Windows8 ストアアプリのバックグラウンド処理について

タスクマネージャ
タイトルがちょっと固くなってしまいました。

スポンサーリンク

前回の記事での引用箇所(引用元:アプリを閉じるにはどうすればよいですか。Microsoft

Windows ストアのアプリは組み込まれているため、アプリを使っていないときはこれらによって PC の処理速度が低下することはありません。アプリの使用を中止した場合、Windows により、そのアプリはバックグラウンドで実行されたままとなり、しばらくしてから閉じられます。

についてMicrosoftの記載が誤っている、という指摘をいただきました。

スポンサーリンク

【Windows 8.1】 Windows ストア アプリの「閉じる」と「終了させる」:biac の それさえもおそらくは幸せな日々@nifty

に詳細な解説があります。また、もう少し調べてみると

Windowsストアアプリのバックグラウンド処理:CodeZine

こちらは開発者向けの記事なので、普通のWindows8 タブレットユーザーには縁遠いようにも思われますが、ストアアプリのバックグラウンドでの振る舞いを設定できるという内容なので、なんとなく雰囲気はわかりますね。

前回の記事で私が書きたかったことの要旨は変わりません。Windows8は挙動の安定したOSだと思っていますが、タブレットで使用する際、CPUにせよメモリにせよデスクトップPCやノートPCと比較して制約があります。また、モバイルユースで物理的に酷使されがちなので、気を使えるところは気を使って、少しでも長持ちするように心がけたいものですね。

スポンサーリンク