2画面モバイルノート、ZenBook UX434FLが大幅割引!アウトレット以外でも格安品が見つかりますよ!ASUS Storeセール情報

ASUS ZenBook 14 UX434FL
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。2019年を総括するにはまだ早いですが、ちょっとだけ。読者の多大なるご支援により、今年は台湾に出張し、COMPUTEX TAIPEIを取材することができました。「COMPUTEXに行く」のは私にとってサイト開設以来の夢でしたし、本当に素晴らしい体験をさせてもらったと思っています。で、それと関係があるのかどうかわかりません(たぶんないです)けど、台湾に本拠を置く大手メーカーであるMSI、そしてASUSとのお付き合いが深まりました。MSIは2018年から実機レビューができるようになりましたし、プレス発表会などにも出席させていただけるようになりました。また、ASUSは2019年になって非常に多くの製品をレビューさせてもらっていますし、各種発表会などにも呼んでいただいています。ということで、「台湾との縁」を感じた1年でした。

スポンサーリンク

今年後半よりゲーミングノートの検証機としてMSI GP65 Leopardの使用を開始しました。すでに実機レビューも掲載していますので、この件は読者のみなさんもご存知のことと思います。

でね、ビジネスノートの検証機としてはASUS ZenBook 14 UX434FLを使うことにしました。まだ読者の皆さんにはお伝えしていなかったのですが、近日中に実機レビューを掲載します。この2機種はウインタブで長期間使っていくことになりますし、他機種のレビューでも比較用にちょくちょく登場することになると思います。

なぜZenBookにしたのか、という理由はいろいろですが、実はこの製品、かなり購入しやすくなっているんです。ASUSの直販サイト、ASUS Storeと言えば以前だと「見どころはアウトレット」だったんですが、最近はアウトレットコーナー以外でも「え?こんなに安いの?」と感じられる製品が増えているんですよ。

1.ZenBook 14 UX434FL

ASUS セール
セール価格:
 Core i5: 119,819円(131,800円)
 Core i5、Office: 139,819円(153,800円)
 Core i7: 149,819円(164,800円)

※カッコ内は税込み価格

OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-8265U/Core i7-8565U
GPU: GeForce MX250(2GB)
RAM: 8GB/16GB
ストレージ: 512GB/1TB SSD
ディスプレイ: 14インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 319 × 199 × 16.9 mm / 1.3 kg

「おお!これは安い!」と思ったのがこれ、タッチパッド部分に「ScreenPad 2.0」を搭載する「2画面モバイルノート」です。ASUSのZenBookブランドはDELLならXPS、HPならSpectreに相当するプレミアムブランドなので、CPUとかRAM、ストレージの構成だけ見て高いとか安いとかを判断するのは妥当ではありません。というか、そのアプローチだと高いです。

しかし、この製品の、119,819円モデルのスペックを確認してみると、「第8世代のCore i5に外部GPUのGeForce MX250、8GBのRAMに512GBのSSD」ということなので、これだけでも決して割高とは言えないですね。さらに筐体もすごくて、タテ・ヨコサイズだけなら14インチで最小クラスです。特に奥行きが200 mmを切っているというのが強烈だと思います。ただし、やや厚みがあり、重量の1.3 kgというのも決して重いとは言えませんが、だからといって軽量級でもありません。

CPUも第8世代(Whiskey Lake)ですから、第10世代が出回り始めている現在だと少し不満がないでもないですが、そのかわり「グラボ(この場合はGeForceのことです)積んでる」んで、おそらく処理性能は第10世代より上です。グラフィックに絞って言えば第10世代のCore i7よりもずっと上でしょう。個人的には「オーバースペックかも」と考えています。

加えてScreenPadです。これね、電源を入れてシステムが起動した直後から「普通じゃない感」が漂います。ScreenPadの機能をフルに使いこなすにはそれなりの「慣れ」が必要になるとは思いますが、他社製品にはない機能であることは間違いないです。基本スペックが十分に高く、筐体はプレミアム品質、それに加えてScreenPad搭載と言うことで、私はこの119,819円という価格を「めちゃめちゃ安い」と判断しました。個人的には119,819円のCore i5モデルで十分だと思いましたが、149,819円のCore i7モデルならRAMが16GB、ストレージも1TB SSDになりますので、コスパという意味ではさらに上かもしれないですね。

ASUSへのリンク:
 ZenBook 14 UX434FL(UX434FL-A6002T)(Core i5)icon
 ZenBook 14 UX434FL(UX434FL-A6002TS)(Core i5、Office)icon
 ZenBook 14 UX434FL(UX434FL-8565)(Core i7)icon
ウインタブ実機レビュー:
 ASUS ZenBook 14 UX434FLレビュー - ScreenPadの魅力に取りつかれ、購入を検討中です。操作が楽しくて実用的!高品質で美しいデザインも素晴らしい14インチモバイルノート!(実機レビュー)

2.ZenBook 13 UX333FA

ASUS ZenBook UX333
セール価格:
 Core i3アウトレット: 89,800円(98,780円)
 Core i3: 99,819円(109,800円)
 Core i5: 109,819円(120,800円)

※Core i3モデルはOffice付属
※カッコ内は税込み価格
※他にPro版OSを搭載するモデルもあります

OS: Windows 10 Home/Pro
CPU: Core i3-8145U/i5-8265U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB/512GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 302 × 189 × 16.9 mm / 1.16-1.25 kg

こちらは13.3インチのZenBook。もともとはCore i7モデルもラインナップされていましたが、現在販売されているのはCore i3/Core i5モデルのみです。上に紹介したUX434FLよりも「一回り軽快」ですね。外部GPUの搭載はなく、ScreenPad 2.0もありません。ただし、ScreenPadのかわりにNumberPadという、「タッチパッドがテンキーになる」機能があります。それと、Core i3モデル(アウトレット品も含む)にはOffice Home & Business 2016が付属します。この点、価格評価では非常に重要な要素になりますのでご注意ください。

「軽快」なのはスペックだけでなく、サイズもです。世界最小の13.3インチクラムシェルノートはDELL XPS 13と言われていますが、このUX333FAのタテ・ヨコサイズはXPS 13よりも小さいんです(横幅はXPSと同じ、奥行きはXPSより1センチ小さい)。ただ、厚みがあるので、「体積」はXPSよりも大きくなっちゃいますね。しかし、重量も1.16 kgからと軽量ですし、モバイルノートとしては素晴らしいサイズ感と言えるでしょう。

この製品で最もお買い得なのはアウトレットコーナーにある89,800円のモデルです。「Core i3/RAM8GB/256GB SSD」というシステム構成なので、日頃「ビジネスノートはCore i3で大丈夫」と言っているウインタブとしては文句なしの水準です。ただ、ZenBookといえば「ロイヤルブルー」ですよね?残念ながらアウトレットコーナーにあるものは「アイシクルシルバー」という銀色の筐体色しか選べません。「ロイヤルブルー」にするのなら通常の製品ページにある99,819円のモデルにする必要があります。「色のために1万円?」というのはありますし、もともとシルバーのほうが好き、という人も少なくないと思いますが、「ZenBook買うならロイヤルブルーだろ!」というのもわかりますので、あとはご自身の判断かと。

スポンサーリンク

お仕事では必須、そしてプライベートでもできればOfficeは付けておきたいですよね。89,800円のアウトレット品も99,819円のCore i3モデルも、「この値段でOfficeがついてます!」

ASUSへのリンク:
 【OUTLET】ZenBook 13 UX333FA (UX333FA-8145ISS)icon
 ZenBook 13 UX333FA (UX333FA-8145RBS)(Core i3)icon
 ZenBook 13 UX333FA (UX333FA-8265RBG)(Core i5)
icon

3.ROG Strix G G531

ASUS ROG Strix Gシリーズ
セール価格:
 Core i5/GTX1650/Office: 148,800円(163,680円)
 Core i7/GTX1650: 153,800円(169,180円)
 Core i7/GTX1660Ti: 172,800円(190,080円)
 Core i7/RTX2060: 234,800円(258,280円)

※カッコ内は税込み価格
※一部モデルのみご紹介しています

OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-9300H/Core i7-9750H
GPU: GeForce GTX1650/GTX1660Ti/RTX2060
RAM: 8GB/16GB
ストレージ: 512GB/1TB SSD
ディスプレイ: 15.6インチ(1,920 × 1,080)120Hz
サイズ: 360 × 275 × 25.8 mm / 2.395 kg

ASUSのゲーミングブランド「ROG」のメインストリームとなるゲーミングノートがStrix G G531シリーズです。ROGは全般にそれなりのお値段はしますので、市場最安値を競うようなものではありません。少し脱線しますが、ライターのひつじさんはROGの大ファンで、世の中にはROGファンの人って少なくありません。

メインストリームマシンだけあって、G531は非常にワイドなバリエーションを誇ります。GPUでいうとGTX1050からRTX2070までの範囲になります。今回紹介しているのはその中の一部、セール価格になっているもののみです。個人的に一番面白いと思うのが、Core i5/GTX1650の組み合わせにMicrosoft Officeをバンドルしたモデルですね。つまり、カジュアルゲーマー、サンデーゲーマー向けのモデルです。この製品のみディスプレイのリフレッシュレートが60 Hzになってしまいますが、「BMW Designworks Groupとのコラボ」による美しくて個性的なデザインや、ROGの名に恥じない冷却性能(要は上位モデルと同じ)を備えていますので、雰囲気は満点です。「平日は仕事に、週末はゲーム三昧」という人にぴったりなんじゃないでしょうか?

繰り返しますが、ROGブランドのゲーミングPCは必ずしも市場で最安値とは言えません。しかし、HPのOMENやDELLのALIENWAREなどと同様に、筐体内部にはASUSのノウハウが詰まっていますし、デザインのイケイケ感も半端ありません。そこを考慮すると、購入を検討する価値は十分にあると思います。

ASUSへのリンク:
 ROG Strix G G531GT (G531GT-I5G1650F)(Office付属)icon
 ROG Strix G G531GT (G531GT-I7G1650)(Corei7/GTX1650)icon
 ROG Strix G G531GU (G531GU-I7G1660TK)(Core i7/GTX1660Ti)icon
 ROG Strix G G531GV (G531GV-I7R2060)(Core i7/RTX2060)icon
 ROG Strix G G531シリーズ一覧icon
ウインタブ紹介記事:
 ASUS ROG Strix G G531- これがROGシリーズのメインストリーム!15.6インチでビジネスユースも考えられたゲーミングノート

4.ASUS VivoBook S13

ASUS VivoBook S13
セール価格:
 Core i3/4GB/128GBアウトレット: 59,800円(65,780円)
 Core i3/4GB/256GB: 64,800円(71,280円) 
 Core i3/4GB/128GB/Office: 74,800円(82,280円)

※カッコ内は税込み価格
※一部モデルのみご紹介しています

OS: Windows 10 Home(Sモード)
CPU: Core i3-8130U
RAM: 4GB
ストレージ: 128GB/256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 305.76 × 196.38 × 17.9 mm / 1.25 kg

ラストは比較的購入しやすい「ZenBookではなくVivoBook」です。Core i3/RAM4GB/128GB SSDと、Core iプロセッサー搭載機としては低めのスペックになっていますが、学生さん用とか、はじめてノートPCを購入する人とかには使いやすいと思われます。ASUSがそう考えているのは、OSがSモードであるという点から理解できます。ちなみにSモードというのはアプリのインストールに制約があり、Windowsストアにあるものしかインストールできない仕組みになっていますが、ユーザーが簡単にモードを解除し、普通のWindows 10 Homeにすることができます。

最も低価格なのはアウトレットコーナーにある59,800円のモデルですが、読者の皆さんなら、通常販売(というか通常のセール価格)されている64,800円と74,800円のモデルも決して割高ではないと感じるでしょう。特に64,800円のモデルはストレージが倍増してアウトレット品との差額が税抜き5,000円ですから、全然高く感じないですね。

先にZenBookを見てしまうと少々物足りなさも感じますが、とにかく価格は魅力的です。この製品と同等のスペックでさらに安いノートPCは探せば見つかりますが、13.3インチで重量1.25 kgという筐体サイズまで考慮すると、そう簡単には見つからないでしょうね。

ASUSへのリンク:
 ASUS VivoBook S13 (S330UA-8130P)icon
 VivoBook S13 S330UA (S330UA-EY007T)(256GB)icon
 VivoBook S13 S330UA (S330UA-EY036TS)(Office)icon
ウインタブ紹介記事:
 ASUS VivoBook S13 - 13.3インチ、コンパクトでCore i3/Core i5を搭載するモバイルノート

5.関連リンク

ASUS Store トップページicon

スポンサーリンク