬に499ドルでbanggoodで注文したけどいまだに届かないよ。なんど問い合わせても調査中だってメール返ってきて返金してくれない。発送したものは90日こえないと無理だとか言って。
    もしこれが香港経由だったら俺が買ったのと同じだから怪しい。

    • wintab より:

      他の方のコメントもあり、先ほど「配送遅延のコメントが多いけど、事情があるなら教えてくれ。記事にするから。放置すると信用を失いかねませんよ」という趣旨のメールを送っておきました。