Core m搭載のコンバーチブル2 in 1やタブレットが格安!注目のXiaomi Mi Mix 3もクーポン割引あります!Banggoodクーポン、セール情報

Teclast F6 Pro 筐体
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回は中国の通販サイト「Banggood」のセール情報です。とはいえ、中国は春節休暇の真っ最中でして、新しいクーポンはいただいておりません。というかご担当者が連休に入っていますので、問い合わせもできないんですよね。しかし、このタイミングに合わせてセールがスタートしてまして、私が見る限りいつもよりもさらに安くなっているように思われます。
CHINESE NEW YEAR SALE:Banggood

スポンサーリンク

で、セールページとは別に、私のほうでも地道にお買い得品を探してみました。まだ期限内のクーポン対象品もありますし、クーポン対象ではなくて「ただ安いだけ」の製品もありますが、どれも他社価格よりも安くなっていますので、ぜひご確認下さい。また、最新クーポンこそありませんが、クーポン一覧ページを用意しておりますので、こちらも合わせてご確認をお願いいたします。
【1月31日更新】Banggood割引クーポン一覧(PC・タブレット・スマホ・周辺機器)
※一部クーポン期限切れの製品があるかもしれませんが、ご容赦下さい。

1.Windows PC & タブレット

ALLDOCUBE Cube Mix Plus

ALLDOCUBE Mix Plus
セール価格: 287.99ドル(31,901円)
※クーポンコードは不要(2月14日まで)

OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core m3-7Y30
RAM/ストレージ: 4GB/128GB SSD
ディスプレイ: 10.8インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 273 x 172 x 9.6 mm / 700 g

ウインタブのセール情報記事に登場する頻度が高いWindowsタブレットです。発売から時間が経過していますが、CPUにCore m3-7Y30を搭載し、ワコムデジタイザーもついている高性能タブレット、かつお絵かきタブレットで、同価格帯の競合製品は今でも見当たりません。そもそも10.8インチでCore m3搭載の純タブレットというのが珍しいですし、価格帯が3万円台というのは国内メーカー製品では対抗できないでしょう。

ウインタブのライター、natsukiさんもこの製品を愛用しており、他製品の実機レビューで比較対象として登場することも多いです。ALLDOCUBE Mix Plusは他の通販サイトでも販売されていますが、2月4日現在だとBanggoodがダントツで安くなっています。セール期間が限られていますので、興味のある人はお早めに…。

Banggood製品ページ:ALLDOCUBE Cube Mix Plus
実機レビュー:Cube Mix Plus ― イラスト作成用に、バランスの良さが光るワンランク上のタブレット(実機レビュー:natsuki)

Teclast F6 Pro

Teclast F6 Pro
クーポン価格: 439.99ドル(48,739円)
※クーポンコードは不要(2月12日まで)

OS: Windows 10
CPU: Intel Core m3-7Y30
RAM/ストレージ: 8GB/128GB
ディスプレイ: 13.3インチ(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 315 x 208 x 16 mm / 1.3 kg

この製品はヒンジが360度回転する「コンバーチブル2 in 1」です。中華製品としてはスペックが高く、CPUはCore m3-7Y30、RAMは8GB、ストレージは128GBと、ビジネスシーンでも十分使える性能になっています。もちろんコンバーチブル2 in 1なのでディスプレイにタッチパネルが採用されています。この製品の439.99ドルという価格は過去最安値ではないものの、「2月4日現在の最安値」と言っていいくらいには安いですね。Core m搭載の13.3インチコンバーチブル2 in 1が5万円を切っている、というあたり、とっても「中華らしい」と思います。Teclast製品は筐体の質感も高く、ウインタブの過去のレビュー経験上、システム挙動も安定していますよ。

Banggood製品ページ:Teclast F6 Pro
紹介記事:Teclast F6 Pro - 13.3インチキーボード非分離型 2 in 1、ちょっとお高めだけど、スペックが素晴らしい!

スポンサーリンク

2.Androidタブレット

VOYO i8

VOYO i8(2018)
セール価格: 156.99ドル(17,390円)
限定クーポンコード: 38a061

OS: Android 8.0
CPU: MediaTek Helio X27
RAM/ストレージ: 4GB/64GB
ディスプレイ: 9.7インチ(2,048 × 1,536)
サイズ: 238 × 167 × 8.5 mm / 485 g

このクーポンはウインタブ限定です。前回のセール情報記事に掲載したのですが、2月4日現在もクーポンは有効です。2018年は中華のAndroidタブレットに続々と高性能CPU(具体的にはHelio X20)が搭載されるようになり、「ハイエンド」とは言えないものの、高精細なディスプレイや余裕のあるRAM/ストレージ容量も備えられており、日本でも人気となりました。

このVOYO i8は他のAndroidタブレットとはちょっと違ってまして、iPadと同じディスプレイサイズ(9.7インチでアスペクト比4:3)になっています。もちろんスペックも高く、CPUにHelio X27を搭載し、RAM、ストレージ量とも十分な余裕があります。さらにLTE対応もします。このスペックで1万円台後半というのはお買い得だと言えるでしょう。

Banggood製品ページ:VOYO i8
ウインタブ紹介記事:VOYO i8(2018)- Helio X27を搭載するiPadタイプの高性能Android タブレット

3.Androidスマホ

Xiaomi Mi MIX 3

Xiaomi Mi Mix 3
セール価格: 517.99ドル(57,379円)
※クーポンコード: 2BGMix3

OS: MIUI
CPU: Qualcomm Snapdragon 845
RAM/ストレージ: 6GB/128GB
ディスプレイ: 6.39インチ(2,340 × 1,080)
カメラ: イン24.0MP+2.0MP/アウト12MP+12MP
サイズ: 157.89 x 74.69 x 8.46 mm / 218 g

Xiaomiの「Mix」といえば独特のベゼルレス筐体を備えたハイエンドマシンですが、Mix 3となり、カメラがスライド式になりました。この形状、ハイエンドスマホで流行しそうですね。ハイエンドクラスのスマホなので、CPUなどのスペックが非常に高く、用途を選ばず快適に使えると思います。もちろん「グローバルROM」です(Xiaomi製品はグローバルROMでないとうまく日本語化出来ません)。

このクラス、しかも大手メーカーのXiaomi製品ですから、クーポンでかなり安くなっているとはいえ、やはり6万円近くの価格にはなってしまいます。しかし、他の通販サイトと比較しても517.99ドルというのは安いと思いますので、購入を検討する価値は大きいと思います。

Banggood製品ページ:Xiaomi Mi MIX 3

UMIDIGI A3 Pro

UMIDIGI A3 Pro
セール価格(3GB/16GB): 89.99ドル(9,968円)
セール価格(3GB/32GB): 99.99ドル(11,076円)
※クーポンコードは不要(2月8日まで)

OS: Android 8.1
CPU: MediaTek MT6739
RAM/ストレージ: 3GB/16GB or 3GB/32GB
ディスプレイ: 5.7インチ(1,440 × 720)
カメラ: イン8MP/アウト12MP+5MP
サイズ: 147.2 × 70.2 × 8.5 mm / 187 g

ラストはウインタブ好みの低価格スマホです。1万円を切る価格で購入できますが、その割にスペックは悪くありません。ストレージが16GBのものと32GBのものがあり、もちろんより安いのは16GBのほうですが、個人的には10ドルだけ余計に払っても32GBのほうをおすすめしたいです。

CPUのMT6739というのは、2019年の現在、エントリースペックということになりますが、ゲームをやらないのであれば十分すぎるくらいにサクサク動きます。もちろんゲームでもパズル系とかのライトなものであれば問題ありません。でもPUBGとか鉄拳とかAsphalt 9とかをプレイするのは難しいです。

ガジェット好きな人の2台目、3台目として、また、ライトユーザー(あまりスマホをいじらない人)のメインスマホとして、非常にコスパの高い製品だと思います。

Banggood製品ページ:UMIDIGI A3 Pro
ウインタブ紹介記事:UMIDIGI A3 Pro - ノッチディスプレイにRAM3GB、ストレージ32GBで激安価格!ゲームやらないんならこれで十分なのでは?

4.関連リンク

Banggood トップページ

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    Cube Mix Plusは本体のセールはともかく対応キーボードが枯渇してるんだよね。増産して欲しいわー

    • wintab より:

      こんにちは。ああ、そうなんですね。確かに現在販売中のものは在庫処分的な性格が強いので、周辺機器の増産は難しいのかもしれないですね。