タブレットとしても使える「モバイル・ゲーミング2 in 1」ROG Flow Z13が6万円OFF!有機ELディスプレイ搭載のExpertBook B5は8万円台!ASUS Store セール情報

ASUS Store Winter Sale
ASUS StoreでWINTER SALEを開催中です(1月31日まで)。このセールではゲーミングノートやモバイルノート、Chromebook、そしてZenfone 9やROG Phone 6など、ASUSが扱うほぼすべてのジャンルが対象になっています。また、「店長一押しセール」というのも同時開催されていまして、こちらも1月31日までとなっていますので、一緒にご確認ください。

スポンサーリンク

なお、店長一押しセールについては、ウインタブですでに記事を掲載済みです。
有機ELディスプレイ搭載のモバイルノート、Zenbook 14 OLEDがセール価格に!これは狙い目!ASUSセール情報

セールページはこちらです。
WINTER SALEicon:ASUS Store
店長一押しセールicon:ASUS Store

では、WINTER SALEの対象品から、いくつかピックアップしてご紹介します。

1.ROG Flow Z13 GZ301

ASUS ROG Flow Z13
セール価格:
・Core i7/RTX3050:税込み209,800円
・Core i9/RTX3050Ti:税込み239,800円

※通常価格から60,000円OFF
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペック例・239,800円モデル
OS:Windows 11 Home
CPU:Core i9-12900H
GPU:GeForce RTX 3050Ti Laptop
RAM:16GB
ストレージ:1TB SSD
ディスプレイ:13.4インチ(3,840×2,400)タッチ、60Hz
サイズ:
 本体:302 mm × 204 × 14.5 mm / 1.18 kg
 キーボード:302.8 × 220.72 ×5.6mm / 340 g

デタッチャブル2 in 1タイプの「ゲーミングノート」です。構造はMicrosoft Surfaceシリーズに似ていますが、中身は全然違っていて、本当にオンラインゲームを楽しめるスペックになっています。

WINTER SALEではスペック表を掲載した239,800円のモデルと、「Core i7-12700H/GeForce RTX 3050 Laptop/RAM16GB/512GB SSD/1,920×1,200・120Hzディスプレイ」の209,800円のモデルが対象になっています。両者の価格差は3万円と大きめですが、CPUとGPUの型番、ディスプレイ解像度、ストレージ容量が異なりますので、どちらがより割安か、ということは言えません。個人的には「リフレッシュレート60Hzでも良ければ上位モデル」がいいと思います。

この製品はCESで2023年モデルが発表されています。おそらく春には日本でも発売されると思うので、そう遠くないうちに「旧モデル」になると思います。しかし、ニューモデルは価格も結構上がってしまうように思われますし、この製品についても「6万円OFFでこの値段」なんですよね…。

旅行先、出張先でもガチでゲームができる性能と、ビジネスシーンでも使えるモバイル2 in 1としての機動性も兼ね備えた、他社には見られないモバイル・ゲーミング2 in 1、価格が下がったタイミングで購入するのは「大いにアリ」です。

ASUS Store製品ページ:
ROG Flow Z13 GZ301ZC(Core i7)icon
ROG Flow Z13 GZ301ZE(Core i9)icon

ウインタブ関連記事:
ASUS ROG Flow Z13 - 13.4インチ、デタッチャブル2 in 1タイプのゲーミングPC、日本発売です!
ASUS ROG Flow Z13 (dGPUなしモデル)を事務用機としてレビューします(読者投稿:渋谷Hさん)

2.Chromebook Vibe CX55 Flip

ASUS Chromebook Vibe CX55 Flip
セール価格:税込み79,800円
※通常価格から10,000円OFF
※クーポンコードは製品ページに記載されています

スポンサーリンク

●スペック
OS:Chrome OS
CPU:Core i3-1115G4
RAM:8GB
ストレージ:128GB SSD
ディスプレイ:15.6インチ(1,920×1,080)タッチ、144Hz
サイズ:357.6 × 244.16 × 18.5 mm / 1.95 kg

15.6インチと大型サイズのChromebook 2 in 1です。Chrome OS搭載機としてシステムスペックは高く、特にディスプレイはリフレッシュレート144 Hzだったりします。もちろん「普通のChromebook」として非常に快適に使えますが、この製品が狙っているのは「クラウドゲーミング」です(GeForce NowなどのクラウドゲーミングはChrome OS上でも使えます)。

ASUS Chromebook Vibe CX55 Flip
キーボードもご覧の通り、W,A,S,Dキーのみカラーリングが異なります(この画像では英語配列になっていますが、日本仕様は日本語配列です)。また、コンバーチブル2 in 1筐体なので、タブレットモードにしてGoogle Playのゲームアプリで遊んだり、テントモードやスタンドモードにしてゲームコントローラーでプレイしたりといったことも可能です。

セール価格のほう、ウインタブがいつもご紹介しているエントリークラスのChromebookよりは高価ですが、システムスペックや筐体のデザイン(雰囲気)を考慮すればお買い得感は大きいと思います。

ASUS Store製品ページ:
Chromebook Vibe CX55 Flipicon

ウインタブ関連記事:
ASUS Chromebook Vibe CX55 Flip - GoogleおすすめのゲーミングChromebook、ASUSがトップを切って日本で発表!Chromebookでクラウドゲーミングを楽しもう!

3.ExpertBook B5 B5302FEA

ASUS ExpertBook B5 Flip OLED
セール価格:税込み84,800円から
※通常価格から15,000円OFF
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペック例・84,800円モデル
OS:Windows 11 Home
CPU:Core i3-1115G4
RAM:8GB
ストレージ:256GB SSD
ディスプレイ:13.3インチOLED(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ:309 × 210.6 × 16.9 mm / 1.3 kg

13.3インチのモバイル・コンバーチブル2 in 1です。WINTER SALEではスペック表を掲載した84,800円のモデルと、84,800円のモデルにOffice Home and Business 2021が付属する104,800円のモデルがセール対象になっています。

ExpertBookというのはASUSのビジネスノートに使われる製品ブランドで、薄型・軽量ながらMIL規格(MIL-STD-810H)準拠の堅牢性を備えています。セール品「ExpertBook B5 B5302FEA」はCPUが第11世代にとどまり、RAMも8GBと小さめですが、このスペックでも特殊な業務用のソフトウェアの利用を想定しないビジネスマンや学生さんであれば十分な性能かと思います。

この製品、13.3インチで重さ1.3 kgのコンバーチブル2 in 1筐体と、モバイル利用に向くサイズ感ながら、ディスプレイは有機ELでタッチ対応します。そのため、ビジネスや学習といった場面だけでなく、Webブラウジングや動画視聴などのプライベート利用(エンターテイメント利用)でも美しい画面が楽しめます。

ハイスペックなPCをお使いの人のサブ機として、また初めてWindows PCを購入する学生さんやフレッシャーズにおすすめしたい製品です。

ASUS Store製品ページ:
ExpertBook B5(Core i3/WPS Office2)icon
ExpertBook B5(Core i3/Microsoft Office)icon

4.関連リンク

WINTER SALEicon:ASUS Store
店長一押しセールicon:ASUS Store

スポンサーリンク