ドスパラ Diginnos DG-D08IWB 32GB - 大人気のお買い得タブレットに32GBモデルが追加されたよ!

Diginnos DG-D08IWB 32GB
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。速報です。税込みで2万円を切る(19,980円)8インチWindowsタブレット「Diginnos DG-D08IWB」にモデルが追加されました。このDiginnos、もちろん大人気で初回ロットが瞬殺されていますが、内蔵ストレージがわずか16GBというのが不安に感じられて購入を躊躇していた人も多いと思います。

スポンサーリンク

ドスパラ Diginnos DG-D08IW - ついに出た!19,980円のフルWindowsタブレット

この記事に「32GBモデルが追加される可能性がある」と書いたのですが、予想通り追加されました。ドヤ顔したいところですが、単なるマグレ当たりです。今回追加された32GBモデルは内蔵ストレージの容量以外は16GBモデルと同じスペックです。また、ドスパラでは同時に8.9インチと10.1インチのWindowsタブレットを発売していますが、これらのモデルについては別記事で紹介しています。

ドスパラ Diginnos DG-D09IW - 8.9インチのWindowsタブレットってなかったよね
ドスパラ Diginnos DG-D10IW2 - 10.1インチのWindowsタブレットが新型にモデルチェンジ!

1.スペック

Diginnos_DG-D08IWB 持ってみた
OS: Windows 8.1 with Bing 32bit
CPU: Intel Atom Z3735F(1.33GHz/バースト時1.83GB)
RAM: 2GB
ストレージ: 32GB
ディスプレイ: 8インチ(1,280×800)10点マルチタッチ対応
通信: IEEE802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0
カメラ:イン/アウトとも200万画素
センサー類: 加速度センサー、GPS
入出力: micro USB、miniHDMI、microSD
サイズ: 128×214×8.6mm、約345g
※Microsoft Officeありとなしのモデルあり
※重量については16GB発表当初330gと表記されていたが、ドスパラが後日345gに訂正。16GBモデルと32GBモデルの双方とも345gが公表スペックである。

2.価格と納期

Diginnos_DG-D08IWB バッグに
32GBモデルの価格は23,130円(税抜)、24,980円(税込)となっていますが、ドスパラ直販サイトから通販で購入する場合、別途送料2,160円がかかります。よって通販の場合の支払額は27,140円(税込)となります。Office Home&Business(PowerPointつき)が付属するモデルもあり、こちらの価格は31,130円(税抜)、33,620円(税込)です。送料込みだと35,780円(税込)となります。

スポンサーリンク

ちなみに16GBモデルの方はOffice付きのモデルは設定されておらず、18,500円(税抜)、19,980円(税込)で、送料込みだと22,140円(税込)となります。

16GBモデル、32GBモデルとも、出荷までのリードタイムは14日間となる予定、とのことです。

3.PC知識に自信がない人は32GBモデルがおすすめ

Diginnos_DG-D08IWB 背面
16GBモデルと32GBモデルの差額は5,000円です。両者の違いは内蔵ストレージだけなので、16GBぶんの差額が5,000円ということになります。ウインタブで過去に書いたことがありますが、内蔵ストレージでの16GBというのはSDカードで拡張する16GBとは違います。内蔵ストレージとしての16GBのほうがはるかに有用なんです。

タブレットの場合、画像など個人データはOneDriveなどのクラウド・ストレージを活用するとストレージ容量を節約できます。私はOneDriveのヘビーユーザーなので、個人データの保存場所として内蔵ストレージを使うことはなく、もっぱらOneDriveを使っています。

しかし、Windowsストアアプリすべてとデスクトップソフトウェアの一部はインストール先を選ぶことができず、必ず内蔵ストレージにインストールしなくてはなりません。Windowsタブレットを快適に使うためには自分の気に入ったWindowsストアアプリをある程度の数量インストールする必要がありますが、ストアアプリのうちゲームアプリではサイズが1GBを越えるものも珍しくありません。32GBモデルの場合、出荷時の空き容量は20GB強(Windows OSの領域とリカバリー領域があるためです)だと思いますが、ゲームアプリなどをたくさんインストールしてしまうと32GBモデルでも不足感があるかもしれません。

ドスパラのサイトに「microSDを使った仮想HDDのマウント」方法が紹介されていますが、ある程度PC知識が必要ですし、再起動のつど仮想HDDを再マウントしなくてはならないなどの手間も必要です。

WindowsタブレットはデスクトップPCと異なり、内蔵ストレージの増設はできません。なので、ここで5,000円追加で支払うかどうか、ということは後々まで影響することになります。「2万円を切っていることに意義があるのだ」という人や「ゲームなんてやらないよ」とか「仮想HDDなんて楽勝」という人は16GBでいいとして、快適に使うために5,000円は惜しくない、という人は32GBのほうがいいと思いますよ。

4.関連リンク

Diginnos DG-D08IWB 32GBモデル:ドスパラ直販サイト
Diginnos DG-D08IWB 16GBモデル:ドスパラ直販サイト

スポンサーリンク