2画面モバイルノートのZenBook 14が激安価格に!ChromebookやASUSPROのモバイルノートも割引対象です!ASUSクーポン、セール情報

C434トップ
こんにちは。ひつじです。ASUS、やりますね…。あのPCがこの価格とは!という感想しか出ません。CPUはそれこそちょっと前、ですが全然問題ないし、ストレージに至っては十二分だし。はい。ASUSが色々キャンペーンをしているんですが、これは要注目!というものがありました。その内容も含めて紹介をさせてください。

スポンサーリンク

1.ZenBook14 春のスペシャルセール

ASUS ZenBook 14 UX434FL
セール価格: 89,800円(税込み98,780円)
※クーポンコードはセールページに記載されています
※3/31注文受付分までが対象

OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i5-8265U
GPU: NVIDIA Geforce MX250
RAM: 8GB
ストレージ: 512GB NVMe SSD
ディスプレイ: 14インチ 1,920×1,080
ScreenPad2.0: 5.65インチ 2,160×1,080
サイズ: 319mm×199mm×16.9mm 1.3kg

個人的に大注目のセールです。119,819円(税抜)と、およそ12万円近いZenBook 14(UX434FL-A6002T)がなんと10万円を下回る価格で販売されています。この機種なんですがゆないとさんが大絶賛し購入を検討、私が同シリーズの15インチモデルを「昨年度一押し」の端末として紹介、そしてウインタブさんは検証機としてこの機種を導入し、定価ベースで「激安だ」と結論付けた、と書けばこの端末がいかにウインタブ内で高評価だったか伝わるかと思います。

スペック上での弱点に見えてしまうのは、第10世代のニューモデル(UX434FLC)がリリースされて旧モデル扱いとなり、CPUも第8世代にとどまっている点です。実際のところ第10世代と第8世代における差異はどちらかというと内蔵GPUの性能なんです。しかしこの端末はMX250を搭載しているので、実質的に最新モデルと遜色のない性能だと思います。ガッツリとゲームをしたい方には不向きであるのは事実ながら、サブとして画質を落としゲームをする位であれば苦じゃないでしょう。

また、サイズ感も非常に優秀です。ベゼルが細いこともあり14インチとしてはかなり小型。その上1.3kgと、持ち運びも苦じゃない内容になっています。個人的には15インチモデルでの所感ながら剛性が非常に高かった点も高評価していたりします。華奢じゃないんですよね。安心感があって良いんです。

これは激安を通り越している値付けです。ちょっと…。いや、かなり他社がかわいそうですよ!ASUSさん!夏のボーナス払いで買おうか悩む…。ううむ…。

ASUSへのリンク:
 ASUS ZenBook 14 スペシャルセールicon
ウインタブ実機レビュー:
 ASUS ZenBook 14 UX434FLレビュー - ScreenPadの魅力に取りつかれ、購入を検討中です。操作が楽しくて実用的!高品質で美しいデザインも素晴らしい14インチモバイルノート!(実機レビュー)
 ASUS ZenBook 14 UX434FLレビュー - サブディスプレイ「ScreenPad 2」を搭載するモバイルノート、使いごたえあり!(実機レビュー第2回)

2.ZenFone6 Edition 30 春の感謝祭

Zenfone 6 Editon 30
セール価格: 100,030円(税込み110,033円)
※3/31注文受付分までが対象

OS: Android 9.0(Android 10アップデート予定)
CPU: Qualcomm Snapdragon 855
RAM: 12GB
ストレージ: 512GB
ディスプレイ: 6.4インチ(2,340×1.080)
カメラ: インアウト共用 48MP+13MP 
サイズ: 159.1mm×75.44mm×8.4mm 190g

ZenFone6の限定版が3000円割引されています。さらにUSB Type-Cケーブルも付属しますよ!ZenFone6 Edition 30は液晶ながらノッチやパンチホールのないディスプレイとハイエンドクラスのCPUにRAM、ストレージを有する機種です。カメラも48MP(SONY IMX586)とハイエンドらしい仕様。MicroSDとデュアルSIMが排他でない点やイヤホン端子がある点も一部のユーザーには評価されると思います。

防水性や無線充電の有無などで他機種に譲ってしまう点もないわけではないのですが、11万円で入手できる機種としては十二分に優秀なスペックだと言えますし、限定品、と言われたら心も揺らぎます。更にEdition 30には30か月の保証があるため、キャリア端末から乗り換える場合にもちょっと安心。
Zentaroケーブル
更にZentaroくんのUSB Type-Cケーブルがもらえるので実質5,000円位割り引かれた、と考えればちょっと嬉しいですよね。いいケースやフィルムなんかが買えてしまいます。

現在のスマホ界隈では5G対応の波が目下に迫っているとはいえ、まだまだ切り替えるには不安が多いのも事実。4Gの最後にふさわしい機種を探されている方もいらっしゃると思いますが、これを機会に購入してみるのもいいかもしれません。

ASUSへのリンク:
 ZenFone6 スペシャルセールicon
ウインタブ紹介記事:
 ASUS Zenfone 6 - 待望のZenfoneフラッグシップが国内での販売を開始!ASUS設立30周年の特別版も登場!(かのあゆ)

スポンサーリンク

3.Pro OS、Chromebook 最大15%OFF Spring Campaign

ASUS_spring_campaign
セール紹介ページ:
Spring Sale – ASUS for Business & Education PCicon
※クーポンコードはセールページに記載されています
※3/31注文受付分までが対象

対象製品が7%、もしくは15%割引になるクーポンが期間限定で配布されています。今回面白いのはChromebook以外にASUSPROシリーズ(Windows10 Pro搭載機)も割引となっているところです。ASUS Outletにも多数製品が出ていましたが、選択肢がさらに増えたということになりますね。「Windows10 Proはいらない。Homeで十分です。」というスタンスの方も多いと思いますが、Windows10 Proはリモートデスクトップが標準機能として提供されているので今のご時世にはちょうど良いかもしれません。

ということで、セール対象品から幾つかおススメ機種を紹介します。

Chromebook Tablet CT100PA

ASUS_CT100PA
セール価格:41,664円(税込み45,830円)

OS: ChromeOS
CPU: RockChip RK3399 aka OP1
RAM: 4GB
ストレージ: 32GB
ディスプレイ: 9.7インチ(2,048×1.536)スタイラス対応
カメラ: イン192万画素 アウト503万画素 
サイズ: 238.8mm×172.2mm×9.98mm 510g

比較的廉価なChromeOS搭載タブレットです。AUE(自動更新期限)は2023年8月までなので発売から結構な期間が経過しているもののまだまだ使えますね。CPUはRockchip社のRK3399を搭載。スマホで言えばエントリー上位~ミドルクラス位のイメージです。デスクワークやウェブ閲覧であれば大きな不満は出ないと思います。また、メモリも必要十分といったところですしストレージもChromeOSであればそこまで多くは必要ないはずですから、問題はないと言えます。ディスプレイは高精細ですしスタイラス対応している点は魅力的です(とはいえ、ChromeOSである点や、端末の性能を考えるとイラスト用途には少し厳しめかとは思います)。

リビングなどに置くブラウジングや動画視聴専用端末としておススメできる機種になっていると思います。また電子書籍なんかにも良いサイズ感ですね。

Chromebook Flip C434TA

C434TA
セール価格:59,012円(税込み64,913円)

OS: ChromeOS
CPU: Core m3-8100Y
RAM: 4GB
ストレージ: 32GB
ディスプレイ: 14インチ(1,920×1,080)
サイズ: 320.9mm×202.3mm×15.7mm 1.45kg

今回注目なのはC434TA-AI0095と呼ばれる、CPUがCore m3、RAMが4GBのもの。.TAOさんがレビューし、歳末特集でも名前を挙げていらっしゃった機種のシリーズモデルですね。私も同シリーズモデルを前編後編に分けてレビューしています(検証機として導入したためです)。

Core m3-8100YはChromeOSを動かす上で余裕のあるチョイスです。また、RAMやストレージもWindowsであれば少し弱いと評価すべきところですが、ChromeOSであれば必要十分な容量ですね。ディスプレイもカタログスペック上は普通ながら、ラミネーション加工がなされた高品質なもの。動画視聴などでも高い満足感が得られるはずです。筐体の品質も価格から想像する内容を大きく超えており、胸を張っておススメと言えるChromeOS搭載機となっています。何よりそうでなければ検証機にしませんから!

モバイル用途としては少しばかり重い1.45kgである点は気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、寸法は13.3インチ級を飛び越えるレベルに小さく仕上がっています。この大きさがまた格好良いんですよね…。

サイズ感と筐体品質の高さから所有している喜びが非常に高い機種に仕上がっています。これで7万円以下はお得だと思います。

ウインタブ実機レビュー(いずれも同一シリーズ別端末):
 ASUS Chromebook Flip C434TA レビュー - 14インチ・コンバーチブル2 in 1のChromebook、一度触れるとその完成度の高さに魅了されてしまいます。会社で導入してもらいたい!(実機レビュー)
 ASUS Chromebook Flip C434TA レビュー - ASUSのChromebookのトップモデルをChromeOS初体験者がレビューします(実機レビュー前編)
 ASUS Chromebook Flip C434TA レビュー - ASUSのChromebookのトップモデルをChromeOS初体験者がレビューします(実機レビュー後編)

ASUSPRO B9440FA

B9440FA
セール価格: 114,580円(税込み126,038円)

OS: Windows 10 Pro
CPU: Intel Core i5-8265U
GPU: オンボード
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 14インチ 1,920×1,080
サイズ: 321.3mm×216.2mm×15mm 1.05kg

ASUSPROシリーズでも格好良いと感じる機種ですね。スペックで言えば必要十分な内容ながら、より処理性能の高いZenbook14がセールでより安くなっているため「憂き目にあう」状況にはなっています。またディスプレイもタッチ対応ではありません。とはいえWindows 10 Proである点やディスプレイがノングレアであること、保証が国内限定ながら3年に延長されている点が魅力だと感じる方はいらっしゃると思います。

ほぼ1kgで非常に薄型な筐体でありながらMILスペック準拠の頑丈さを有している点も魅力的ですよね。元々が法人モデルなので良くも悪くも外連味の少ない機種ではあると思いますが、その分要らない機能などに悩まされることも少ないと思います。

軽量で持ち運びに便利な機種を探していらっしゃるのであれば、あえてZenbookではなくこちらを選ぶことも理にかなっていると思いますよ。

4.関連リンク

ASUSストア トップページicon

スポンサーリンク