ドスパラ Diginnos DG-D09IW - 8.9インチのWindowsタブレットってなかったよね

Diginnos_DG-D09IW
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。19,980円タブレットで注目のドスパラが、一気に3機種を新発売しています。8インチの「Diginnos DG-D08IWB」に32GBモデルを追加し、10.1インチWindowsタブレット「Diginnos DG-D10IW2」と8.9インチWindowsタブレット「Diginnos DG-D09IW」を新たに発表しました。

スポンサーリンク

今回はこのうち8.9インチWindowsタブレット「Diginnos DG-D09IW」を紹介します。他の2機種については別記事を書いていますので、そちらをご覧ください。

ドスパラ Diginnos DG-D08IWB 32GB - 大人気のお買い得タブレットに32GBモデルが追加されたよ!
ドスパラ Diginnos DG-D10IW2 - 10.1インチのWindowsタブレットが新型にモデルチェンジ!

1.スペック

OS: Windows 8.1 with Bing 32bit
CPU: Intel Atom Z3735F(1.33GHz/バースト時1.83GB)
RAM: 2GB
ストレージ: 32GB
ディスプレイ: 8.9インチ(1,920×1,200)10点マルチタッチ対応
通信: IEEE802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0
カメラ:イン200万画素 / アウト500万画素
センサー類: 加速度センサー、GPS
入出力: USB2.0、micro USB、miniHDMI、microSD
サイズ: 234 x 156 x 9.4mm、約480g
※Microsoft Officeが付属するモデルと付属しないモデルあり

補足します。CPU、RAM、ストレージなどの基本スペックは8インチタブレット「Diginnos DG-D08IWB 32GB」と同一です。ちなみに私、CPUがZ3735FでRAMが2GBの製品を持ってますが、タブレットとしては合格点のサクサク感があると思っています。

8インチ版と異なる点は、ディスプレイの解像度が1,920×1,200となっていること、アウトカメラが500万画素と高性能化していること、そしてフルサイズのUSB2.0ポートが追加されていることです。8.9インチディスプレイといえば、Nexus 9がありますが、あちらは解像度が2048×1536とさらに高くなっています。もちろん価格もさらに高いですけどね。Nexus 9のサイズは153.68×228.25×7.95mmで重量が425~436gですから、サイズもDiginnosの方がほんの少し大きく厚いです。重さはNexusのほうが50g程度軽いですね。ちなみにiPad Airのサイズは9.7インチで解像度が2048×1536、サイズは240×169.5×7.5mm、重量469-478gです。iPad Airよりは少し小さく、でも重さはほぼ一緒、ということになります。

うーん、難しいですね、このサイズ感。私も実機を手にしたわけではないんで、どうにもイメージできません。もちろん10インチタブレットよりはかなり取り回しがラクなんでしょうけど、雰囲気はよくわかりません。もちろんNexus 9なんてまだ見たことないですし。

Diginnos_DG-D09IW 横持ち
Diginnos_DG-D09IW 縦持ち
ドスパラの公式ページに掲載されていた画像を引用しています。人間の手が写っているので、少しだけ雰囲気はわかりますね。また重量が480gとなっていますが、これもまた8インチ(2014年秋モデルは300g台なかばくらいのものが多い)と10インチ(600g台が多い)の一般的な重さと比較すれば、8インチの方に近い感じです。電車の中で長時間使うと少し手が疲れる、くらいのイメージでしょう。実はこのサイズがベストだったりしてw

スポンサーリンク

2.デザインなど

Diginnos_DG-D09IW 背面
これが背面の画像です。結構角張っているというか、無骨なイメージがありますね。個人的にはこういうデザインは好きです。

Diginnos_DG-D09IW 入出力系
入出力のポート類は縦持ちしたときの上面に集められています。

Diginnos_DG-D09IW ステレオスピーカー
スピーカーが縦持ちしたときの底面についています。見た目どう考えてもステレオのようなんですけど、スペック表などを見てもステレオとは書いていないので、今のところ確証はないです、はい。

上にも書きましたけど、ゴツいというか男性的なイメージがありますね。好き嫌いがわかれるかもしれませんが、Windowsらしくていいかな、と個人的には思います。他のタブレットと似てない、というのもいいですよね。

3.価格と納期

8.9インチ版の価格は27,760円、(税抜)29,980円(税込)となっています。ドスパラ直販サイトから通販で購入する場合、別途送料2,160円がかかります。よって通販の場合の支払額は32,140円(税込)となります。Office Home&Business(PowerPointつき)が付属するモデルもあり、こちらの価格は35,760円(税抜)、38,620円(税込)です。送料込みだと40,780円(税込)となります。

8.9インチのWindowsタブレットが他にないので、相対的な比較ができませんが、Officeをつけても割安感があると思います。また、このサイズで1,920×1,200の液晶がついて税込みで3万円を切る、というのはかなりすごいことなんじゃないか、と。

出荷までのリードタイムは21日となっています。少し長いっすね。

ともあれ、コストパフォーマンスが非常に高いうえ、これまでにないサイズのWindowsタブレットということで、登場したことを歓迎したいと思います。

4.関連リンク

Diginnos DG-D09IW 8.9インチタブレット:ドスパラ直販サイト

スポンサーリンク