開発に参加できるチャンス?Windows 10 Mobile Insider Programに参加してみよう!(かのあゆ)

公開日: : 最終更新日:2016/10/04 WindowsPhone , ,

Windows 10 ロゴ
Windows 10から本格的に開始となったオープンベータプログラム「Windows Insider Program」は登録すれば誰でもWindows 10の次期ビルドのアルファ版やベータ版を試すことができ、Microsoftの開発チームに意見をフィードバックして開発に参加できるプログラムですが、本プログラムはPC版Windows 10だけでなく、スマートフォン用のWindows 10 Mobileにも提供されており、こちらもMicrosoftアカウントを登録すれば自由に参加することが可能となっています。

スポンサーリンク

1.日本ではMADOSMA Q501のみ対象

ただし、すべての機種がInsider Programに参加できるわけではなく、日本で正式に販売されているWindows 10 Mobile端末で現時点で対応しているのはマウスが販売しているMADOSMA Q501のみとなります。

またあくまで開発中のビルドであり、中には不安定なものも含まれていることがありますのでメインの端末に導入するべきではないでしょう。

2.アップデートのタイミング

Windows 10 Mobile Insider Previewの設定
Windows 10 Mobile Insider PreviewではPC版Windows 10 Insider Preview同様テストビルドを受けとるタイミングを選択することができます。具体的には以下のようになっています。

ファースト

Microsoftの内部テスターなどの次にもっとも早く最新のビルドを受け取れる設定。ただしビルドによっては相当不安定なものも含まれているため「人柱・文鎮化上等!すべてのリスクを受け入れてでも最新の開発ビルドを使いたい!」というユーザーにおすすめです。

スロー

ファーストより新しいビルドを受け取れるタイミングは遅れるものの、Microsoftの内部テスターやファースト設定のユーザーがテストしたうえで安定していると判断されたビルドが配信されるので、「テスターになって開発に参加したいけど不安定なビルドを端末に入れるのは嫌だなぁ…」と思っている方にお勧めです。

ただし前述の通りファーストにせよスローにせよ開発途中の製品ですので何かしらの不具合は必ず含まれていると考えておいたほうが精神的にも楽だと思います。

スポンサーリンク

3.Insider Programへの参加方法

Windows 10 Mobile Insider Preview
Windows 10 Mobile Anniversary Update以前ではWindows StoreからWindows Insiderアプリを導入したうえでWindows Insider Programに参加する必要がありましたが、Anniversary UpdateではPC同様、「設定→更新とセキュリティ→Windows Insider Program」から直接参加できるようになりました。この設定項目内からWindows Insiderビルドの受け取りの停止設定、前述したWindows Insiderビルドの受け取りのタイミングを選択することが可能です。

ただし受け取りを停止した場合、一度端末をリセットしてWindows Device Recovery Toolsで正式ビルドに復元する必要があります。

4.次期大型アップデート Redstone 2

Windows 10 Mobile バージョン
Anniversary Updateのリリース後、Windows 10/Windows 10 MobileのInsider Programはすでに次期メジャーアップデート「Redstone 2」のものに切り替わっています。すでにRedstone 2ブランチに切り替わってから2回ほど更新されており、現時点でのファーストユーザー向け最新ビルドは10.0.14905.1000となります。

現時点ではAnniversary Update(10.0.14393.xx)をベースに次期ビルドに向けた準備を始めた段階のもので、目立った変更点としては一部サウンド設定が更新されている程度になります。(ただしその分まだ現段階では常用するうえで致命的な不具合はなく安定はしてるんですけどね…)

PC版Anniversary Updateと比べるとWindows 10 Mobile Anniversary UpdateはUIの調整などWindows 10 Mobileとして正式に登場した最初のビルドであるThreshold 2ビルド(10586.xx)と比べても目立った変更点は少ないのですが、Redstone 2ではPC版同様Microsoft Edgeブラウザでも拡張機能が使えるようになるという噂もあります。

SIM差し運用する端末への導入はあまりお勧めできませんが、MADOSMA Q501自体中古価格もほどほどに下がってきているのでInsider Programに一台購入して開発に参加するのも悪くはないかもしれません。PC版同様これからも進化していくWindows 10 Mobileに期待したいところです。

5.関連リンク

Windows Insider Program(Microsoftアカウント必須)
かのあゆブログ
※この記事の執筆者のブログです

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
Probox
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑