セール情報 ー FRONTIERの「半期決算スペシャル」でGTX1050搭載ゲーミングノートが10万円切り!8月18日まで、急げ!

公開日: : セール情報

FRONTIER NL
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。お盆休みは本日まで、という人も多いかと思いますが、国内の通販サイト各社ではまだ夏のセールが継続されています。BTOパソコン老舗のFRONTIERでも「半期決算スペシャル 台数限定セール」を開催中です。少し前からスタートしていたのですが、うっかり記事にするのが遅れてしまいました。すみません…。しかし、セール期間が8月18日(金)15時までということなので、まだ全然間に合いますね。
半期決算スペシャル 台数限定セール:FRONTIER直販サイト

スポンサーリンク

私が今回「おお!」と思ったのはゲーミングノートの「NZシリーズ」です。もともとNZシリーズはコストパフォーマンスが高い製品で、そのままでもかなりの割安感があるのですが、セール価格になったことにより、びっくりするくらいの安さになりました!NZシリーズについては以前紹介記事を書いていますので、詳しくはそちらをご覧ください。
FRONTIER NZシリーズ - 15.6インチゲーミングノート、GTX1050搭載で税抜き10万円以下から買える!

1.NZシリーズの基本スペック

OS: Windows 10 Home / Pro
CPU: Intel Core i7-7700HQ
GPU: NVIDIA GeForce GTX1050(2GB)
RAM: 選択制(4GB~32GB)
ストレージ: 選択制(デュアルストレージ可)
ディスプレイ: 15.6インチ(1,920 × 1,080)
ネットワーク:  802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2
カメラ: インのみ2MP
入出力: USB 3.0 × 2、USB 3.0 Type-C、USB 2.0、HDMI、Mini Display Port
     SDスロット、有線LAN(RJ45)、イヤフォン、マイク
バッテリー: 4,200mAh、約2.5時間
サイズ: 378 x 267 x 26.9 mm / 2.1 kg

スポンサーリンク

これが基本スペックとなります。CPUはCore i7-7700HQ、GPUはGeForce GTX1050で固定ですね。また、ディスプレイも15.6インチFHD解像度で固定となります。GTX1050はPascal世代のGTXとしては下位グレードとなりますが、一般的なゲーマーであればそんなに不満が出るようなものではないと思います。また、ゲーミング初心者であればこれで十分でしょう。なので、NZシリーズはゲーミングノートとしての基礎体力といいますか、素性は決して低レベルではなく、2017年現在だと「標準的」なものと考えていいでしょう。

選択の余地がある主要パーツは「OSバージョン、RAM、ストレージ」ですね。OSはともかく、RAMとストレージはカスタマイズ余地が「非常に」大きく、カスタマイズいかんによって大きく価格が変動することになります。

2.セール対象のベースモデル

今回のセールは「台数限定」となっており、3つのベースモデルがそれぞれ限定30台ということで販売されています。

GTX1050モデル

RAM: 8GB
ストレージ: 500GB HDD
価格: 96,984円(税込み)

これが一番ベーシックなモデルになります。GTX1050を搭載しながら価格も10万円切りと激安です。もちろんRAMとストレージについては注文時にカスタマイズできますが、カスタマイズすればお値段も上がっちゃいます。

GTX1050 + M.2 SSDモデル

RAM: 8GB
ストレージ: 275GB M.2 SSD + 500GB HDD
価格: 107,784円(税込み)

こちらは10万円を少し越えてしまいますが、性能のバランスが一番いいと思われるベースモデルです。ゲーミングノートは高性能なCPUとGPUを搭載していますので、やはりSSDは入れておきたいですよね!

GTX1050+大容量インテルSSDモデル

RAM: 8GB
ストレージ: 512GB M.2 SSD + 1TB SSD
価格: 118,584円(税込み)

こちらはストレージを大きく増量したバージョンになります。その割には価格の上昇幅が小さいですよね!

3.カスタマイズしちゃえば結局一緒!?

この製品、グレードが下のベースモデルを選ぶぶんにはカスタマイズで上位モデルと同じ構成にすることができます。実際のところ、最も安い96,984円のものは、もちろん激安なのが魅力ではありますが、Core i7とGTXを搭載しつつストレージがHDDという構成を選ぶのは少しもったいない気がするので、現実的には107,784円もしくは118,584円のモデルをカスタマイズして注文する、ということになるのではないでしょうか?

個人的には107,784円の構成で十分ゲームを快適に楽しめるのではないか、と思いますが、BTOのFRONTIERはRAMは32GBまで、ストレージは「1TB SSD + 1TB SSD」まで増設できますので、あとはお好みで!

4.関連リンク

半期決算スペシャル 台数限定セール:FRONTIER直販サイト

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑