セール情報 - Banggoodのクーポン、Xiaomiスマホが安い!限定クーポンはちょっと個人的な趣味に走ってしまいましたw

公開日: : セール情報

Xiaomi Mi A2 Lite
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回は12周年セールが終了して間もない中国の通販サイト「Banggood」のセール情報です。例によってスマホの割引クーポンをいただいております。また、ウインタブ限定クーポンはいつもと趣向を変え、私の趣味に走ってしまいました。はっきり言ってマニア向けっぽい製品なのですが、どうかお目こぼしを…。

スポンサーリンク

1.ウインタブ限定クーポン

Obins Anne Pro 2

Anne Pro 2
限定クーポン価格: 67.99ドル(7,746円)
※クーポンコード: 5c201c

Banggood製品ページ: [Gateron Switch]Obins Anne Pro 2

Akko Maxkey TADA68 PRO

Akko Maxkey TADA68 PRO
限定クーポン価格: 78.88ドル(8,986円)
※クーポンコード: 9238e8

Banggood製品ページ: Akko Maxkey TADA68 PRO

すみません、今回の限定クーポンはいずれも「60%サイズのメカニカルキーボード」です。限定クーポンを選んだ私から見ても「マニア向け」の香りが漂いますね…。通常のキーボードの60%しかない、ごくコンパクトなキーボードですが、構造はしっかりメカニカル。Anne ProのほうはGateronスイッチ、Akko MaxkeyのほうはCherry MXスイッチなので、Akko Maxkeyのほうが知名度の高いキースイッチを採用していて、その分少し高価である、ということができます。Anne Proのほうは「青、茶、赤」の軸色、Akko Maxkeyのほうは「茶、シルバー(赤軸に近いものですが、アクチュエーションポイントが浅く、高速なタイピングができます)」の軸色となります。

どちらもUSB有線とBluetoothに対応し、デザインも素晴らしいです。ちなみに私はAnne Proの前身モデルを購入しています。ただし、さすがにキーの数は足りません。なので、設定アプリ(どちらの製品にも用意されています)をうまく使って、不足しているキーを代替してやるような工夫が必要です。正直なところ、パソコン初心者にはおすすめしません、というかパソコン初心者の人は買わないほうがいいです。あ、そうそう、そんなに安いとは感じられないと思いますが、これでもかなり頑張ってもらったと思いますし、他の通販サイトでは取り扱いがないか、あってもこの価格よりは高いです。個人的にはAkko Maxkeyの配色がたまらなくカッコいい!と思っています。

JP136 Ultra Thin 2.4GHz Wireless Keyboard

JP136 キーボード
価格: 16.99ドル(1,936円)

この製品はクーポンを申請したのですが、「ちょっと無理」と言われてしまいました。なので、限定クーポン対象品ではないです。しかし、それでもかなりの低価格だし、面白そうなので掲載します。タッチパッドのついたモバイルキーボードです。USB無線接続で、タブレットやスマホ(USB子機がフルサイズUSBなので、変換アダプタが必要になります)用にピッタリかと思います。また、価格帯から見て、「中国通販のお試し」という感じで購入されるのもアリ、と思いますよ。なお、製品名に「JP」とついていますが、全然日本語配列ではなく、英語配列です。

Banggood製品ページ:JP136 Ultra Thin 2.4GHz Wireless Keyboard with Touch Pad

2.Xiaomiスマホ

Redmi 6

Xiaomi Redmi 6
MIUI/Helio P22/5.45インチ縦長(1440×720)

スポンサーリンク

3GB/32GB: 121.79ドル(13,875円)
※クーポンコード: 9BGR632CL
4GB/64GB: 139.19ドル(15,857円)
※クーポンコード: 9BGR6G64CL

Xiaomiのエントリークラスのスマホです。しかしスペックのほうは悪くはないですね。CPUはニューモデルとなるHelio P22ですし、5.45インチと若干小ぶりな縦長ディスプレイを備えます。もちろんこの製品は「グローバルROM」を搭載していますので日本語化にも問題はありません。個人的にはゲームをしないのであればこのスペックでも十分に使えると思いますし、子供さん向けと考えても悪くない選択だと思います。

Banggood製品ページ:
 Xiaomi Redmi 6(3GB/32GB)
 Xiaomi Redmi 6(4GB/64GB)

他にもあります

Redmi 6A(2GB/32GB):105.59ドル(12,029円)
 MIUI/Helio A22/5.45インチ縦長(1440×720)
 ※クーポンコード: 9BGR632RU

Mi A2(4GB/64GB): 219.99ドル(25,062円)
 Android One/Snapdragon 660/5.99インチ縦長(2160×1080)
 ※クーポンコード: 9BGA264ES

Mi A2 Lite(4GB/64GB): 179.99ドル(20,505円)
Android One/Snapdragon 625/5.84インチ・ノッチ(2280×1080)

Redmi 6AはRedmi 6のさらに下位に位置する「ローエンド」な製品ですが、「Xiaomiのハイエンドはレビューしたことがないが、ローエンドならレビューしている」ウインタブとしては、ローエンドにこそXiaomiらしさがある、と真剣に思ってまして、出来は非常にいいはずです。スペックは低いものの、スペック表から予想される性能は確実に発揮してくれますし、むしろ上振れします(特にカメラ)。なので、個人的にはひそかにおすすめなんですよね。

Mi A2とMi A2 LiteはともにAndroid Oneを採用した製品で、くせのない操作性と最低1回のOSメジャーアップグレード、そして月に1回のセキュリティアップデートが保証されます。Snapdragon 660を搭載するMi A2はミッドハイクラスの性能を持ち、Snapdragon 625を搭載するMi A2 Liteもミドルスペッククラスの性能になっているほか、Mi A2 Liteのみ流行のノッチ(切り欠き)ディスプレイを採用しています。個人的にはMi A2 LiteのRAM4GB/ストレージ64GBが179.99ドルというのはかなりのお買い得価格だと思います。

なお、これらの製品もすべて日本語化には問題がありません。

3.クーポン対象外ながら、安い!

Banggoodは12周年セールが終わったばかりですが、別なセールもやっています。

Tech Special Event:Banggood

このセールページには様々なセール品が掲載されていますが、ウインタブとしてはこれだけはアピールしておきたい、という製品があります。

Ulefone Armor 5
これです。Ulefone Armor 5。セール価格は189.99ドル(21,645円)で、これって十分安値なんですが、Banggoodでは発売以来この価格になっているので、特に最近値下げされたというわけではありません。ただし、もうすぐ元値(249.99ドル)に戻ってしまう可能性はあります。

この製品はライターのかのあゆさんが実機レビューしています。
Ulefone Armor 5 レビュー - ノッチディスプレイを採用したIP68タフネススマホ、堅牢さと美しさを両立、中身も「本物」(実機レビュー:かのあゆ)

かのあゆさんは引き続きこの製品を使っていく予定になっています。ご存知の通り彼はガジェット愛が人一倍強く、めったなことでは端末の悪口を言いません。しかし、彼とやりとりしていると、Ulefone Armor 5のことが「尋常でないくらいに気に入っている」んですよね。彼はこれまでに何台もの中華スマホをレビューしてきていますが、この製品を最大級に高評価しています。

もちろんスマホの好みは人それぞれなので、かのあゆさんが気に入っているからといって、読者が全員気に入るとは考えられません。中には正反対の評価をする人だっているでしょう。ただね、私もこの製品に短時間だけ触れましたけど、確かに「めちゃめちゃカッコいい」です。そして、デザインと機能を考えると189.99ドルというのは激安としか言いようがありません。そんなこんなで、いま一度この記事で取り上げます。

Banggood製品ページ:Ulefone Armor 5 IP68 Waterproof NFC Wireless Charge 5.85 inch 4GB 64GB MT6763 Octa core Smartphone

4.関連リンク

Banggood トップページ

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑