セール情報 - HPが限界突破!キャンペーン開催中、低価格機がさらにお買い得に!

公開日: : セール情報

HP 限界突破!キャンペーン
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。HPといえば世界屈指のパソコンメーカーで、日本でも、またウインタブの読者の中でも愛用している人が多いと思います。個人的にHP製のPCは試用したことがあるだけで所有したことはないのですが、ノートPC系だと特にスタンダードノートのジャンルに強い、というイメージがあります。今回はHPの「限界突破!キャンペーン(6月26日まで)」を紹介したいのですが、やはりスタンダードノートの低価格帯の製品に強い割安感があります。

スポンサーリンク

1.HP 15-af100 ベーシックプラス・フルHD キャンペーンモデル

HP 15-af100

セール価格: 40,824円(税込み)

OS: Windows 10 Home
CPU: AMD E2-6110 APU
GPU: AMD Radeon R2(CPU内蔵)
RAM: 4GB
ストレージ: 500GB HDD
ディスプレイ: 15.6インチ(1,920 x 1,080)
光学ドライブ: DVDスーパーマルチ
ネットワーク: 802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0
入出力: HDMI、USB 3.0、USB 2.0 × 2、LAN(RJ45)、オーディオ、SDスロット
カメラ: Webカメラ92万画素
バッテリー: 約6時間
サイズ: 384 × 255 × 24.3 mm / 2.19 kg
製品ページ(HP Directplus):HP 15-af100
icon

いつもウインタブで紹介している低価格帯のノートPCは14インチで3万円~4万円くらいのものが多いです。これらの製品はクラウドブックに近いスペックであることが多く、RAMが2GBだったり、ストレージが32GBしかなかったりしますね。HPのこの製品はセール価格が約4万円なのですが、ひとことで言うと「窮屈な思いはしない」ノートパソコンだと思います。CPUはIntel製ではなくAMD製で、一概にどっちがいいとかは言えませんが、個人的にはAMD製品はグラフィック処理性能は同クラスのIntel製品より高いと思っています。また昔たまにあった「AMDだと特定のソフトウェアが動かない」みたいな話は最近ではあまり聞きませんね。なので、特段意識しなくていいと思います。

RAMは4GB、ストレージはSSDではなくHDDで500GBですが、32GBのeMMCよりは格段に使いやすいでしょう。そしてしっかり光学ドライブもついています。あまり無理をしなければ家庭用のスタンダードノートPCとしては十分に実用的だと思いますよ。そして、ローエンドのノートPCにプラス数千円するくらいの予算追加で、こんなに快適なノートPCが手に入るというのは大きいと思います。

2.HP 14-ac100 ベーシックモデル

HP 14-ac100

スポンサーリンク

セール価格: 40,824円(税込み)

OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Celeron N3050
RAM: 4GB
ストレージ: 500GB HDD
ディスプレイ: 14インチ(1,366 x 768)
光学ドライブ: DVDスーパーマルチ
ネットワーク: 802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0
入出力: D-sub、HDMI、USB 3.0、USB 2.0 × 2、LAN(RJ45)、オーディオ、SDスロット
カメラ: Webカメラ92万画素
バッテリー: 約7時間15分
サイズ:  345 x 241 x 23.9 mm / 1.94 kg
製品ページ(HP Directplus):HP 14-ac100
icon

こちらもスタンダードノートPCですが、ディスプレイサイズが14インチとなり、当然サイズもやや小さく軽くなっています。15-ac100との相違点はディスプレイ以外ではCPUがIntel製であること、そして入出力ポートにD-subが追加されていることです。しっかり光学ドライブもついてますね。ただし14インチサイズでも重量は2 kg弱ありますので、携帯性にこだわらないのであれば15-ac100のほうがいいかな、と個人的には思います。価格も一緒ですしね。「CPUはIntelのほうが安心」ということならこっちのほうがいいでしょうけど。

3.Pavilion 15-ab200第6世代パフォーマンスLiteモデル

HP Pavilion 15-ab200

セール価格: 99,144円(税込み)

OS: Windows 10 Home
CPU: Intel i7-6500U
GPU: NVIDIA GeForce 940M
RAM: 8GB
ストレージ: 1TB HDD(8GBフラッシュメモリ内蔵)
ディスプレイ: 14インチ(1,920 x 1,080)
光学ドライブ: DVDスーパーマルチ
ネットワーク: 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
入出力: D-sub、HDMI、USB 3.0、USB 2.0 × 2、LAN(RJ45)、オーディオ、SDスロット
カメラ: Webカメラ92万画素
バッテリー: 約7時間
サイズ:  384 x 261 x 24-28 mm / 2.29 kg
製品ページ(HP Directplus):HP Pavilion 15-ab200
icon

最後にハイスペックモデルも紹介しておきます。CPUはSkylake世代のCore i7、GPUはNVIDIAの940Mを搭載しているので、非ゲーミングノートとしては十二分に満足できるものだと思います。これ以上のスペックだとゲーミングノートになってしまいますね。

15.6インチサイズのゲーミングノートPCだとマウスやドスパラなど国内のBTOメーカー製品だと13万円台くらいから、ということになりますし、価格以前に筐体がゲームに特化したものになってしまうので、HPのこの製品のようにあっさりとしたデザインでビジネスにも使えそうなものとはイメージがかなり違ってしまいます。

この製品はゲーム専用機としては厳しいと思いますが、非ゲーム用途(4K動画のエンコーディングとかも別としますね)であればひと通りの作業は難なくこなす実力がありますので、家庭用としても仕事用としても長く使えると思います。極めて価格コンシャスにとらえてしまうと、さらに割安な他社製品というのも見つかりますが、HPというブランドを加味すればこれでも十分すぎるくらい割安だと思います。

4.関連リンク

特別価格につき、おひとり様1台まで!限界突破!キャンペーン!(HP Directplus)
icon

Comment

  1. 匿名 より:

    HP 15-af100ってCPUはE1ではなくて、E2ではなかったでしたっけ?

    • wintab より:

      こんにちは、こめんとありがとうございます。記事修正しました。「ベーシック・プラス」ではなく「ベーシック」の方を参照していました。ご指摘いただき助かりました。感謝しております。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑