FRONTIER NLKRシリーズ - 15.6インチ、第8世代Core iプロセッサー搭載のスタンダードノート

FRONTIER NLKRシリーズ
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。老舗BTOパソコンメーカー「FRONTIER」が15.6インチのスタンダードノートを発売しました。「NLKR」シリーズというのですが、ウインタブでは以前「FRONTIER NLK」を実機レビューさせてもらったことがあります。まさに王道と言えるスタンダードノートで、奇をてらわず、非常に使いやすい製品でした。

スポンサーリンク

新製品「NLKR」と「NLK」は型番こそよく似ていますが、CPUが第7世代(Kabylake)から第8世代(Kabylake R)のCore iプロセッサーに変更されただけでなく、筐体も新しくなっています。ちなみに「NLK」の「K」ってKabylake、「NLKR」の「KR」ってKabylake Rのことなんでしょうね、きっと…。

1.スペック

FRONTIER NLKR スペック表
FRONTIERはBTOメーカーなので、OSのバージョン、CPU、RAM、ストレージ構成をカスタマイズできます。FRONTIER製品は全般にカスタマイズ余地がかなり大きくなっていて、ドスパラやマウス以上と言えるかもしれません。

NLKRシリーズのCPUは第8世代のCore i5もしくはi7となり、Celeron、Pentium、Core i3は選べません。なので、FRONTIERの中でも上位に位置するモデルと言えます。RAMは最低構成だと4GBですが、最大で32GBまで搭載可能、ストレージは物理的に2基搭載可能で、SSD + HDD、SSD + SSDといった構成もできます。ちなみに最大容量・最高速のパターンだと1TB M.2 SSD + 1TB SSD(2.5インチ)となります。もちろん価格はめっちゃ高くなりますけどね。

ディスプレイは15.6インチのFHD解像度で、TNなのかIPSなのか記載はありませんでした。ちなみにNLKシリーズは実機レビューでの感想だとTNだったと思います。

入出力ポートは非常に充実していて、Type-Cを含みUSB 3.0が2つ、USB 2.0が2つ、HDMI、D-sub、有線LANと、ビジネスでもプライベートでもほぼ不足を感じないレベルになっています。デザイン優先の製品というのも悪くはないですが、FRONTIERはどちらかと言うと機能優先、質実剛健な製品が多いですね。

サイズのほうはNLKシリーズから若干変わっていますが、それぞれミリ単位、コンマ何ミリ単位での違いしかありません。また重量の2.2 kgというのはNLKと同じです。最新の15.6インチスタンダードノートの場合、ベゼルが細いタイプだと横幅が360 mmくらいのものが多いのですが、この製品は「ベゼルが普通」なので、特段小さいということもありません。

2.筐体

FRONTIER NLKRシリーズ 正面
見たところ、ごく普通のスタンダードノートです。NLKシリーズと比較すると、エッジ部分がやや角ばっているのですが、並べてみないとわからないレベル。また、筐体色は少し明るくなりました。NLKはブラックでしたから。

スポンサーリンク

FRONTIER NLKRシリーズ 天板
天板です。ロゴすらない無国籍っぽい感じで、これが逆にFRONTIERらしいと言えなくもないです。デザイン重視の製品の対極に位置するって感じで、個人的には逆にこっちのほうがカッコいいとすら思います。

FRONTIER NLKRシリーズ キーボード
キーボードです。メーカー公表値だと「キーピッチ約1.65 mm / キーストローク約1.8 mm ± 0.20 mm」となっていますが、誰の目で見ても誤りですね、これ。キーピッチ1.65 mmのキーボードで高速タイピングとかができたら、テレビに出演できますね、きっと。

NLKのほうは「キーピッチ18.8 mm、キーストローク1.4 mm」となっており、画像を見る限りNLKRとNLKのキーピッチは同じように見えますので、おそらくNLKRもこのくらいのキーピッチと思われます。

FRONTIER NLKRシリーズ 側面と各部名称
側面と入出力ポートの配置です。やはり充実していますよね!あと、光学ドライブは標準で装備されます。

FRONTIER NLKRシリーズ 背面
それともう一つ。この製品はバッテリーが着脱式です。実用本位で考えると当然バッテリーは簡単に交換できたほうがいいに決まってますが、最近のスタンダードノートはバッテリーが着脱式でないものが非常に多くなっていますので、もはやこの構造はアドバンテージ、と言っていいかもしれません。

3.価格など

FRONTIER NLKRシリーズはFRONTIER公式サイトで販売中で、ベースモデルの価格は下記のとおりです。

基本モデル(Core i5/4GB/500GB HDD):78,624円
おすすめA(Core i7/8GB/1TB HDD):93,744円
おすすめB(Core i7/8GB/525GB SSD):107,784円
※税込み価格

試しに基本モデルのRAMを8GBに、ストレージを275GB SSD + 500GB HDDに変更してみたら、税込み98,712円となり、これでも10万円を切る価格となりました。

NLKRはどちらかというとビジネスマシン的な性格が強いと感じます。それはそっけないデザイン、充実した入出力ポートによく現れていると思います。HPとかNEC、富士通のスタイリッシュな新製品もいいんですけど、こういう質実剛健なPCって魅力的ですよね!

4.関連リンク(FRONTIER)

NLKRシリーズ

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑