セール情報 – イオシスでMONO MO-01Jが特価。ハイレゾに対応した高品質モデル!(かのあゆ)

公開日: : セール情報 ,

MONO MO-01J セール情報
こんにちは。かのあゆです。現在イオシスにてドコモが昨年12月に発表した「MONO MO-01J ホワイト」の未使用品を税込9,980円で販売中です。本端末はもともとドコモの端末購入サポートを利用することで一括税込648円で購入できることで話題になった端末です。ドコモオリジナルブランドの製品ですが、開発はSIMフリースマホでおなじみのZTEが行っており、安価ながら機能や質感は非常に高く当時のキャリア端末の中でもコストパフォーマンスに優れていた一台となります。

スポンサーリンク

1.スペック

OS: Android 6.0.1(7.1へアップグレード可)
CPU: Qualcomm Snapdragon 617
RAM: 2GB
ストレージ: 16GB
ディスプレイ: 4.7インチ(1,280 x 720)
ネットワーク: 802.11b/g/n、Bluetooth 4.0
カメラ: イン490万画素/アウト1,330万画素
バッテリー: 2,440 mAh
サイズ: 136 x 69 x 8.8 mm /138 g

搭載CPUはQualcomm Snapdragon 617。搭載RAMは2GBで内蔵ストレージは16GBとスペック的には2016年水準のミッドレンジクラスの製品となります。CPUの性能的には現在ではSnapdragon 430と同程度となっていますが、スマホで行う一般的な動作に関しては特にストレスを感じないスペックです。

初期搭載OSはAndroid 6.0.1ですが、先日Android 7.1へのアップデートが実施されています。ZTE端末は基本的に独自UI「MIFavor」が採用されていますが、本端末に関してはドコモオリジナルブランドの製品という扱いのため、UI面でのカスタマイズは最小限となっています。

ただし、ドコモオリジナルブランド端末であるため、標準で搭載されているランチャーはキャリア独自の「docomo Live UX」のみとなっており、一般的なAndroid端末でよく採用されているAndroid標準の「Launcher 3」や「Google Nowランチャー」などはプリインストールされていませんが、この辺に関してはGoogle Playストアでお好みのランチャーアプリに差し替えれる必要がありますし、それで特に問題はないでしょう。

そのほかワンセグ受信機能やおサイフケータイ機能こそ搭載されていないものの、低価格モデルながらハイレゾ音源の再生をサポートするなど、SIMフリー製品のエントリークラスの製品と比較しても機能面ではかなり充実した端末になっています。

2.デザイン

MONO MO-01J  前面
本端末はブラックとホワイトの2色が用意されていますが、特価品はホワイトになります。

スポンサーリンク

MONO MO-01J 背面
4.7インチのコンパクトボディを採用し、電源キーとボリュームキーにはアルミ素材を採用。さらに背面にはガラス素材を採用するなど、デザイン的にはソニー・モバイルの「XPERIA Z3 Compact」に近いものとなっており、とても低価格端末とは思えない質感の高い筐体デザインとなっています。

MONO MO-01J マナーボタン
日本独自で企画された製品であるため、マナーモードに切り替えるためのスイッチが搭載されており、ストラップホールも搭載されているなど、細かい部分にも配慮されています。またIPX5/7レベルの防塵・防水性能を持っているため、急な雨などで端末が濡れてしまうようなシチュエーションになっても安心して利用することができるようになっています。

3.まとめ

MONO MO-01J 店頭販売の様子
MONO MO-01Jはイオシス各店舗、およびオンライン通販にて税込9,980円で販売中となっています。特価品に関しては利用制限▲となっている製品ですが、ショップによる赤ロム保証もしっかりつくため安心して利用することが可能です。なお、製品保証に関しては一か月となります。

もともとのキャリアでの販売価格も異様に激安な端末でしたが、白ロム商品もついに1万円を切った価格で購入できるようになってしまいました。低価格モデルとは思えない質感の高い筐体に普段使いには十分すぎる性能を持ち、ハイレゾ音源にもしっかり対応した本端末の未使用品がこの価格で購入できるのは非常にお買い得といえます。
現在出回っている同価格帯のSIMフリー端末でもここまで充実した製品は珍しいため、格安SIM運用機としても非常にお買い得といえるのではないでしょうか。

MONOに関しては先日後継機となるMO-01Kが発表されましたが、本端末もキャリア端末として当面併売されます。OSもAndroid 7.1にアップデート可能であるため、メイン端末としても十分活用していけるのではないでしょうか。

在庫数は現時点でも45台ほど用意されていますが、激安価格で販売されているためすぐ商品在庫が尽きることが予想されます。気になる方は早めにチェックしたほうがよさそうです。

関連リンク

MONO MO-01J:ドコモ 製品ページ
docomo MONO MO-01J White:イオシス

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    買っちゃいました

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。ご購入おめでとうございます。かのあゆさんは中古や型落ち品に詳しいのですが、スペックを見るとなかなかのものですよね!

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑