64MPカメラ搭載、OPPOのRealme XTに格安クーポン!BMAX Y11にも久しぶりにクーポンが発行されています!Banggoodクーポン、セール情報

BMAX Y11
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。中国の通販サイト「Banggood」のセール情報です。クリスマス(セール)も終わり、次は年末年始(セール)の時期になりますが、Banggoodでは「在庫一掃」系のセールを開催しています。
2019年末 在庫一掃:Banggood(日本語ページ)

スポンサーリンク

またBanggoodには毎回お得なクーポンをたくさん紹介してもらっていますので、この記事とは別にクーポン一覧のページを用意しています。こちらもぜひご覧ください。
【12月26日更新】Banggood セール/クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

では、ウインタブ注目のセール品をいくつかご紹介します。久しぶりにBMAX Y11がクーポン対象になっていますので、気になっていた人はお見逃しなく!

1.(OPPO)Realme XT

OPPO Realme XT
セール価格: 289.99ドル(32,525円)
※クーポンコード: BGRMXT8128

OS: Android 9.0(アップデート予定あり)
CPU: Snapdragon 712
RAM: 8GB
ストレージ: 128GB
ディスプレイ: 6.4インチAMOLED(2,340 × 1,080)
カメラ: イン16MP/アウト64MP + 8MP+ 2MP + 2MP
サイズ: 158.7 x 75.2 x 8.6 mm / 186 g

OPPOのサブブランド「Realme」のミッドハイモデルです。製品名に「OPPO」という名称は冠されていませんが、この記事ではわかりやすくするためにOPPOというのを入れています。ところで、中国の大手メーカー製品ということだと、TCL PLEXの存在が気になります。国内で正規販売され、ミッドハイクラスのスペックに48MPカメラを搭載して税込み29,800円という価格は驚異的と感じますからね。

このRealme XTは日本仕様ではありませんが、グローバルモデルなので日本語化などの問題はありません。スペックも高く、CPUのSnapdragon 712はAntutu(Ver.7)で18万点くらいのスコアが出ますので、重量級ゲームも含め、およそすべての用途で不満を感じないくらいの実力があります。RAM8GB、ストレージ128GBと、こちらも十分な容量を確保していますし、アウトカメラは64MPです。そしてディスプレイは有機ELのFHD+解像度で、指紋センサーはディスプレイ埋込式と、機能面でも最新です。CPUの型番だけ見てハイスペックだとかミッドレンジだとかを気にするのもどうかな、と思っちゃいますね。この製品はウインタブ的にはハイスペック機と言っていいと思います。あとはTCL PLEXという比較対象がありますので、どっちにするか、ですね。

Banggoodへのリンク:
 Realme XT

2.Zeblaze THOR 5 Pro

Zeblaze THOR 5 PRO
セール価格 129.99ドル(14,464円)
※クーポンコードは不要(12月30日まで、20点限定)
※Zeblaze Zepods(完全ワイヤレスイヤホン)をプレゼント

OS: Android 7.1.1
CPU: MT6739
RAM: 3GB
ストレージ: 32GB
ディスプレイ: 1.6インチLTPS(320 × 320)
カメラ: フロント5MP/サイド5MP
サイズ:  54 × 50 × 16.8 mm / 65.7 g

Android OS搭載スマートウォッチの最新モデルで、12月30日までキャンペーン価格になっている上、完全ワイヤレスイヤホンまでプレゼントされます(ただし20台限定)。この製品は顔認証にも対応し、カメラもフロント(文字盤)とサイド(腕時計で言うリューズの位置)にそれぞれ5MPのものを搭載していますので、ちょっとしたメモ代わりとか、ビデオチャットなどに使えます。

スポンサーリンク

中国市場ではAndroid OSを搭載するスマートウォッチ(言い換えれば腕時計型のスマホ)がたくさん販売されていて、必ずしも完成度が高いとは言えないのですが、その中でもこのTHOR 5 Proは設計が新しく、ディスプレイサイズも少し大きめなので操作性も「いくぶんマシ」かと思います。あえて言えば「一番リスクが小さいAndroid OS搭載スマートウォッチ」かもしれませんw

Banggoodへのリンク:
 Zeblaze THOR 5 PRO
ウインタブ紹介記事:
 Zeblaze THOR 5 PRO - 見ためは割と普通、でも随所に改善の跡が見られるAndroid OS搭載スマートウォッチ

3.BMAX Y11

BMAX Y11
セール価格 289.99ドル(32,269円)
※クーポンコード: BGJPY1120

OS: Windows 10 Home
CPU: Celeron N4100
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 11.6インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 274.5 × 187 × 13 mm / 1,023 g

ウインタブが「2019年のお気に入り」として選ばせてもらった11.6インチコンバーチブル2 in 1です。11.6インチというのはUMPCを除くとモバイルノートとしては最小サイズで、キーボードがやや小型になってしまいますが、サイズ感は本当に抜群です。この製品の場合、厚さはわずかに13 mm、そして重量も1 kgそこそこなので、持ち運びには全く苦労しません。

2019年は日本でもUMPC(Ultra Mobile PC)が大人気となりましたが、出先でじっくり文章を入力したり、Excelで表を作成したりするのであればUMPCよりも11.6インチサイズのノートPCのほうがずっと使いやすいと思います。私はこの製品とUMPCのいずれも使っていますが、どちらかというとUMPCは予備機的な位置づけにしていて、しっかり作業をするのならBMAXを使います。また個人的にはあまり活用していませんが、この製品はコンバーチブル2 in 1筐体なので、電車の中でタブレットモードにしてWebブラウジングをしたり、ニュースアプリを見たりするにも便利です。

CPUがCeleon N4100で、Core iプロセッサー搭載モデルよりも性能は劣りますが、出先でテキスト入力をしたり、Excelの資料を手直ししたり、Webで調べ物をしたりといった用途であればほとんどストレスなく使えますよ!

Banggoodへのリンク:
 BMAX Y11
ウインタブ実機レビュー:
 BMAX Y11 レビュー - 11.6インチのモバイル2 in 1、高品質な筐体で「ちょうどいいスペック」、手にとったら絶対に欲しくなると思います(実機レビュー)

4.GK66 USB-C有線(Gateronスイッチ)

GK66
セール価格: 44.99ドル(5,006円)
※クーポンコードは不要(1月2日まで)

ウインタブの好きなジャンルの一つ「コンパクトサイズのメカニカルキーボード」です。ただ、この製品はちょっとおもしろい特徴があります。「スペースキーが2つに分割されている」のと「ホットスワップ(簡単にキースイッチを交換できる)対応」です。また、バックライトもカラフルなRGBタイプ。そして肝心のスイッチはGateron製なので、メカニカルキーボードの気持ちよさもしっかり味わえると思います。軸色は青、赤、茶の3種類が選べますので、「打鍵音が大きくてもいいからメカニカルキーボードらしい気持ちよさが欲しい」人は青軸、「少し打鍵音が控えめで軽いタッチが欲しい」人は赤軸、「標準的なタッチがいい」人は茶軸を選ぶといいでしょう。

セール価格の44.99ドルというのは激安です。メカニカルキーボードに関しては中国メーカーがかなり健闘していて、日本と中国の価格差がほとんどないのですが、その状況下でGateronスイッチの製品が44.99ドルというのは見逃せません。

Banggoodへのリンク:
 GK66
ウインタブ紹介記事:
 GK66 メカニカルキーボード - 分割スペースキーを装備、キースイッチの交換も簡単にできます!

5.関連リンク

Banggood トップページ
【12月26日更新】Banggood割引クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)

スポンサーリンク