ドスパラ Diginnos DG-D10IW2 - 10.1インチのWindowsタブレットが新型にモデルチェンジ!

Diginnos_DG-D10IW2
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。ドスパラが一気に3機種のWindowsタブレットを新発売しました。8インチ版と8.9インチ版については下記の記事を書いています。

スポンサーリンク

ドスパラ Diginnos DG-D08IWB 32GB - 大人気のお買い得タブレットに32GBモデルが追加されたよ!
ドズパラ Diginnos DG-D09IW - 8.9インチのWindowsタブレットってなかったよね

で、今回は10.1インチWindowsタブレット「ドスパラ Diginnos DG-D10IW2(以下10インチ版といいます)」について紹介します。ドスパラは以前から10インチのWindowsタブレット「Diginnos DG-D10IW」を販売していて(もう完売してますけど)、今回の機種はそのモデルチェンジ版となります。前身機は「訳ありキーボード」なんてのが付属していて相当なお買い得タブレットだったんですが、新型はどうでしょうか?

1.スペック

OS: Windows 8.1 with Bing 32bit
CPU: Intel Atom Z3735F(1.33GHz/バースト時1.83GB)
RAM: 2GB
ストレージ: 32GB
ディスプレイ: 10.1インチ(1,920×1,200)10点マルチタッチ対応
通信: IEEE802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0
カメラ:イン200万画素 / アウト500万画素
センサー類: 加速度センサー、GPS
入出力: USB2.0、micro USB、miniHDMI、microSD
サイズ: 260 x 168 x 9.2mm、約560g
※Microsoft Officeが付属するモデルと付属しないモデルあり

このスペック、ディスプレイサイズと本体サイズ以外はすべて8.9インチ版と同じです。CPUにAtom Z3735F、RAM2GB、ストレージ32GBというのは今回同時発表された3機種に共通します。ウインタブとしてはタブレットとして必要十分なスペックだと断定できるスペックです。

サイズは前身機よりも少しだけ長くなったものの、幅と厚さは小さくなり、重量も90g軽くなっています。私、10インチタブレット(2 in 1)ではacer Aspire Switch 10を持っていて、Iiyama 10P1100T-AT-FSMの実機をしばらく試用した経験がありますが、560gというのは軽くていいですね。8インチタブレットと比べると重いですが、めちゃめちゃ長時間でなければ快適に使えると思います。

普通、Windowsの10インチタブレットにはキーボードが付属するかあるいは純正の専用キーボードが用意されていることがほとんどなのですが、この製品にはキーボードが付属せず、専用オプションもありません。ここはちょっと首をかしげるところで、10インチというサイズであれば、外付けキーボードを使ってノートPC代わりに使えるはずだし、そうしないとWindowsタブレットとしての存在意義が弱まると思うんですけどね。純正キーボードでなくてももちろん使えますが、純正の場合はデザイン上の一体感とか、収納時や携帯時の便宜も図られているので、サードパーディのものを使わざるを得ないということになると、使い勝手がかなり悪くなると思います。

スポンサーリンク

前身機では訳ありといいながら無料でキーボードが付属していたので、新しい10インチ版についても、せめて純正のキーボードは追加して欲しいところです。

2.デザイン

Diginnos_DG-D10IW2 背面
デザインも8.9インチ版とほぼ同じです。でも、上の画像をよく見ると、キーボード接続用としか思えないコネクタがありますね!見る限り8.9インチ版のほうにはこれがついていなかったので、恐らく外付けキーボードが出るんじゃないでしょうか?

Diginnos_DG-D10IW2 入出力
入出力用のポートは(縦持ちしたときの)上面に集中しています。このあたりも8.9インチ版と共通です。

8.9インチ版の記事にも書きましたが、最近のWindowsタブレットとしては角張っていて、ちょっと無骨なイメージがあります。好き嫌いはあるでしょうが、個性的だと言えますし、私は個人的に好きなデザインです。

3.価格と納期

10インチ版の価格は37,980円、(税抜)41,018円(税込)となっています。ドスパラ直販サイトから通販で購入する場合、別途送料2,160円がかかります。よって通販の場合の支払額は43,178円(税込)となります。Office Home&Business(PowerPointつき)が付属するモデルもあり、こちらの価格は45,980円(税抜)、49,658円(税込)です。送料込みだと51,818円(税込)となります。

出荷までのリードタイムは8.9インチ版と同じく21日となっていて、少し長すぎな気がします。

CPUとRAMがこの製品と同じでストレージが64GBあり、非常によく出来たキーボードが付属するAspire Switch 10の実売価格がOfficeなしなら3万円を切るくらいの勢い(Amazonで31,906円、2,000円引きクーポンがついているので実質29,906円。2014年12月19日現在)になっていることを思うと、私としては「価格が安い」という評価はできません。また、現時点で純正キーボードが付属せず、オプションでも用意されていないというのもマイナスポイントだと思います。この製品のメリットは1920×1200の高解像度ディスプレイですが、それだけで、価格面やキーボードのデメリットを埋められるのかは微妙なところだと思います。

4.関連リンク

Diginnos DG-D10IW2 10.1インチモデル:ドスパラ直販サイト

スポンサーリンク