CUBE WP10 ー Windows 10 Mobile Anniversary Updateを強制適用してみた(かのあゆ)

公開日: : WindowsPhone , ,


こんにちは。かのあゆです。以前レビューさせていただいたCUBEのWindows 10 Mobileファブレット「WP10」は現在Windows 10 Mobile バージョン1511が適用されていますが、現在の最新版「Anniversary Update バージョン1607」はいまだにリリースされていません。

スポンサーリンク

CUBE WP10 -現時点で唯一のWindows 10 Mobile搭載7インチファブレット(実機レビュー:かのあゆ)

おそらくメーカーの都合により初期バージョンで最終ということになっているのでしょうが、セキュリティアップデートやもう間もなくリリースされる「Creators Update」も受け取れないということを考えると少し不安を感じてしまいます。

ただし、レジストリに少し手を加えてMicrosoftのLumia 950 XLに偽装してしまうことでAnniversary Updateを適用することができます。

CUBEの場合Windows Device Recovery Toolsで工場出荷時のソフトウェアに戻せないため、最悪文鎮化のリスクもありますが、今後最新のアップデートを受け取ることができるメリットを考えれば試してみる価値はあると思います。

なお最初にリリースされているバージョン1511のサポート期間は2018年1月9日で終了する予定となっています。

Microsoft サポート ライフサイクル : Microsoft Japan

なおこの情報はCUBE WP10の実機レビュー記事でコメントをくださった「石守邸住人」さんからの提供となります。石守邸住人さんにはこの場で御礼申し上げます。ありがとうございます。

注意

  • 別メーカーの機種に偽装するため、のちのアップデートでファームウェアの不整合が起きる可能性があります。最悪文鎮化のリスクもあることをご了承願います。
  • 本記事ではレジストリの操作を行います。そのため、元のレジストリの内容をバックアップしておくことを強く推奨いたします。
  • CUBE WP10はWindows Device Recovery Toolsでのリカバリに対応していないため、一度Anniversary Updateを適用すると元のバージョン 1511には戻せません。CUBEからも公式ファームウェアイメージはリリースされていません。

以上のリスクがあるため、本記事で紹介するOSアップデートは自己責任でよろしくお願いいたします。

「開発者モード」の設定

Windows 10 Mobileではそのままの状態だとWindows Storeからダウンロードした公式アプリのみインストールを許可する設定になっているため、ダウンロードしたパッケージファイルをインストールできるようにするために「設定→更新とセキュリティ→開発者向け」の項目を開き、「開発者モード」を有効にします。

必要なツールの準備

次に以下ののサイトから「Interop Tools」のファイル一式をダウンロードします。

Interop Tools – A versatile registry app for all devices, doesn’t require cap unlock : XDA Developers

Intel CPUを搭載したWindows PCやタブレット用のファイルも同時に公開されていますので「ARM」用のファイルのみダウンロードします。必要になるのは以下のファイルです。

Dependencies_ARM.zip(ツールの動作に必要なランタイム一式)
InteropTools_RC-19-Pre10_arm_19.390.0.zip(Interop Tools本体)

ダウンロードが完了したらこれらのファイルをPC上で解凍してからCUBE WP10の内蔵ストレージかmicroSDカードに転送します。

端末情報の変更

CUBE WP10上でダウンロードしたファイルを「Dependencies_ARMフォルダに含まれているランタイム類」→「InteropTools_RC-19-Pre10_arm_19.390.0」フォルダ内のツール本体の順でインストールします。

インストールが完了すればスタートメニューに「Interop Tools(RC)が登録されているはずですのでこちらを起動します。

スポンサーリンク

ツールを起動したらメニューから「Registry Browser」を起動し、以下のレジストリキーを開きます。

HKLM\System\Platform\DeviceTargetInfo

次に以下のキーの内容をカッコ内のものに変更します。

phonemanufacturer = CUBE(MicrosoftMDG)
phoneHardwareVariant = VAR-GSM(RM-1085)
phonemanufacturerModelName = T698(RM-1116_11258)
phoneModelName= T698(Lumia 950 XL Dual SIM)

これで準備は完了です。

レジストリを変更したら一度端末を再起動します。

アップデート

再起動したら通常通り「設定→更新とセキュリティ→電話の更新」から「更新プログラムのチェック」を行えば直ちにWindows 10 Mobile Anniversary Updateの更新が受け取れる状態になっていますのでこれを適用します。

適用まで少し時間がかかります。

これで無事にCUBE WP10をWindows 10 Mobile Anniversary Updateへアップグレードすることができました。機種情報を偽装していますのでデバイス名などは「Lumia 950 XL」のものとなっています。

アップデート後の挙動

アップデート後の挙動ですが、特に極端なパフォーマンス低下は見られず快適に動作しています。

ただし、言語設定が完全に英語で固定されてしまったのか日本語入力などは問題なく利用できるのですがOSのUIとしての言語は英語で固定になってしまいました。

またバージョン1511で利用できなかったCortanaはアップデート後も利用できないままとなっています。

一応Lumiaに偽装しているのでInsider Previewも受け取れるはずですが、Windows Device Recovery Toolsが利用できないことを考えるとCUBE WP10でInsider Previewを受け取るのはあまり推奨できません。

Anniversary Updateを適用したのでAntutuベンチも取り直してみました。

アップデート前のスコアが「29,273」だったので若干アップデートでパフォーマンスが低下してしまったようですが、本機の場合RAMが2GB搭載されていることもあって日本国内で流通しているSnapDragon 210+1GB RAM搭載機でよく言われているパフォーマンス低下は感じられず、相変わらず快適に動いています。

参考:
Lenovo ZUK Z2(SnapDragon 820): 132,410
UMI Z(Helio X27): 110,070
Vernee Apollo(Helio X25): 93,251
BungBungame KALOS 2(Samsung Exynos 7420): 88,439
Chuwi Vi 10 Plus(Remix OS、Atom X5-Z8300): 64,259
Teclast TBook 16 Pro(Atom x5-Z8300): 58,578
GOLE 1(Atom x5-Z8300): 55,436
マウス MADOSMA Q601(SnapDragon 617): 48,008
Teclast X89 Kindow(Atom Z3735F): 47,495
Wink Pax G1(MediaTek MT8783) : 38,553
YOKA KB2(Amlogic S912): 36,679
マウス MADOSMA Q501(SnapDragon 410): 35,663
Teclast X10(MediaTek MT8392): 31,561
Cube WP10(SnapDragon 210): 29,273 *Windows 10 Mobile Version 1511
Cube T8 Super Version(MediaTek MTK8735P):23,925
ドスパラ Diginnos Mobile(Snapdragon 210): 23,785
FREETEL KATANA 01 (SnapDragon 210) : 22,724

リスクは大きいがアップデートの価値あり

非公式の方法ではありますが、これで無事CUBE WP10を最新のWindows 10 Mobile Anniversary Updateにアップグレードすることができました。

来月には「Creators Update」もリリースされる予定となっていますが、こちらの適用もおそらくこの状態で行えるはずです。

7インチのWindows 10 Mobile端末は非常に貴重なのですが、OSバージョンがいまだに初期のもので更新されていない点のみ気になっていたのでこれで問題なく愛用していけそうです。

本来の状態には二度と戻せなくなるなどリスクもありますが、個人的には試す価値は大いにあると感じました。

関連リンク

Cube WP 10 -6.98インチの大型Windows 10 スマホ(WindowsPhone)って、こんな感じよ!(実機レビュー)
CUBE WP10 -現時点で唯一のWindows 10 Mobile搭載7インチファブレット(実機レビュー:かのあゆ)
XPERIA X Compactと過ごすかのあゆブログ

スポンサーリンク

Comment

  1. 葉柳 より:

    Interop Tools(RC)を起動するところまでは同じように出来たのですが、
    >メニューから「Registry Browser」を起動し
    ここでつまずきました。
    それらしい項目が見つからないのです……。

  2. 葉柳 より:

    あっ、すみません、再度ARMフォルダの中身をインストールしなおしたら?出てきました。
    おかげで上手くいきそうです。
    WP10買ったは良いけどいつまでも1607がこないので参考になりました。
    ありがとうございました!

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest セール


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑