「モバイル・ゲーミングノート」のROG Flow X13が20%以上の大幅割引に!有機ELディスプレイのVivobookも特価!ASUS Storeセール情報

ASUS Store 梅雨の巣ごもりSALE
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。私は本州に30年近く住んでいますが、生まれも育ちも北海道なので、「梅雨のおおよその時期」というのがいまだにピンときません(北海道には梅雨がないとされ、私自身も子供の頃に梅雨というものを実感したことがありません)。

スポンサーリンク

ASUS Storeで「梅雨の巣ごもりSALE」というのを開催していまして、セール期間が「5月20日から30日まで」です。「梅雨と言うにはちょっと時期が早くないか?」と思ったのですが、Wikipediaによれば「5月から7月」ということなので、別におかしくはないみたいですね。ちなみに2022年は沖縄(5月4日ごろ)、奄美(5月11日ごろ)に梅雨入りしたようです(出所:気象庁)。

前置きが無駄に長くなりましたが、ASUSのセール情報です。最新モデルも含め、ゲーミングPCやゲーミングスマホ(ROG Phone 5s)がセール対象になっています。

ASUS Storeのセールページはこちらです。
梅雨の巣ごもりSALEicon:ASUS Store

また、セール品は全て送料無料となるほか、抽選でワイヤレスイヤホンの「ROG CETRA TRUE WIRELESS」がプレゼントされます。

では、セール品を一部ピックアップしてご紹介します。

1.ROG Flow X13

ASUS ROG Flow X13 GV301
セール価格:税込み149,800円(21.1%OFF)

●スペック
OS:Windows 11 Home
CPU:Ryzen 7 6800HS
RAM:16GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:13.4インチ(1,920×1,200)120Hz
サイズ:299 × 222 × 15.8~16.95 mm / 1.35 kg

個人的にいま最も注目している「モバイル・ゲーミングノート」です。タブレットとしても使えるコンバーチブル2 in 1筐体、13.4インチサイズで重さ1.35 kgと、とてもゲーミングノートとは思えないサイズ感ながら、CPUにRyzen 6000番台を搭載し、ディスプレイのリフレッシュレートも120Hzになっています。

ROG Flow X13には外部GPUのGeForce RTXを搭載するモデルもありますが、今回のセール品は外部GPU非搭載のモデルです。もちろんGeForce搭載モデルのほうがパフォーマンスは高いのですが、GeForce非搭載モデルでもオンラインゲームはプレイできます(最新のAAAタイトルなどは厳しいと思いますし、ゲームタイトルによってはグラフィック設定を落としてやる必要もあります)。

必ずしもゲーミングノートとしてではなく、「超高性能なモバイルノート」と考えてもいいでしょうね。発売から日の浅いこの製品が20%を越える割引率になっているのは大チャンスだと思います。

ASUS Store製品ページ:
ROG Flow X13 GV301RAicon

ウインタブ関連記事:
ASUS ROG Flow X13 (2022) GV301 - Ryzen 6000番台とGeForce RTX搭載の「モバイル・ゲーミングノート」

2.Vivobook Pro 15 OLED K3500PC

ASUS Vivobook Pro 15 OLED K3500PC
セール価格:税込み129,800円(13.4%OFF)

●スペック
OS:Windows 11 Home
CPU:Core i7-11370H
GPU:GeForce RTX3050
RAM:16GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:15.6インチOLED(1,920×1,080)
サイズ:359.8 × 235.3 × 20.4 mm / 1.65 kg

スポンサーリンク

ASUSは昨年後半からディスプレイに有機ELパネルを採用したノートPCを精力的にリリースしています。ウインタブでもそれらの新製品を何機種かレビューさせていただいています。さすがに有機EL搭載モデルを全機種チェックしたわけではありませんが、ウインタブが確認した限り、有機ELの発色性能は「抜群」でした。とにかくめちゃめちゃキレイです。

それに加えてこのセール品はCPUが第11世代(Tiger Lake)の高性能型番ですし、外部GPUのGeForce RTX3050を搭載していますので、オンラインゲームや動画編集、高度な画像加工などのクリエイティブワークもこなせます(ただし、ディスプレイのリフレッシュレートが高くないので、ゲーム専用機としては今ひとつかもしれません)。

セール価格のほう、GeForce RTX3050搭載機として市場で最安値、というわけではありませんが、有機ELディスプレイ搭載ということを考慮すれば割安感は大きいです。仕事もゲームもクリエイティブワークもこなせる、「最高のスタンダードノート」の一つだと思います。

ASUS Store製品ページ
Vivobook Pro 15 OLED K3500PCicon

ウインタブ関連記事:
ASUS Vivobook Pro 15 OLED M3500QAの実機レビュー - 有機ELディスプレイの発色は感動もの!Ryzen 9も選べる高性能スタンダードノート
※セール品とはCPU/GPU構成が異なります

3.TUF Gaming F15/A15

ASUS TUF Gaming F15
セール価格:
 Core i5 10300H:税込み79,800円(30.5%OFF)
 Ryzen 5 4600H:税込み84,800円(26.1%OFF)

●スペック
OS:Windows 11 Home
CPU:Core i5-10300H/Ryzen 5 4600H
GPU:GeForce GTX 1650
RAM:8GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:15.6インチ(1,920×1,080)144Hz
サイズ:359.8 × 256 × 22.8-24.9 mm / 2.3 kg

低価格ながらタフな筐体がセールスポイントのTUF Gaming。今回のセールではIntel Core i5を搭載する「F15」とAMD Ryzen 5を搭載する「A15」が対象になっています。ともにCPUの型番がいささか古い(2世代前)ですが、外部GPUにGeForce GTX1650を搭載していますので、必要に応じてグラフィック品質を調整する前提であればほとんどのオンラインゲームはプレイできると思います。

RAMが8GBというのはゲーミングPCとしてはミニマムな容量で、「とりあえずは大丈夫」だと思いますが、後日DIYでRAMを増設してやる必要が出てくるかもしれません。この製品のRAM増設についてはYouTubeやブログなどでたくさんの事例が紹介されていますので、おそらく比較的簡単に増設作業ができると思います(ただし、ASUS製品はRAM増設はメーカーサポート外です)。

この製品はゲーミングノートとしては非常に低価格です。79,800円というのは外部GPU搭載PCではめったに見かけないくらいの価格ですね。ゲーミングノートとして確かにエントリークラスではありますが、「まずは低予算でオンラインゲームができる環境を作りたい」「スタンダードノートとして仕事に使い、たまにはゲームもしたい」というニーズにはピッタリかと思います。TUF Gamingシリーズは過去にウインタブで何度か実機レビューをしていますが、頑丈で使いやすい筐体品質になっていますので、ゲームだけでなく、幅広い用途におすすめです。

ASUS Store製品ページ:
TUF Gaming F15 FX506LH(Core i5)icon
TUF Gaming A15 FA506IHR(Ryzen 5)icon

ウインタブ紹介記事・実機レビュー:
ASUS TUF Gaming F15 - 頑丈な筐体でお手頃価格のゲーミングノート。Intel CPUも選べます
ASUS TUF Gaming A15の実機レビュー - 第3世代Ryzen Mobile搭載し、ミリタリーグレードの耐久性を誇るゲーミングノート
※セール品のマイナーチェンジ前のモデルです

4.関連リンク

梅雨の巣ごもりSALEicon:ASUS Store

スポンサーリンク