Intel Compute Stick - 手のひらサイズのWindows PC、マウスm-Stickにそっくり!

公開日: : 最終更新日:2015/04/09 その他メーカー , ,

Intel Compute Stick

Intel Compute Stick

こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。昨年末にマウスコンピューターが手のひらサイズ(パッと見た感じ大型のUSBメモリー)のPC「m-Stick MS-NH1」を発売しています。非常に魅力的な製品で、発売開始後数分で初回ロットが完売、という爆発的な売れ行きであった、ということですが、ウインタブでは記事にしてませんでした(失敗)。

スポンサーリンク

で、今度はCES 2015でIntelがスティック型のPC「Compute Stick」を発表しました。ちょうどいい機会なので、マウスコンピュターのm-Stickと比較しつつ紹介します。

1.スペック

Compute Stick

CPU: Intel Atom(型番不明)
RAM: 2GB
ストレージ: 32GB eMMC
ネットワーク: Bluetooth 4.0, 802.11 b/g/n
入出力: USBポート×1(充電にも使用)、HDMIポート×1
サイズ: 長さ約10センチ、重量約42g

発表されたばかりなので詳細なスペックが公表されておらず、現在わかっているのはこれだけです。

m-Stick MS-NH1

マウス m-Stick MS-NH1

マウス m-Stick MS-NH1

マウス m-Stickのスペック表

※クリックで拡大します

m-Stickのほうはすでに販売されて(といっても2015年1月8日現在のステータスは「入荷待ち」)いるので、詳細にスペックを確認できます。

結論から言って、Compute Stickとm-Stick、ほとんど同じといっていいくらいによく似たスペックです。CPUはCompute StickはAtomということ以外は不明ですけど、海外メディアNeowinによると「BayTrailである」ということですし、RAMが2GBですから、m-Stickと同じZ3735Fである可能性が非常に高いと思われます。

CPU以外の部分、RAM、ストレージ、Bluetoothや無線LAN、入出力インターフェースなど、わかっている部分はほぼ同一で、サイズも相当似通っています。デザインのほうもそっくりですが、Compute Stickのほうは排熱によさそうなスリットがついていますね。

スポンサーリンク

m-StickのほうはOSがWindows8.1の1グレード構成であるのに対し、Compute Stickは上記スペックのWindows8.1モデルのほか、RAM1GB、ストレージ8GBのLinuxモデルも用意されています。

これらスティックタイプのPCはHDMIを使って外部のモニター(液晶テレビなども可)と接続しないと使えませんが、スペックだけ見るとWindowsタブレットに非常によく似ていますので、タブレットを持っている人はどの程度の性能なのかイメージしやすいですね。

2.価格

Compute StickのほうはWindows8.1モデルが149ドル(約17,700円)、Linuxモデルが89ドル(約10,600円)で発売予定時期は「2015年中」、m-Stickのほうは19,800円(税込み・送料込み)となっています。スペックもそっくりですが価格の方もそっくりですね。

3.どう使う?

m-Stickをモニターに接続

m-Stickをモニターに接続

スティックタイプのPC、もちろんこのままでは使い物になりません。「画面」と「マウス」「キーボード」が必要です。画面(テレビやPC用ディスプレイ)との接続はHDMIで行ないます。というか「テレビのHDMI端子にスティックPCを差し込む」といったほうがわかりやすいですね。そしてUSBかBluetoothでマウスやキーボードを接続することになりますが、Bluetoothの場合はともかく、USBポートは1つだけなので、常識的に考えてハブを用意しないと不便でしょうね。

なので、価格が2万円を切る、と言ってもPCとして使うためにはそれなりの追い金が発生することになります。そうすると今度は7インチ、8インチのタブレットよりも高価格になってしまうので、価格面でのメリットは小さい、ということが言えそうです。多少サイズが大きくてもいいのなら「ディスプレイついてる方(つまり、タブレット)がよくね?」という結論になる人も多いのでは?

また、ビジネスシーンで客先に持ち込んでプレゼン、ということを考えた場合、モニターをどうするのか、という問題(お客さんが貸してくれればいいですけどね)がありますし、キーボードとかマウス、あとケーブル類を持ち歩くことになるので、実はそんなに小さく、そして軽くはならないのでは?という疑問もあります。

自宅の大画面テレビのHDMI端子に常時ぶら下げておいて、必要があるときに起動し、大画面でWebブラウジングや動画視聴、また艦これなんかをやるのにはよさそうですけど、そうすると逆にモバイル性がなくなっちゃいますね。

ただ、「小型デバイスおたく」の興味はひきますよね、確実に。

4.関連リンク

Intel® Compute Stick:Intel公式ページ(英語)
Intel shoves a Windows 8.1 PC in a stick, sells it for $149.99:Neowin(英語)

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
Probox
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑