軽量コンパクトなゲーミングノート、ROG Flow X13がセール対象に!ASUS Store店長の気まぐれタイムセール

ASUS TUF Gaming F15
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。ASUS Storeの「店長の気まぐれタイムセール」が開催中です。このセールは(毎週必ず開催されるわけではないのですが)金曜日の17:00から翌週月曜日の17:00までの72時間のみ開催されます。

スポンサーリンク

セールページはこちらです。
店長の気まぐれタイムセールicon:ASUS Store

発売からそんなに期間が経過していない現行モデルがたくさんセール対象になっていますので、PC購入を考えている人は要チェックです。

ではウインタブおすすめのセール品を一部ピックアップしてご紹介します。

1.ROG Flow X13

ASUS ROG Flow X13 GV301
セール価格
 X13本体:209,800円(4.5%OFF)
 XG Mobile:116,820円(22%OFF)

 ※税込み価格

●セール品(ROG Flow X13)のスペック
OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 9 5900HS
GPU:GeForce RTX3050Ti Laptop
RAM:16GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:13.4インチ(1,920×1,200)120Hz
サイズ:299 × 222 × 15.8 mm/1.35 kg

●セール品(XG Mobile)のスペック
GPU:NVIDIA GeForce RTX3070
インターフェース:
 USB 3.2 Gen1 Type-A×4、DisplayPort、HDMI
 SDカードリーダー、LAN(RJ45)
サイズ:208 × 155 × 29.6 mm

現在市販されているゲーミングノートの中でも最小・最軽量クラスの製品です(他には13.3インチのRazer Blade Stealthなどがあります)。一応「PC本体(ROG Flow X13)」と「専用のGPU BOX(XG Mobile)」のセットなのですが、それぞれ単品販売されていますし、PC本体だけでも十分ゲームプレイが可能です。

ROG Flow X13にはいくつかのバリエーションモデルがありますが「気まぐれタイムセール」に出ているのは「Ryzen 9/RTX3050Ti」という構成の上位モデル。また、GPU BOXのXG MobileはRTX3070を内蔵するモデルです(RTX3080を搭載する上位モデルもありますが、セール対象になっていません)。PC単体でも中位クラスのゲーミングノートと言えますが、GPU BOXを接続すれば一気にグラフィック性能がアップします。

「出先では高性能なモバイルノート、自宅ではGPU BOXを繋いでよりパワフルなゲーミングノート」という感じの使い方になると思いますが、Ryzen 9とRTX3050Tiを搭載しつつ本体重量を1.35 kgに抑えているのがすごいですよね!

セール価格のほう、ROG Flow X13は1万円OFFですが、XG Mobileは約33,000円OFFとお買い得です。この製品の場合、割と高い確率でXG Mobleも同時購入されるような気がしますので、その意味では結構大きな割引と言えるでしょう。

ASUS Store製品ページ:
店長の気まぐれタイムセールicon
ROG Flow X13 GV301QEicon
ROG XG Mobile GC31icon

ウインタブ実機レビュー:
ASUS ROG FLOW X13の実機レビュー(その1) - 13.4インチのコンパクトなサイズと軽さに衝撃!まずは本体のみでレビューします

2.Zen AiO 24 A5401W

Zen AiO 24
セール価格:74,800円から(最大25.1%OFF)
※税込み価格

●セール品のスペック例・74,800円モデル
OS:Windows 10 Home
CPU:Core i3-10100T
RAM:8GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:23.8インチ(1,920 × 1,080)
サイズ:541 × 202 × 453 mm / 7 kg
※WPS Office付属

この製品は「オールインワンPC」で、非常にざっくり言うと、モニターの内部にPC本体が収められているデスクトップPCです。なので見た目は「厚みのあるPCモニター」という感じですね。Webカメラやスピーカーも内蔵され、もちろんワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスも付属しますので、「届いてすぐにテレワーク」ができます。

スポンサーリンク

Zen AiO 24_2
後ろから見るとこんな感じ。スタンド部分もおしゃれな形状になっていて、とても美しいデザインです。

あと、この製品は豊富な入出力ポート構成になっていますが、HDMIポートが2つあり、うち1つは「入力用」です。つまり、他のPCの外部モニターとしても使えます。

ウインタブでも実機レビューをしていますが、筐体デザイン、パフォーマンス、使い勝手とも素晴らしいものでした。いくつかのバリエーションモデルがあり、CPUを「Core i3/Core i7/Ryzen 7」から選べますが、ここでは最も安価なCore i3モデルのスペック表を掲載しています。オフィス系のテレワークならCore i3モデルでも十分かな、と思いました。

気まぐれタイムセールにはこのモデルのほか、「Core i7/RAM16GB/512GB SSD+1TB HDD」という構成のモデルも出ていました(WPS Office付属モデルが税込み119,800円、Microsoft Office H&B付属モデルが139,800円)ので、予算とニーズに合わせてお好みのモデルを選ばれるといいと思います。

ASUS Store製品ページ:
店長の気まぐれタイムセールicon
I310100EC(Core i3/WPS Office)icon
i710700EC(Core i7/WPS Office)icon
i710700ECO(Core i7/Microsoft Office)icon

ウインタブ実機レビュー:
ASUS Zen AiO 24 A5401W

3.TUF Gaming F15

ASUS TUF Gaming F15
セール価格:
 Core i5-11400H:129,800円(13.4%OFF)
 Core i7-11800H:149,800円(21.1%OFF)

 ※税込み価格

●セール品のスペック
OS:Windows 10 Home
CPU:Core i5-11400H/Core i7-11800H
GPU:GeForce RTX3060
RAM:16GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:15.6インチ(1,920×1,080)144Hz
サイズ:359.8 × 256 × 22.8-27 mm / 2.3 kg

リーズナブルな価格でタフな筐体がセールスポイントのTUF Gaming。今週の気まぐれタイムセールにも複数のモデルが出ています。この記事ではIntel CPUを搭載する15.6インチ「F15」をご紹介します。F15はセールで2モデルを選べ、相違点はCPUの型番のみです。GPUはGeForce RTX3060、RAMは16GB、ストレージは512GB SSD、そしてディスプレイのリフレッシュレートは144Hzと、中位クラスのゲーミングノートとして申し分のないスペックです。

Core i5とCore i7のどっちがいいのか?というのはある意味永遠の課題でしょうねw 個人的にはGPUが同じなのであれば、Core i5モデルで十分なのでは?とは思います。この製品のCore i5/Core i7はこの5月にリリースされたばかりの新しい型番ですし、Core i5といえども非常にパフォーマンスが高いので、「それなら2万円安いほうがいいや」などと思ってしまいますね。

ともあれ、Core i5モデル、Core i7モデルともGeForce RTX3060搭載機としては価格がかなり低めと言えますし、多少乱暴に扱っても平気なタフネス筐体になっていますので、ゲーミングノートとしてだけでなく「めっちゃ高性能なスタンダードノート」という位置づけで購入するのもありかと思います。

ASUS Store製品ページ:
店長の気まぐれタイムセールicon
ASUS TUF Gaming F15(Core i7)icon
ASUS TUF Gaming F15(Core i5)icon

ウインタブ紹介記事:
ASUS TUF Gaming F15 - 頑丈な筐体でお手頃価格のゲーミングノート。Intel CPUも選べます

4.関連リンク

店長の気まぐれタイムセールicon:ASUS Store

スポンサーリンク