セール情報 - ドスパラの「新生活応援セール」でタブレットとミニPCが大幅に安くなってるよ!

公開日: : セール情報

ドスパラ 新生活応援セール
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。なんだかんだ言って国内系では最も積極的にモバイルWindowsマシンを投入しているメーカーのひとつがドスパラだと思います。そのドスパラが「新生活応援セール(3月30日まで)」を開催中で、詳細をチェックしてみたら、タブレット系とかミニPC系が非常に安くなっていました。もはや中華と比較しても遜色ないレベルになっています。
新生活応援セール:ドスパラ公式サイト

スポンサーリンク

1.Diginnos DG-D11IWVL

ドスパラ Diginnos DG-D11IWVL

セール価格: 32,184円(税込み・32GB)

セール価格: 37,584円(税込み・64GB)

OS: Windows 10 Home 64ビット
CPU: Intel Atom Z8350
RAM: 4GB
ストレージ: 32GB / 64GB eMMC
ディスプレイ: 11.6インチ(1,920 × 1,200)
サイズ: 301.25 × 184.07 × 8.9 mm / 785 g(キーボード込み1,535 g)

これが超目玉かな、と思います。11.6インチ、Atom搭載の2 in 1で、ウインタブでよくレビューしている中華製品とスペック上は似通った製品です。ヒンジ付きのキーボードが付属し、キーボード接続時はほぼ完全なノートPCとして使うことができます。ちなみに、中華製品でもCPU:Atom Z8350、RAM4GB、ストレージ64GB、ディスプレイ:11.6インチの製品だと3万円前後はします。一番安くて「Jumper EZPad 6(3月6日時点のGearbest価格はキーボード込みで22,626円)」かな、と思いますが、並行輸入の中華とドスパラだと初期不良、保証期間内の故障などに対する備えというか、安心感が天と地ほど違います。

また、日本向け製品の場合はキーボードも日本語配列ですし、品質もよく、特にパソコンを初めて買うとか、パソコンの知識にあまり自信がない、という場合は問答無用でドスパラのほうをおすすめします。中華が悪い、ということではなく、「ある程度腕に覚えがある人」におすすめしたいですね。

この製品は型番末尾に「L」がつくものとつかないものがあり、「Lつき」がストレージ64GB、「Lなし」がストレージ32GBとなります。当然「Lつき」のほうが少し高価なんですけど、Windows 10が半年ごとに大型アップデートを実施し、その都度ストレージの空き容量を10GB以上要求するようになっているので、「Lつき」のほうがより快適に使えると思います。この価格は私が知る限り、過去最安値です。

紹介記事:ドスパラ Diginnos DG-D11IWV(L) - 11.6インチ キーボード分離型2 in 1が良スペックで登場!
ドスパラ製品ページ:
Diginnos DG-D11IWVL(64GB)
Diginnos DG-D11IWV(32GB)

2.Diginnos DG-CANPC

ドスパラ Diginnos DG-CANPC 前面

セール価格: 19,980円(税込み)

OS: Windows 10 Home 64ビット
CPU: Intel Atom Z8700
RAM: 4GB
ストレージ: 32GB eMMC
ディスプレイ: なし
サイズ: 約66(直径)×181(高さ)mm / 470 g

スポンサーリンク

ボトルサイズのミニPCです。少し変わったデザインですが、CPUはAtom最上位のx7-Z8700にRAM4GBと、なかなかの性能を誇ります。また、スティックPCや他のミニPCとの顕著な相違点として、「バッテリーを内蔵していること」が挙げられます。バッテリー稼働時間は公称値で約6時間、ウインタブの実機レビューだと「4時間くらい」と評価していますが、そもそもバッテリーがあるとないとでは実用性に大きな差が出ます。例えばちょっと部屋間を移動するとかの場合、バッテリーを内蔵していなければいちいちシャットダウンしなくてはなりませんが、バッテリーを内蔵していれば電源をいれたまま持ち運ぶことが可能です。特にミニサイズのPCの場合、バッテリーの有無は利便性に大きな差をもたらすといえます。

そして、Atom Z8700機が2万円を切る、というのは日本製品としては激安と言っていいレベルです。実機レビュー記事でドラクエベンチをやってますが、AtomでもZ8700は他の製品に搭載されているZ8300(Z8350)より顕著に高性能なんです。この製品の弱点をあえて指摘すればストレージ容量が32GBしかないことですが、それさえ理解しておけば非常にお買い得かつ実用性の高い製品だといえます。

紹介記事:ドスパラ Diginnos DG-CANPC ー バッテリー内蔵が使いみちを広げてくれるミニPC(実機レビュー)
ドスパラ製品ページ:Diginnos DG-CANPC

3.Diginnos DGM-S12Y

ドスパラ Diginnos DGM-S12Y

セール価格: 59,184円(税込み)から

OS: Windows 10 Home 64ビット
CPU: Intel Core m3-6Y30
RAM: 4GB
ストレージ: 64GB / 128GB / 256GB SSD
ディスプレイ: 12.2インチ(1,920 × 1,200)
サイズ: 305 x 210 x 10.5 mm / 本体 約935g、キーボード 約635g

こちらは12.2インチサイズで筆圧対応のスタイラスと専用キーボードが付属する2 in 1です。CPUはCore m(Skylake)、RAM4GB、ストレージもSSDなので、処理性能もミドルクラスくらいにはなるでしょう。キーボードもスタイラスもついて税込み5万円台、というのは非常にお買い得で、国内系の製品としては最安値レベルだと思います。ちなみにRAM8GB、ストレージ256GBなんていう、かなりスペックに余裕のあるモデルもあり、こちらもセール価格で税込み75,384円と、絶対的な金額は大きくなるものの、やはり相当にお買い得だと思います。

紹介記事:ドスパラ Diginnos DGM-S12Y ー 12.2インチ、筆圧対応ペン入力が可能な2 in 1、いよいよ販売開始!
ドスパラ製品ページ:Diginnos DGM-S12Y

4.Altair VH-AD3

ドスパラ Altair VH-AD3

セール価格: 32,378円(税込み)から

OS: Windows 10 Home 64ビット
CPU: Intel Celeron N3450
RAM: 4GB
ストレージ: 32GB eMMC
ディスプレイ: 14インチ(1,366 × 768)
サイズ: 340.6 × 237 × 25.5 mm / 約1.6 kg

14インチの低価格なノートPC「Altair VH-ADシリーズ」の最新モデルです。CPUにApollo Lake世代のCeleronを搭載し、新筐体も採用しています。この価格もまた、中華製品を向こうにまわし、一歩も引けを取らないレベルですね。筺体はさすがに少し安価な印象ですが、基本スペックは高く、ストレージを増設できるドライブベイも備えています。また、重量も1.6 kgと軽量なので、モバイル利用も十分可能だと思います。しかし、Apollo Lake機が早くもこの価格、というのは「さすがドスパラ」と言いたくもなりますね。

紹介記事:ドスパラ Altair VH-AD3 - 14インチ低価格ノートにApollo Lake搭載モデルが追加されたよ!
ドスパラ製品ページ:Altair VH-AD3

5.関連リンク

新生活応援セール:ドスパラ公式サイト

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
Probox
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑