あけましておめでとうございます(2018年元旦)

公開日: : オピニオン

あけましておめでとうございます2018
新年あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。読者あってのウインタブ、皆様のお役に立てるような記事を掲載すべく努力いたしますので、本年もなにとぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

さて、新年の抱負のようなことを少し書かせていただきます。ウインタブではサイトの活性度の物差しとしてページビュー数とユニークユーザー数を重視していますが、2017年は「横ばい」といった感じでして、新しい読者を思うようにお迎えできていないと感じます。また、昨年末(というかついさっき)公開した振り返り記事で触れたとおり、私自身2017年のウインタブの記事づくりには納得しておりません。

1.メリハリのある記事づくり

メリハリ
ウインタブは「情報サイト」であると思っています。情報サイトの記事には「速報性」と「解説」が必要です。新製品やセールの情報はできるだけ迅速に公開し、読者がタイムリーに情報収集できるようにする必要があります。一方でパソコンやスマホを使っていて「ここがわからない」と言う人のためにわかりやすく解説したり、「予算5万円でパソコンを買いたい」と思っている人に、製品選びのヒントになるような解説をしたり、といったことを(特に初心者に向けて)発信していきたいと思ってます。

両者の記事の書き方は異なるんだろうと思います。新製品紹介であれば、最低限スペックと簡単な特徴、そして発売日があればあとは読者が自分でメーカーサイトなどを見て確認することができます。セール情報も同様で、開催期間、目玉となる施策などを簡単に説明すれば、あとは読者がセールページを見て確認できます。なので、これら速報性が必要な情報については、2017年とは書き方を変えて、シンプルな内容にしていきたいと思います。

2017年に最も不足していたのは「解説系」の記事だと思います。WindowsやAndroidの基本操作、便利なフリーソフト、予算別、製品種類別のパソコン・スマホ購入ガイドなど、自分の経験も交えながら、わかりやすく、自分の意見も交えながら書いていきたいと思います。

サイト運営者として「ある程度定期的に、一日3本くらいの記事を書きたい」というのが従来の考え方だったんですけど、2018年は公開する記事の数ではなく、記事の品質を重視する方向にしていくつもりです。なので、新製品が一斉に発表された日にはたくさんの記事を公開することになるでしょうし、そうでない日は一日に1本だけ、ということもあるかもしれないです。要は読者に有益な情報がしっかり掲載されている、ということが大事なんで、ある意味サイト開設当初に心がけていた姿勢に立ち返る、というだけなんですけどね。

スポンサーリンク

2.ライターの「覚醒」を

ライター
2017年は「ライターの起用と定着」ができました。5名のライターがほぼ1年継続してウインタブに記事を投稿してくれています。これは大変ありがたいことで、ウインタブの記事の方向性が広がります。イラストや音楽など、私が十分な知識を持っていない領域もカバーできるようになりました。

あとはライターが自分の得意な領域をどんどん攻めていけるようなサポートをしていきたいと思います。実は2017年、私のほうで何か記事をお願いする場合って実機レビューだけで、あとは「完全放置」だったんです。こんな失礼な状況でしたから、ライターのみなさんも記事の方向性とか、記事ネタとかを練るのにかなり苦労されたと思うんですよね。なので、2018年はライターのみなさんとしっかりコミュニケーションを取って、ライターが好きな記事を思い切り書けるような環境を作っていければと思います。考えてみればライターという立場なら「万人向けではなく、特定の方向に特化した」ことが書けるわけで、それがまたウインタブの「エッジを立ててくれる」のではないか、と思っています。

3.ということでライター募集

ライター
新年早々、ライター募集です。「iOSに詳しいiPhone・iPadユーザー」「MacOSに詳しいMacユーザー」「スマホやPCのアプリレビューができる人」の3つの切り口で募集いたします。ウインタブは引き続きWindowsを中心に据え、Android製品もできるだけ積極的に紹介していきたいと思いますが、それにしても「iPhone 8とiPhone Xの紹介記事を完全スルー」しちゃうのはどうなのよ?と自分自身気にかけておりますw Windows・AndroidのユーザーでもiPhoneとかiPadとかMacbookの新製品情報くらいは知りたいはずなので、そういう穴を少しでも埋めたい、というのがあります。

また、サイト開設当初、紹介する分野を「Windows タブレット」に絞っていたこともあり、Windows ストアアプリの紹介を細々とやっていたのですが、2017年はアプリの紹介記事が激減してしまいました。パソコンやスマホを購入したらそれでおしまい、ということは決してなく、それらを活用するためのアプリについても有益な情報を少しでも提供したいという気持ちは変わっておりませんが、特にAndroidアプリ(多くの場合iOSにも展開されてますよね)の場合、対象が星の数ほどもありますので、なかなか記事を書くところまで行きません。なので、「アプリマスター」に一人いて欲しい、と思っています。

ライターには原稿料をお支払いしますが、それは極めて低額です。しかし、ウインタブの性質上、中華PCやスマホを定期的に提供されていて、それらの多くは「読者レビュー企画」に使用させてもらっているのですが、一部をライター提供用に確保しております。そのため、数カ月に1台くらいはPC、スマホ、周辺機器などをご提供できると思います。

また、常設ライターということではなく、「こんなガジェットを買ってみたのでレビューを投稿したい」という方も歓迎です。この場合は100%掲載をお約束できませんが、できるだけ掲載できるように努力いたします。

興味のある方は「win-tab[at]outlook.com」([at]を@に変えてください)までメールをお願いします。詳細はメールにてご案内します。

4.今年もよろしくお願いします

いろんなことを書きましたが、結論として、「2017年よりも内容を充実させるべく、いろんな手を打っていきます」ってことです。読者のみなさん、2018年もよろしくお願いします!

スポンサーリンク

Comment

  1. 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

  2. 匿名 より:

    あけましておめでとうございます。
    元々ここによったきっかけはワクワクするようなガジェットが色々レビューされてたからでした。使えるかわかんないけどとりあえず買ってさわってみたいなって思ってワクワクしてました。
    最近は高級品と低価格の製品が多くこれ欲しいなって思うものが少なくなった気がします。感想で言うとフムフムみたいな感じです。
    タブレットやスマホが高品質で安定化してきてワクワクするような製品自体が少なくなってきたのだろうと思いますがワクワクするような製品レビュー期待してます。

  3. 匿名 より:

    あけましておめでとうございます。
    また、エイプリルフールのネタイラスト送りますね〜w

  4. 匿名 より:

    あけましておめでとうございます。
    本来のWindowsタブレットの記事が少なくなっているのが寂しいですが、
    これも時代の趨勢なのでしょうね。大型の2in1はそこそこ出ていますが、
    パワーのある小型機が減っているのはかわらないでしょうね。

    しかし、年頃のお嬢さんがいるのに、記事の中でスマホで二次元美少女の
    ゲームをやっていたりと、ウインタブさんのご家庭がどんな雰囲気なのかが
    きになるところですw

  5. Chloé より:

    明けましておめでとうございます。
    昨年は大変お世話になりました。

    ウインタブ様の記事を毎日楽しみにチェックしています。初めて訪れた時、中華タブを探していたのですが、個性的な記事から初心者にも優しい丁寧な説明が印象的でファンになりました。

    今年も記事を参考にさせて頂きつつガジェットライフを満喫したいと思います。

  6. wintab より:

    みなさま、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑