Windows 10 RT ? - ひょっとしたら出てくるかもよ 海外ニュースから

公開日: : オピニオン ,

Windows 10 RT?

出所:Neowin

こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。「Windows RT」というOSがありますね。日本だとSurface RTとSurface 2に搭載されていましたが、当時のWindows 8(8.1)そっくりなモダンUIの画面レイアウトを持ちつつ、基本的にWindowsストア(現Microsoftストア)のアプリしか使えない、というものでした。残念ながら日本を含め全世界的に普及することはなく、Windows 10へのアップグレードもありませんでした。

スポンサーリンク

現在でもこのOSを愛用しているユーザーはいると思うので失礼なことは書けませんが、大多数の読者の方にとっては「忘れられたOS」になっていると思います。しかし、複数の海外ニュースサイトで「Windows 10 RT」の存在を示唆する事実が見つかった、という趣旨の記事が掲載されていました。以下、これらのニュースサイトの記載に基づいて紹介します。

1.どこで見つかった?

Device Guardのスクリーンショット

クリックで拡大します


Windows 10のバージョンで「Windows 10 Enterprise」というのがあります。大企業向けの製品なので個人ユーザーにはあまり縁がありませんし、大規模企業の社員の人でもシステム担当者とかでないと内容を理解してはいないと思います。もちろん私も使ったことはありませんし、このOSの何たるかを語ることはできません。

Windows 10 Enterpriseに「Device Guard」という機能が実装されています。この機能を使うと「信頼されているアプリケーション以外は実行できなく」なります。つまり、システム担当者が指定するアプリしか使えなくなる、ということですね。

上の画像は「Device Guard」のスクリーンショットで、海外ニュースサイト「Neowin」から引用しています。かなり小さくて見にくいですが赤枠のところに「Windows 10 RT」という記載が見えます。

で、今回わかったのはこれだけです。MicrosoftはRT版を作るとは一言も言っていませんし、もっと信ぴょう性の高い流出画像というのもありません。しかし、海外ニュースサイトでは

スポンサーリンク

Nevertheless, this could be a sign of a future Microsoft product, likely a version of Windows that runs on ARM PCs and tablets. If there’s more to know, it’s likely that we’ll find out at Build.(出所:Neowin)

ウインタブ訳:
ともあれ、これはMicrosoftの将来の製品のサインかもしれない。その製品はARMプロセッサー搭載のPCやタブレットでも動くWindowsのバージョンだ。ひょっとしたらBuild(3月30日から開催されるMicrosoft主催の開発者カンファレンス)で何か新しいニュースが出るかもしれない。

という話になっています。どうなんでしょうね?こういう前向きな予想もできますし、「Microsoftが当初開発するつもりで結局お蔵入りしたOSの遺物が表記上残っているだけ」とネガティブな理解もできると思います。

2.誰が使うの?

仮にWindows 10 RTがリリースされるとしましょう。Windows 10とWindows 10 Mobileはストアの統合(もちろんアプリのユニバーサル化)やContinuumの実装など、着実に、少しづつ融合化の傾向が進んでいると思います。Windows 10 RTは両者の中間に位置することになると思いますが、はっきり言ってその必然性というのが理解できません。現行のWindows RT 8.1ユーザーがアップグレードできるような配慮なのであればそれは歓迎すべきことですが、そうじゃなくて新たにOSとして立ち上げる意味がわからないですね。

これに対し、海外ニュースサイト「Windowsreport 」は

maybe ‘the new’ operating system will be aimed to Enterprise users only. And this could ignite some further discussions how Microsoft could be planning this move to take on Chromebooks.(出所:Windowsreport)

ウインタブ訳:
(情報の出どころがDevice Guardであったことと、Windows RTというOSがストアアプリしか使えないということを根拠に)「新しい」OSは大規模(企業)ユーザーのみを対象にするのかもしれない。そしてこの動きによってMicrosoftがどのようにしてChromebookへの対抗策を取るのか、という議論に火をつける事にもなりそうだ。

と書いています。うーん、Chromebookかあ…。私は現在会社勤めをしていないのでChromebookがどのくらい企業に適したものなのかはピンときませんが、確かにストアアプリしか使えないということなら生産性がどうなるかは別としてシステム管理は容易になりそうですね。個人的にはChromebookを試用した際、フルWindowsのユーザーなら満足できないと感じましたけどね。

この話、まだ全然「やわらかい」レベルなので、信ぴょう性がどのくらいあるのかわかりません。Neowinが書いているようにBuildで新しい話でもあればまた記事にしたいと思います。

3.引用元サイト

Windows 10 RT shows signs of existence:Neowin
Windows 10 RT is Allegedly in the Works:Windowsreport

Comment

  1. あるえふ より:

    「Windows 10 Mobile」の記載がないので、単にWindows 10 Enterpriseリリース開始時の記述が残ったままなだけのような気がします。
    記事中でも書かれたとおり「お蔵入りした部分が残っている」か「本来は Windows 10 Mobile に書き換えられるべき部分」のいずれかだと思います。

    • wintab より:

      あるえふさん、こんにちは、コメントありがとうございます。私も同感なんですけど、夢があっていいかな、と…

  2. 匿名 より:

    Windows 10 MobileってRTと何が違うの?

    • F より:

      そのものでしょうねw

    • wintab より:

      こんにちは、コメントの返信が遅れてしまい、すみません。Windows 10 Mobileは電話用のOS、RTはARMで動くWindows、ということなのですが、W10Mのほうが進化してきたのでユーザーレベルだと差がなくなってますよね。

  3. 匿名 より:

    W10M=windowsRTとWP8からOS統合したもの

    Win10 Iot Enterprise (UWP+Win32)= x86専用、キオスク・シンクラ向け

    IoT Mobile Enterprise (UWP)= x86/ARM、業務小型端末

    IoT CorePro (UWP)= x86/ARM、IoT Coreの業務バージョン

    windows10RT・・・・?
    わけがわからないし居場所が無い

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。返信が遅れてすみませんでした。やっぱこの話はネタと思ったほうがいいんでしょうね。

  4. 匿名 より:

    「忘れられたOS」といえば「WindowsMe」を忘れちゃいけない!

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
Probox
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑