CHUWI HiPad Pro - 10.8インチのAndroid 11タブレット。Snapdragon 662搭載で前面パンチホール、WidevineはL1!

CHUWI HiPad Pro
CHUWIが10.8インチサイズのAndroidタブレット「HiPad Pro」を発売します。CHUWIのAndroidタブレットには「HiPad」という製品名がつくことが多いですが、この「HiPad Pro」は「相当に新しい仕様」で、これまで中国メーカーのタブレットに対して抱きがちだった不満を相当数解消してくれそうな製品です。

スポンサーリンク

1.CHUWI HiPad Pro スペック

   CHUWI HiPad Pro
OS  Android 11
CPU  Qualcomm Snapdragon 662
RAM  8GB
ストレージ  128GB
ディスプレイ  10.8インチIPS(2,560 × 1,600)
LTEバンド  B1/2/3/4/5/7/8/17/20/38/39/40/41
SIM  デュアルSIM(SIM2はmicroSDと排他)
ネットワーク  802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0
入出力  USB Type-C、microSDカードリーダー、オーディオジャック
カメラ  イン5MP/アウト8MP
バッテリー 7,000mAh
サイズ  245 × 157.7 × 7.2 mm
重量  480 g

ポイント

・最新OS、Android 11を搭載
・CPUのSnapdragon 662はAntutu Ver.8スコアが約18万点
・RAM8GB、ストレージ128GBと、タブレットとしては大容量
・ディスプレイ面はナローベゼルでパンチホール式カメラ
・4,096段階の筆圧に対応するペン入力が可能
・4スピーカーを搭載
・WidevineはL1

コメント

搭載CPUはSnapdragon 662です。中華タブレットでSnapdragon搭載というのは結構珍しいですね。ただ、Snapdragon 662はそれほど高性能なものではなく、Antutu Ver.8のスコアが約18万点(Ver.9だと20万点くらいか?)ということなので、Androidタブレットとしては高性能な部類と言えますが、原神などの重量級3Dゲームのプレイには向きませんし、ウマ娘もちょっと苦しいかと思います。ただ、RAMが8GBなので、RAM4GBのスマホでゲームをしていてしばしば感じるRAM不足の挙動は回避できそうですね。また、ストレージは128GBです。

ディスプレイは10.8インチのIPS液晶で、解像度は2,560 × 1,600と高精細です。ただ、このディスプレイは数字以上の素晴らしさがあるんですよね。

CHUWI HiPad Pro

クリックで拡大します

中華PCとかタブレットの紹介記事で「盛ってる」と書くことがあります。これは「ベゼルが細く見えるように画像加工をしている」という意味で、一部のメーカー製品ではこの傾向が特にひどく、もはやメーカー提供の製品画像は信用できない、と感じることもあります。

しかし、HiPad Proはその心配はいらないと思われます。「画面占有率90%」とはっきり書かれていますからね。もともと最近のCHUWI製品は画像を盛っているという印象はありませんし。

それと、DCI-P3のカバー率97%というのも見逃せません。おそらく発色性能も非常に高いでしょう。さらに、「Widevine L1」というのが大きいです。中国企業だとXiaomiなどの大手メーカー製品ならWidevine L1で当たり前、という感じですが、CHUWI製品でL1というのはこれが初なんじゃないでしょうか?これでNetflixなどの動画サブスクリプションも高画質で楽しめます。

スポンサーリンク

さらにこのディスプレイ、別売りのHiPen H6(あるいはH7。どちらに対応するのか定かではありません)を使えば4,096段階の筆圧に対応するペン入力も可能です。「なんかすごい」ディスプレイです。

通信まわりではHiPad Plusでは使えなかったLTEにも対応します。入出力ポートはAliexpressの製品ページの記載に基づき「イヤホンジャックあり」と記載していますが、製品画像ではイヤホンジャックが見当たらなかったので、イヤホンジャックなし、の可能性もあります。

サイズですが、10.4インチサイズのALLDOCUBE iPlay 40と比較してみましょう(iPlay 40も最近の低価格タブレットとしてはかなりスタイリッシュな部類です)。

CHUWI HiPad Pro:245 × 157.7 × 7.2 mm / 480 g
ALLDOCUBE iPlay 40:248.1 × 157.86 × 8.2 mm / 475 g
※CHUWIの説明では厚さ6.9 mmという記載もありましたが、ここでは保守的に7.2 mmとしています

ディスプレイサイズは0.4インチだけですがHiPad Proのほうが大きいので、その分サイズが大きくなってしまうはずですが、長辺は逆に3ミリほど短く、短辺はほぼ同じ、厚さは1ミリも薄くなっています。重量はほぼ互角、といったところでしょうか。素晴らしいサイズ感だと思います。

2.CHUWI HiPad Pro 筐体

CHUWI HiPad Pro
前面です。ディスプレイについては上で説明しましたが、1点漏れていました。インカメラがパンチホールです。これも中華タブレットとしては初だと思います。もっともインカメラの性能はあまり良くないんですけどね(5MP)。

CHUWI HiPad Pro
背面はちょっと変わったデザインです。ずいぶん濃色ですよね。なお、一見キックスタンド付きに見えますが、

CHUWI HiPad Pro
この画像を見ていただくとキックスタンドはついていないと推測されます。また、この画像だけでは筐体素材がよくわかりませんが、CHUWIの説明によれば「フルメタル」とのことでした。

なお、この画像のキーボードはBluetooth接続で別売り、またスタイラスペンも別売りです。

CHUWI HiPad Pro
CHUWI HiPad Pro
ちょっとわかりにくいですが(横持ち時の)左右側面です。左側面には電源ボタンとUSB Type-Cポートがあります。また、左右側面に2つずつスピーカーグリルがついています。「4スピーカー」というのはこの製品のセールスポイントです。

CHUWI HiPad Pro
縦置きになっていますが、横持ちを想定すると画像左側が下面、右側が上面となります。下面にはSIM(microSD)スロット、上面には音量ボタンがあります。側面画像を見ると、CHUWI HiPad Plusのようにエッジが角張ったデザインになっているのがわかります。

3.CHUWI HiPad Pro 筐体

CHUWI HiPad Proは8月3日からAliexpress内のCHUWI Official Storeで「ワールドプレミア(セール)」がスタートする予定です。価格は「わかりません」。現在でもAliexpressに製品ページがありますが、価格表記が「ダミー」になっていますし、セール価格のヒントもありません。現状、続報を待つしかないですね。

また、CHUWI公式サイトで「GIVEAWAY(プレゼント)」キャンペーンも開催されています。FacebookやYouTubeチャンネルのフォロー、登録などでポイントを貯めて応募するという、よくあるパターンですが、リスクがないのでチャレンジしてみてもいいんじゃないでしょうか。

個人的にもこの製品は非常に気になります。スペックもいいですし、デザインにも期待ができます。さらにWidevine L1というのは(私は視力が悪いのであまりピンときませんが)多くのタブレットユーザーにとってすごく魅力的ですよね!

4.関連リンク

CHUWI公式サイト
※7月16日現在、HiPad Proの製品情報はありませんが、アクセスするとGIVEAWAYのポップアップが表示されます
CHUWI HiPad Pro:CHUWI Official Store(Aliexpress)
※7月16日現在、表示されている価格はダミーです

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    Chromebookで欲しいな

    • wintab より:

      そう言えば中華のChromebookって見かけないですよね?Googleが中国市場から撤退していることと関係があるのかな?スマホだと普通にGMS付きのものが売られてますけど…。

  2. 通りすがりの匿名希望 より:

     ついに出たぜ!という感じ。
    HiPad plusでも「スタイラスペンは使えないのか?」
    という声が多かったので。
    RAMも多め、
    解像度も精細感あり、
    重量薄さもトレンドを抑えてる。
    懸念は価格。
    plusで3万円弱‥このProも同等以上?‥
    ならばレノボ、ファーウェイ製品も視野に。
    ネームバリューでは勝つのは難しそう。
    やはりペンキーボードとの三点セットでお得感をアピールしないと‥。

    • wintab より:

      こんにちは。そうですね。やはり価格が気になります。ここ最近のCHUWI製品はかなり信頼性が高いので、「ちょい安」くらいでも十分魅力的かも。

  3. よっしー より:

    Widevine L1は魅力的ですね~
    Hipad plus はスピーカーグリルが4つなのに、2つはただの穴というCHUWIらしい仕様でしたが(笑)、proは本当の4スピーカーなのかな?

    • wintab より:

      著作権的にちょっとアレなんで、記事には掲載していませんが、製品ページの画像を見ると、たぶん4スピーカーで大丈夫そうです。

  4. 通りすがりの匿名希望 より:

    『輝度400nit、画素密度280ppi、メモリが8GB、ストレージは128GB UFS』
    他所情報ですが、ストレージは高速性がありそう。
    RAM容量と相まって体感的反応は良さそうかも。

    • wintab より:

      こんにちは。そうですね、RAM8GBというのはサクサク感に寄与してくれるんじゃないか、と思います。

  5. 匿名 より:

    GPSはついてますかね?

  6. 匿名 より:

    アリのサイトに書いてありました。
    失礼しました。

  7. 匿名 より:

    このwidevine L1が
    ちゃんと機能して
    アマプラ、ネトフリがフルHDで見れると一気に流れが変わりそうですよねー。

    中華の資金のある有名所は、一気にwidevine L1搭載してくれそうです。