高級感のあるAmazfit GTRが1万切りで購入可能!Amazfitスマートウォッチセール情報

Amazfitセール情報
AliExpress内のAmazfit Official StoreにてXiaomiのグループ企業である「Amazfit」が販売するスマートウォッチがセール価格で販売されます。セール期間は10月14日午後4時(もしくは午後5時)から16日午後3時59分(もしくは午後4時59分)(ともに日本時間)までです。製品ページに記載されている時間がPDT(太平洋標準時・夏時間)なのかPST(太平洋標準時)なのか判然とせず、PDTであれば「午後4時から」、PSTであれば「午後5時から」となります。

スポンサーリンク

Amazfit製品は国内でも正規販売されており、今回セール対象となっている製品は日本正規品ではありませんが、日本語表示にも対応していることを販売元に確認しています。少し古めのモデルも含まれていますが、どれも1万円未満で購入可能となっており、品質の高さにも定評があるのでスマートウォッチを初めて購入してみたい方にもおすすめです。

1.Amazfit Stratos

Amazfit Stratos
セール価格:68ドル(約7,850円)
※製品ページにあるクーポンを使用した価格です

対応OS:Android 4.4/iOS 8 以降
RAM:512MB
ストレージ:4GB
ディスプレイ:1.34インチ
防水:5ATM
センサー:光学式心拍数、加速度、ジャイロスコープ、磁気計、気圧、周囲
バッテリー容量:290 mAh

最初にご紹介するのは2018年に登場した「Amazfit Stratos」です。現在では後継機となる「Stratos 3」が販売中なので旧モデルとなりますが、その分価格はかなり安くなっておりなんと68ドルで購入可能です。

Wear OSやAndroidベースではなく、独自OSを搭載していますが、単体で音楽再生(MP3形式)も可能です。またGPSを搭載しているため、母艦となるスマートフォン本体を持ち歩かなくても運動した際のルート情報や距離などを正確に保存可能です。

そのほか5ATM防水やVO2max(最大酸素摂取量)の記録にも対応しています。記録できるフィットネスデータの種類や稼働時間(最大5日間)は現行モデルとなるStratos 3と比較するとさすがに劣るものの、これだけの機能を備えたスマートウォッチがこの値段で購入できるのはかなりお得です。

Amazfit Official Store製品ページ:
Amazfit Stratos

2.Amazfit GTR 47mm

Amazfit GTR
セール価格:78ドル(約9,010円)
※製品ページにあるクーポンを使用した価格です

対応OS:Android 5.0/iOS 10 以降
ディスプレイ:1.39インチAMOLED
防水:5ATM
センサー:光学式心拍数、加速度、磁気計、気圧、静電容量、環境光
バッテリー容量:410 mAh

こちらは日本国内のAmazfit公式ショップでも販売中の現行モデルです。今回のセールでは78ドル(約9,010円)で購入可能です。

スポンサーリンク

ディスプレイはAMOLED(有機EL)を採用しており、標準で付属するベルトも革素材を採用するなど、腕時計としてみても高級感のあるデザインが特徴です。またウォッチフェイスは最大100種類から選択可能となっているので、気分に応じて好みのものに変更することが可能です。

12種類のフィットネスデータ記録に対応しており、GPSによるルート情報などの記録や24時間心拍数計測もサポートしています。バッテリー稼働時間は通常利用で24時間、省電力モードを有効にすると最大74時間稼働可能です。

Amazfit Official Store製品ページ:
Amazfit GTR 47mm

3.Amazfit Bip S

Amazfit Bip S
セール価格:46ドル(約5,310円)
※製品ページにあるクーポンを使用した価格です

対応OS:Android 5.0/iOS 10 以降
ディスプレイ:1.28インチ
防水:5ATM
センサー:光学式心拍数、加速度、磁気計
バッテリー容量:200 mAh

StratosやGTRよりもより“カジュアル”に使えるBip Sは5,000円台で購入可能です。この値段だとXiaomiが販売しているMiスマートバンド6とほぼ同価格帯になってきているので魅力に感じる方は多いかもしれません。

購入しやすい価格帯でありながらGPSも搭載しており、心拍数記録機能や17種類のフィットネスデータ記録などもしっかり備わっています。バッテリー稼働時間も最大40日間と長い点も魅力的です。この価格帯でGPS機能が備わっているスマートウォッチが購入できるのはかなり魅力的なのではないでしょうか。

なお、この製品については日本のAmazonでも安く購入が可能で、この記事執筆時点では日本のAmazonのタイムセール価格のほうが安くなっていますのでご注意下さい。

Amazfit Official Store製品ページ:
Amazfit Bip S

4.Amazfit Bip S Lite

Amazfit Bip S Lite
セール価格:35ドル(約3,020円)

対応OS:Android 5.0/iOS 10 以降
ディスプレイ:1.28インチ
防水:5ATM
センサー:光学式心拍数、加速度
バッテリー容量:200 mAh

最後に紹介するのは今回のセールで最も安価なBip S Liteです。その名の通りBip Sの簡易版となり、記録できるフィットネスデータの種類が17種類から14種類となり、GPSが非搭載となっているため位置情報や距離などの記録はスマートフォン経由で行う形となります。

睡眠記録記録機能や心拍数の常時記録、各種フィットネスデータの記録など、スマートウォッチとしての基本機能は一通り備わっており、価格も約3,000円と購入しやすいので入門機としておすすめですが、「スマートフォンはいつも持ち歩いているのでスマートウォッチ本体にGPSは不要!」ということでもなければ上位モデルのBip Sを選択した方が良いかもしれません。

なお、この製品についても日本のAmazonでも安く購入が可能で、この記事執筆時点では日本のAmazonのタイムセール価格のほうが安くなっていますのでご注意下さい。

Amazfit Official Store製品ページ:
Amazfit Bip S Lite

5.関連リンク

Amazfit Official Store トップページ:AliExpress

スポンサーリンク