Blackview BV8000 Pro - タフなスマホを本当に「タフな現場」で使ってみました!(読者レビュー:仙鶴さん)

Blackview_bv8000_pro 読者レビュー
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回は中国のアウトドアスマホ「Blackview BV8000 Pro」の読者レビューです。レビュアーは「仙鶴さん」で、工事現場の現場監督をなさっているとのこと。まさにプロフェッショナルな環境にある人なので、この製品のレビュアーにはすごく適任なのでは?と思います。では仙鶴さんのレビューをどうぞ!

スポンサーリンク

1.はじめに

初めまして。仙鶴と申します。今回 Win-tab様から「Blackview BV8000pro」のレビューの機会をいただきまして、記事を書かせていただきます。不慣れではありますがよろしくお願いします。

私は工事現場の現場監督を仕事にしております。建設現場もここ数年で様変わりし、スマホ・タブレットの活躍の機会が増え、今ではかかせないツールとなりつつあります。図面の確認や指示の確認。施工状況の確認。TV電話機能を使っての直接指示などさまざまな事が出来るツールとして役立てています。特に工事写真撮影は、CALS/EC(建設CALS)の普及と相まって、様々な工事用黒板アプリが無料で提供され、かつては重い図面と黒板、チョークに黒板消しとデジカメをセットで持ち歩いて撮影していたものが、今ではスマホ(タブレット)1つで事足りるようになり非常に楽になりました。雨天時は黒板が濡れ、チョーク文字が雨に打たれ撮影を諦めていたのが懐かしいです。その様な使用環境下に限定されますが、私はタフネス型スマホに非常に興味があり、この様な機会をいただきましてWin-tab様、製品ご提供のBanggood様に重ねて御礼申し上げます。真にありがとうございます。

2.外観・印象

Blackview BV8000 Pro 同梱物
内包物に関しましては一通りの物が入っておりました。コンセント形状が異なりますが、ウインタブ読者の方々は既にアダプターをお持ちでしょうし問題ないでしょう。(右上)また今回は専用の液晶保護フィルム(9H高硬度保護フィルム ノングレア)を同時にいただきました。製作・ご提供いただいたPDA工房様にも厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。実機にはすでに装着済で到着致しまして写真に写っているものは予備となります。(右下)Win-tab様に教えていただいていなければ、未だ貼り付けてないと勘違いするほど絶妙なカッティングでした。実機液晶のフィルム無しの状況も試して見たく思いましたが、あまりに綺麗に貼られているのでもったいなくて剝がせませんw

すでに詳細についてはかのあゆ様がレビューをなさっておりますので私はここでは割愛させていただきます。

ただ、simはnano+nanoですね。

Blackview BV8000 Pro SIMスロット
また、防水・防塵・強度性能に関しても様々な動画で上がっておりますのでそちらを参照していただきたく思います。


落下テスト


拷問テスト


車で踏むテストw

もう見ていてスマホがかわいそうになってきます。ここまでやらなくてもいいのにって感じです。メーカー競い合ってタフネスさをアピールしているのでしょうから一応信憑性は高いのではないでしょうか?(さすがに30M落下で無事ってのは無いのでは・・・いつか試してみようかな?w)

まず、さすがにでかくて分厚いです。普段使いのASUS ZenFone2 Laser (ZE500KL)と比較すると同じ5インチ液晶と思えないでかさです。

Blackview BV8000 Pro ZenFoneと
Blackview BV8000 Pro ZenFoneと
厚みもありますし、女性の手には余るかもと思われますが、IP68性能と引き換えになりますので致し方ないところだと思います。最新の薄型のスマホなど、パッキリいきそうで逆に怖くて私には使えない。5.5インチのASUS ZenFone2 (ZE551ML)と比較しても、短辺方向はほぼ同寸。長辺方向が少し長いくらいとなり、5インチと言うより5.5インチスマホと考えておけばいいと思います。片手で持つと親指が電源ボタンに触れてしまう事が多く、電源ボタンは上にあったほうが良かったかな。

重量の件ですが、様々な所のレビューで「重い、重すぎる」との声を見かけましたが、私にとっては予想の範囲内で特別重いという印象は持ちませんでした。と言うのも、私は普段使いのZenFone2 Laser にブック型カバーを付けています。カバーをした状態のZenFone2 Laser が236gでBV8000proは242g(共にmicroSD装着済)でしたのでほとんど変わらないです。さらに仕事柄スマホはネックストラップが必須であり、作業着の胸ポケットに入れておりますので、全く今までと同じ重量感で使用が出来ています。

Blackview BV8000 Pro
既にボロボロなZenFone2 Laserのカバーw(右)

ここで、残念な事にBV8000proはストラップホールがありませんでした。(ZenFone2 Laserもありませんが、カバーに鳩目処理して使用)せっかくのタフネススマホ。カバー等を付けたくなかったので、100円ショップにてイヤホンジャックを購入。これがあつらえたようにジャストフィット。首からぶら下げても抜け落ちるそぶりさえ見せません。

Blackview BV8000 Pro
デザインは中華他メーカーのタフネススマホの”いかにも”感が感じられず、おとなしめ(?)で私には好印象です。おもちゃっぽさが無く、プロ用のメカメカ感が大変気に入りました。質実剛健って感じですね。この辺りは個々人好みが分かれる所だと思います。仕事用の普段使いのスマホとしてはお薦めのデザインだと思いますが、ただ1つ、自己主張の強烈な正面下の「IP-68」は・・・う~ん、って感じですw

液晶に関しては「SHARP製 IGZO液晶のFHD」とカタログには載っています。非常に発色が良く、外部使用においても見えづらいという事はほぼありませんでした。

Blackview BV8000 Pro 液晶
また、水中にも早速入れてみましたが何の問題もありません。

Blackview BV8000 Pro 水中に
水中での動画もなんなくこなします。これぞアウトドアスマホの真骨頂w 水中から出してからも通信系、液晶共に問題なく使用できました。が、若干の不安もあります(後述します)。

一応、ベンチマークも測ってみました(アプリ等入れた後の状況です)。

Blackview BV8000 Pro Antutuベンチ
ZenFone2 Laserの数値は「27,069」でしたので格段にスムーズです(当たり前ですがw)ゲーム等はほとんどやらないので十分過ぎる程動いてくれます。液晶が精細な事と、スペックが高い事により図面等を見たりする時もストレスを感じません。PDFデータやJWWデータが多い建設業界ですが、苦も無くこなします。

Blackview BV8000 Pro
Blackview BV8000 Pro
このようなデータも(左上を拡大)

Blackview BV8000 Pro
ここまで拡大出来ますし、読み込みもさすがに早いです。ZenFone2 Laserではさすがにイラッとくる時もありましたし、仕事使いの7インチダブレット(Huawei MediaPad T2 7.0 Pro)よりも使い易い印象です。確かに見え方としては7インチタブの方が画面が大きい分見易いのですが拡大縮小、スクロールのスピードが速いのでBV8000proの方が効率良く作業できます。

3.使用感

普段使いにおいては全く問題ない性能だと思います。特にストレスなく操作が出来るのではないでしょうか。私はスマホでは全くゲームを行わないので3D系ゲームを行う方にとっては物足りなさもあるかもしれませんが、十分すぎる性能だと思います。

スポンサーリンク

指紋認証も素早く正確で1度も誤認証を起こしていません。濡れ手でも反応しますし、指紋認証センサの位置も右側面中央にあり、背面にある機種や正面下部にある機種より私には操作しやすいです。

日本語化に関しましては、独自系なものが英語表記になる位で、あとは普通に出来ますのでおそらくほとんどの方は不都合なく使用できると思われます。また独自アプリは少なく好印象です。「Outdoor Toolbox」と言う、”いかにも”のツールがありますが、どれも役に立ちそうなアプリで重宝しそうな感じです。

Blackview BV8000 Pro 付属アプリ
設定にて日本語化されないものに関しては「DuraSpeed」(説明は日本語化されています)がバックグラウンド管理。「Smart Assistant」はどれもアイコン等でなんとなく解る範疇だと思います。

Blackview BV8000 Pro
Blackview BV8000 Pro
Blackview BV8000 Pro
Pocket dial や SOS settingsの文字も見えます。NFC機能は残念ながらわかりませんでした。日本では使えないのかな?バッテリーも4,180mAと十分な量であり、私の使い方ではまるまる2日持ちます。充電も早く、なんの問題もありません。OTGケーブルも付属し、サブバッテリーとしての使用も出来るらしいです。私にとっては機会は無さそうですが、人によってはこの機能もありがたい事でしょう。

意外にも(と言っては失礼ですが)スピーカーが良いです。音質はともかく(モノラルなので)MAX音量にしても音割れがほとんどありません。さらに水中でも聞こえます。入浴中に動画や音楽を流したい人にとっては嬉しい限りではないでしょうか?

4.カメラの使用感

さて、それではメイン使用の工事用電子小黒板を使ってみます。様々なアプリが存在する中で、私はwise社の「電子小黒板 PhotoManager」を使用しております。

写真管理業務もずっと「PhotoManager」を使用している関係もあり、無料のこのアプリをずっと使っております。簡単で余計な機能の無いシンプルさが気に入っています。

Blackview BV8000 Pro
特にセッティング無しの素の状態で行いました。

<晴天時 屋外撮影>
まずはBV8000pro 1600万画素
Blackview BV8000 Pro

ZenFone2 Laser 1300万画素
Blackview BV8000 Pro

MediaPad T2 7.0 Pro 1300万画素
Blackview BV8000 Pro
国交省のデジタル写真管理情報基準では、黒板の文字が確認できる画素数の指標を100~300万画素としてあります。「各写真の着目点が確認できれば、有効画素数自体を規定していない」との事なので、画素数に関しては良すぎる方となります。

比べてみた印象ですが、タイヤの色等実際の色彩はBV8000proが一番近く、他2機種はオレンジっぽく写りました。拡大してもさすがに1600万画素と1ランク上なので「simano]の文字がはっきりしています。しかしながら、BV8000proの写真は全体に白く霞かかっている印象を受けます。カメラレンズはsamsung製 F値2.0 らしいのですがカメラ設定を少しいじらないといけないのかもです。逆に鮮やかさから言えば、MediaPad T2 がくっきりしており、ZenFone2 Laserも負けてはいない感じです。

<屋内暗所フラッシュ撮影>
BV8000pro
Blackview BV8000 Pro

ZenFone2 Laser 
Blackview BV8000 Pro

MediaPad T2 7.0 Pro 
Blackview BV8000 Pro
これは真っ暗闇の中でフラッシュをオートにして、ピント合わせを自動で行わせた写真となります。実際この様なシュチュエーションで撮るケースも工事現場では多々ありますのでテストしてみました。天井の中を撮影したりする時にピントがあってくれるかのテストとなります。

これを比べてみると、BV8000proは暗所に若干弱いかな?と言う印象を受けます。ノイズがかなり残り、全体に荒く写ってしまいました。ピントも甘く多少ボケ感があります。MediaPad T2 7.0 Pro になると更に上を行く感じで輪郭すらはっきりしていません。意外にもZenFone2 Laser は素直な写真が撮れました。ピント合わせが速いのではないでしょうか?

一般的に中華スマホのカメラは暗所に弱いと良くいわれているみたいですが、この程度なら許容範囲内かなとも私には思えます。ただ、たまたまかもしれませんがZenFone2 Laserの写真が程良く写ってしまったのでカメラ性能に関しましては微妙な結果となってしまいました。尚、水中カメラは今回は試せませんでした。海や川に行く機会がなかったからですw 今後機会があれば是非にやってみたいと思っています。

5.少しだけ気になった点

剛性感、性能面においてはほぼほぼ大満足の機種なのですが、少しだけ気になった点も書いておきます。

・カチャカチャ音
コメント欄にも書かれておりましたが、音量ボタン、電源ボタン等の金属系ボタンの遊びが多く、振るとカチャカチャ音がします。最初は中の部品が何かはずれているのではないかと思いました。質感が良いだけにもったいないです。

・画面タッチ反応が少し悪い。
多少水に濡れていても反応してくれるのですが、10回に1回は通常タップの反応が無い時があります。ゆえに日本語入力時には少しイラつく時があります。個体差なのかフィルムを貼っているからなのかはわかりません。(あまりにフィルムが綺麗に貼られているので剥がせませんw)

・USB挿入口とイヤホンジャック
Blackview BV8000 Pro
先に触れましたが、USB口とイヤホンジャック口にカバーがありません。ここには金属端子があるはずなので、大抵の「IP68」を謳うスマホには防水カバーがあると思われますが、この機種にはありません。もしやカバーをしなくてもクリア出来ると言う自信なのかもしれませんが、少し不安があります。どこで見たか忘れましたが、「濡れた場合はドライヤー等で乾かしてください」みたいなBV8000proの記述を見ました。

・バイブレーションが弱い
私はスマホは常にマナーモードで胸ポケットに入れていますが、着信時のバイブレーションがかなり弱く気が付かないことがあります。BT接続にてスマートウォッチ(ASUS ZenWatch2 )を使用していますのでウォッチのバイブで着信を知る次第です。無論手に持っている時はしっかりバイブはしていますが、この機種はラバー部が振動さえ吸収しているのでしょうか?躯体がずっしりとしていますので致し方ないのかもしれません。

・予備USB-Cケーブルの件
USB挿入口の奥まったところに端子があるので、市販のUSB-Cケーブルでは端子が届きません。致し方ないのかもしれませんが、予備ケーブルが使えないのは辛い場面があります。100円ショップのUSB-Cケーブルを自作でプラ部分をカットし、金属端子部分を長くして使用しています。かなり怪しいですが、充電は一応できています。

6.まとめ

このスマホは好みと使い勝手でかなり評価が分かれると思いますが、こと私の様な現場作業者にはうってつけの機種だと思います。防水・防塵に優れ、性能も高いので、この様な機種を探してらっしゃる方も多いのではないでしょうか。私の周りでは割れたり傷だらけのスマホをそのまま使用している者があちこちに見かけます。なにせ、落としたり何かにぶつけたりするケースが非常に多い職種ですので、2次産業系のお仕事の方にまさしくお勧めしたく思います。

また、この手の国産スマホは京セラのTORQUEシリーズほぼ一択となり、中華スマホに活路を求めたau以外のユーザー様はたくさんいらっしゃると思います。しかもTORQUEは高額であり、BV8000proの様なコスパに勝る中華スマホは、仕事用のみならず、アウトドアのスマホとしてもかなりのメリットと所有感を満たしてくれるのではないでしょうか?とても2万円台のスマホとは思えない出来の良さだと思います。

「IP68」性能と引き換えに、少々の”ごつさ”と少々の”重さ”に慣れられる方ならば是非ともお勧めしたい機種であり、振動などの悪条件下にも耐えてくれそうなタフネススマホは重宝すること間違いなしと思われます。

長々ととりとめの無いレビューでしたが、少しでもご参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

7.関連リンク

BlackView BV8000 Pro : Banggood
※レビュアーが使用している製品はBanggood提供品です。

スポンサーリンク

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑