Xiaomi Mi Mix - Xiaomiファンが購入品をレビューしてくれました(読者レビュー:こぷりんさん)

Xiaomi Mi Mix
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回は中国のスマホの読者レビューです。しかし、いつもの読者レビュー企画によるものではなく、読者の方がご自身で購入された製品をレビューしてくれます。レビュアーは「こぷりん」さんで、ウインタブによくコメントを書いてくださっている方です。モノは「Xiaomi Mi Mix」で、私も、また読者の多くも気になっている、かなり前衛的なスマホです。ただ、なにぶん高価格なものなので、ちょっと手が出にくい、というのはありますよね。気になるMi Mix、購入者「こぷりん」さんの、レビューを読んでみましょう!

スポンサーリンク

1.はじめに

私のスマホ経歴(遍歴?)は、iPhone3から始まります。10年くらい前でしょうか。SoftBankがiPhoneを発売するということで、すぐに購入しました。タバコの箱大の大きさで、ネット接続できるのに驚愕したものです。その後、iPhone4や、Xperia、Nexus等を経て、ここ2年ほどはXiaomi製のスマホばかり使っております。その性能とコストパフォマンスに大いに惹かれたからです。

参考までに、パソコン歴は約40年です。初めて触ったのは、SHARPのMZ-80、そして、NECのPC-8001。これは良かったです。BASICやアセンブラを勉強してプログラムを作ったものです。次に、PC-9801シリーズ。これを最後に市販のパソコンを使うのはやめ、それ以降は、自作パソコンを愛用して、C言語やJAVAなどを使う趣味プログラマです。

2.Appleクローンからの脱却

Xiaomiという中国メーカーは、AppleやGoogle、Microsoftの出身者が創設したメーカーで、創設後数年で世界的IT企業となっています。そんなXiaomiですが、よく「Appleクローン」ばかり作っていると言われていました。タブレットのMi Padは、iPadの、スマホのMiシリーズはiPhoneのクローンと言われていました。

Xiaomi Mi 5S
これは、Mi5Sというスマホですが、ホントiPhoneにそっくりです。

Xiaomi Mi 5Sの外箱
これは、Mi5Sが入っていた箱です。箱までiPhoneそっくりで、その蓋の開けにくさまで、そっくりでした(笑)。そんなXiaomiが満を持して出したスマホが、Mi Mixです。昨年の10月頃に発表され、11月上旬にGearBestにてプレセール(事前予約)が始まりました。Xiaomiのスマホは、通例発売後価格が下がっていくのですが、このMi Mixだけは、どうしてもすぐにほしくて、約7万円とXiaomiにしては高かったのですが、すぐに予約しました(ちなみに、Mi Mixはその後、値段が上がり続け、GearBest等では、現在10万円前後となっています。今回に限っては、プレセールで購入できて良かったと思っています)。

さて、予約から数週間後、Mi Mixが届きました。GearBestのいつものグレーの梱包材を開けて、箱を取り出した瞬間、「これは!」と驚きました。真っ黒い箱が入っており、蓋を開けようとしても開かないのです。

Xiaomi Mi Mix 外箱
どうやって開けるのか、試行錯誤していると、辞典の様に横から取り出す形式でした。次に開けようとしてもまた迷ってしまったのですが、蓋が磁石でくっついていました。そして、さらに開けると3連式の箱がつながった高級感のある箱が出てきて、本体と充電アダプター等が入っています。2つめの箱には何も入っていなかったのですが、本来はXiaomi純正のケースが入れられているのではないのでしょうか?間に合わなかったのかなんだか・・・。

Xiaomi Mi Mix 外箱2
この箱を開けた瞬間、「Appleクローンから脱却したな」と感じました。そして、問題のMi Mix本体。私が購入したのは、上位バージョンのUltimateというスマホですが、背面は黒いセラミックが美しく、レンズ周り、指紋認証周りが18金で縁取られていて、高級感があふれています。

スポンサーリンク

Xiaomi Mi Mix 他機種と比較
そして、話題の表面。3面ベゼルレス、画面占有率91.3%のスクリーン。驚愕です。画面サイズ5.5インチのiPhone7Plusとほぼ同じ大きさながら、画面サイズ6.4インチを実現しているのです。

Xiaomi Mi Mix 外観1
有名な方がデザインされたそうですが、スマホ本体も、ついにAppleクローンから脱却したな、と感じた一瞬でした。すべてが美しいのです。

Xiaomi Mi Mix 背面
背面です。18金が輝いています。持つ者の心をくすぐるスマホです。

3.画面フィルムについて(ちょっと余談)

せっかく購入したMiMixですから、この大画面を保護したくなります。しかし、新製品のためか、専用のフィルムが発売されておりません。そこで、ウィンタブ様の記事を思い出し、PDA工房様に問い合わせたところ、本製品のフィルムは未発売であり、無償で作っていただけるとのこと。ある意味、幸運でした。そして、作っていただいたフィルムが貼られたMi Mixがこちらです。

Xiaomi Mi Mix PDA工房のフィルム
見事に3面ベゼルレスを活かしたフィルムとなっています。これでこそ、Mi Mixを活かしたフィルムです。日本の技術はすばらしいです。

4.MiMixの性能など

Xiaomi Mi Mix Antutu
ANTUTUのスコアです。脅威の16万点超えです。どんなゲームでもスムーズ、サックサクです。

Xiaomi Mi Mix Yahoo
お馴染み、ヤフーのトップ画面です。PC用画面ですが、表示領域が広いので、とても見やすいです。

5.今後

Xiaomiのサイトで、Mi Mix用のカスタムロムを見つけましたので、TWRPなどを使って、ロム焼きして、いじってみようかな、と思っています。ただ、Mi Mixについては、1つだけ欠点が。この端末を手にすると、他メーカーのどんな新製品にも食指が動かないのです(笑)。 ZTEやHUAWEIが新製品を出していますが、Mi Mixを持ってしまうと、「あ~」と思ってしまうのです。そんな私は、Xiaomi大ファンです。次なるXiaomiの手に、大いに期待しております。

また、ウィンタブ様の記事を参考に購入したChuwiのHi8ProをAndoroidOnlyにカスタマイズして使用していたのですが、Mi Mixを手に入れたことにより手放しました。Mi Mixで充分だと思ったからです。

なお、Mi Mixは、GearBestやBanggodなどで、時々セールで7万円程度で販売されていますので、そのときが購入のチャンスだと思います。

6.関連リンク

Xiaomi Mi MIX:Banggood
Xiaomi Mi MIX:Gearbest
Xiaomi Mi MIX:geekbuying
※この製品にはRAMやストレージに複数の構成があります。ご注意下さい。

スポンサーリンク

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑