dynabook GZシリーズ(2020春)- 超軽量なハイエンドノートにWebオリジナルモデルが登場!こだわりの品質が魅力!

 dynabook GZシリーズ(2020春)
dynabookがリリースした「THE note pc」の「Gシリーズ」ですが、1月15日に紹介記事を掲載した当時はまだWebオリジナルモデルの詳細が明らかになっていませんでした。Gシリーズはdynabookのハイエンド・モバイルノートで、最低重量が779 gと、超軽量に仕上げられた製品です。今回は仕様が明らかになったGシリーズのWebオリジナルモデル「GZシリーズ」をご紹介します。カタログモデルとは一味違ってますよ!

スポンサーリンク

1.スペック

 dynabook GZシリーズ(2020春)
GZシリーズは大別して3つの型番になります。「GZ83/M(GZ83/P)」「GZ73M/(GZ73/P)」「GZ63M」です。基本的に数字の大きいものが上位モデルで、「/M」は2020年春モデルのWindows 10 Home版/Pro版、「/P」は2020年春モデルのWindows 10 Pro版を指します(法人向けか?)。

少しややこしくなってしまいましたが、2020年春モデルのGZ83/M、GZ73/M、GZ63/Mの主要構成は下記のとおりです。

GZ83:Core i7-10710U/RAM16GB/512GB SSD
GZ83:Core i7-10710U/RAM16GB/32GB Optane+1TB SSD
GZ73:Core i7-10510U/RAM16GB/256GB SSD
GZ73:Core i5-10210U/RAM16GB/256GB SSD
GZ63:Core i5-10210U/RAM8GB/256GB SSD

CPUを見ると、GZ83は別格ですね。第10世代(Comet Lake)の6コア/12スレッドの上位CPUが搭載されています。RAMも16GB、ストレージは32GB Optaneメモリーのついた1TB SSDを選ぶことができますので、モバイルノートとしてはハイエンドな構成と言えます。ちなみにカタログモデルのGシリーズにはRAM16GBとかOptaneつきストレージの設定はありません。

GZ73はCPUにCore i7-10510U(こちらは4コア/8スレッド)もしくはCore i5-10210Uを選べ、RAMも16GBと大容量ですが、ストレージは256GB SSDで固定となります。そして、GZ63ですが、これ、ローエンドというよりは「最軽量」なモデルです。バッテリー稼働時間が公称値で9.5時間と短くなるかわりに、779 gという重量になっています(GZ83とGZ73はバッテリー稼働時間が15.5~19時間となるかわり、重量も859~879 gとやや重くなります)。カタログモデルにあったCore i3モデルはGZシリーズの2020年春モデルには設定されません。

ディスプレイはSHARPグループになったこともあり、IGZOが搭載されています。ノングレアタイプですが、品質については言うまでもないでしょう。また通信まわりではWi-Fi6(ax規格)に対応します。これからPCを購入するのなら、Wi-Fi6への対応・非対応については注意しておきたいところです(できれば対応していてほしい)。

入出力ポートも超軽量PCとしては充実していると思います。合計で3つのUSBポートに加え、HDMI、さらに有線LANポートまで装備しています。microSDカードリーダーもありますね。もう東芝じゃなくなってしまいましたが、伝統大手メーカーは超軽量筐体であっても実用性を損なうようなことはしない、ということがよくわかります。

WebカメラはGZ83とGZ73のみ顔認証に対応します。GZ63は重量を抑える意図があるのか、顔認証には対応しません。また、上に書いたように、GZ63のみバッテリー稼働時間が短くなっていて、そのぶん重量が圧倒的に軽いです。

2.筐体

 dynabook GZシリーズ(2020春)
Gシリーズの紹介記事では「オニキスブルー」の筐体色の画像を使って説明しましたが、GZシリーズでは「パールホワイト」のほうを主に使わせていただきます。なお、2月12日現在、GZ63のみパールホワイトの設定がなく、オニキスブルーのみとなります。

スポンサーリンク

筐体デザインはカタログモデルのGシリーズと同じです。正面から見ると、最新モデルらしく左右のベゼルが細くなっていますが、上下のベゼルはそれほど細くはありません。Webカメラが顔認証に対応する(つまり赤外線カメラになっている)という理由もあるのだろうと思います。

 dynabook GZシリーズ(2020春)
天板です。筐体素材はマグネシウム合金で、アメリカ国防総省制定「MIL規格(MIL-STD-810G)」に準拠した耐久テストをクリアしています。

 dynabook GZシリーズ(2020春)
キーボードです。「87キーJIS配列、キーピッチ 19 mm、キーストローク 1.5 mm」という仕様で、モバイルノートとしてはフルサイズと言えるキーボードサイズです。キートップには0.2 mmのくぼみがあり、より打鍵感を高める工夫がなされています。dynabookはキーボードのチューニングを綿密にしていますので、打鍵感などは非常に高水準です。

 dynabook GZシリーズ(2020春)
入出力ポートです。この画像のみ「オニキスブルー」を使わせていただきます。上に書いたようにポートの数と種類は超軽量モバイルノートとして文句なしの構成だと思います。

なお、「オニキスブルー」の筐体に関しては、カタログモデルのGシリーズの紹介記事に掲載していますので、こちらもあわせてご覧ください。
dynabook Gシリーズ(2020年春モデル)- 最高品質のモバイルノート、”THE note pc”がリニューアル!第10世代Core iプロセッサーを搭載し、重量わずか779 gから

3.価格など

dynabook GZシリーズはDynabook Directで販売中で、2月12日現在の価格はGZ63/Mが107,800円(税込み118,580円)から、GZ73/Mが123,800円(税込み136,180円)から、GZ83/Mが147,800円(税込み162,580円)から、となっています。なお、この価格はDynabook Directの無料会員(COCORO MEMBERS)向けの割引価格です。会員登録は無料で簡単にできますし、会員価格は一般価格よりも20%以上安いので、購入される際は必ず会員登録をしましょう。

別件で「1キロを切るモバイルノートの価格」を調べているのですが、GZシリーズの価格は高くありませんね。というかむしろ安いほうです。第10世代のCore i5を搭載するモバイルノートは8万円を切る価格から購入ができますが、「超軽量」ということになると話は別で、10万円を下回る製品は非常に少ないんです。加えて、dynabookは東芝時代からものづくりにはこだわりが感じられ、この製品も非常に高品質な筐体を備えています。また、記事中にも触れましたが、繊細なチューニングを施して使いやすいキーボードなど、スペック表には現れにくい特徴もあります。この製品なら長く快適に使えるでしょう。

4.関連リンク(Dynabook Direct)

dynabook GZシリーズ

スポンサーリンク