NEC LaVie Tab W - 新鋭10インチ日の丸タブレットにして中身はThinkPad10?

公開日: : 最終更新日:2014/11/02 NEC , ,

NECの10インチタブ NECから新しいWindowsタブレットが登場しました。10インチのみのバリエーション展開です。

スポンサーリンク

1.スペック

LavieWのスペック表 上の画像(クリックすると拡大します)が主要スペックです。Atomの最新にしてハイエンドのCPUであるZ3795が搭載されていることと、メモリが4GBあることが目を引きます。ただし、OSが32ビット版なので、4GBのメモリのマネジメントという点ではやや劣るかもしれません。しかし、現役8インチタブとは明確な差がつきそうな気がしますね。体感的な差がどのくらいになるのか興味深いところです。

また、液晶ですが、上の画像には書いていませんが、解像度1920 × 1200のIPS液晶という、10インチWindowsタブレットとしてはハイスペックなものが使われています。それともう一つ、「デジタイザ」搭載です。Vivotabユーザーとしてデジタイザの便利さは理解しているつもりです。なので、非常に魅力的な装備だと思います。10インチという画面サイズもあり、イラストが好きな人も満足できそうすね。

入出力端子はMicroHDMI,MicroUSB2.0となっており、外部ストレージ用としてMicroSDカードスロットもついています。外部モニタが使えるMicroHDMIはこれからのWindowsタブレットには必須とも言える装備ですよね。

サイズの方は256.5 x 177 x 8.95mm、約598gとなっていますが、これって実はまだ日本では販売開始されていないThinkPad 10と全く同じなんですよね。CPUも液晶もThinkPad10と全く同じですし。実はNEC パーソナルコンピュータという会社、LenovoとNECの合弁なんです。これらの背景から、LaVie Tab Wって、ThinkPad 10 と同じもの、ということは間違いなさそうです。

2.ThinkPad 10 とはどこが違う?

ThinkPad10
上の画像はThinkPad 10 です。LaVie Tab Wと同じもの、と言ってよいと思いますが、相違点を探してみると、ThinkPad 10 はOSに64ビット版のWindows8.1を選択できる(らしい)こと、メモリは4GB固定ではなく2GBモデルもあること、内蔵ストレージが128GBを選べること、そして3G/LTEのオプションが選べる、ということくらいですね。外付けアクセサリはともかく、LaVie Tab Wはスペックを選択する余地がなく、ThinkPad 10 はメモリやストレージ、そしてOSを細かく選べる、という特徴があると言えます。

スポンサーリンク

とはいってもThinkPad 10は海外発の情報しかなく、国内での正式発売が決まっていない状況で、実際どのくらいの価格で、どんな装備で登場するのかわからないので、現時点では情報としてあまりあてになりません。ただ、LaVie Tab Wが気に入ったのならThinkPad 10 が日本で発売されるのを待つ、ということをする必要はないんじゃないかと思います。ThinkPad 8 の、特に128GBは納期が全く読めないくらいの品薄状態になっていますが、ThinkPad 10 でも同じことが起きないとも言えませんし。また、初期不良などのサポート面でもNECブランドは安心できると思いますよ。

3.アクセサリ

LaVieTabのキーボード
ええと、アクセサリは「ありません」…。ACアダプタとか予備のスタイラス(なんと8,000円!)は別売で用意されていますが、ケースとかドッキングステーションとか、ThinkPad 10 のように豊富なアクセサリからほしいものを選ぶ、というのは無理です。キーボードについても、最初に購入するときにキーボード付きのモデルを(プラス1万円以上払って)選ぶ必要があります。

ちなみにこのキーボード、タッチバッド付きでタブレット本体を立てかける溝付きなので、装着すれば外観はほぼノートPCのようになります。1.8mmのキーストロークも確保されているので、かなり使いやすそうです。

ThinkPad 10 が発売されたら、恐らくThinkPad用のアクセサリは使えると思いますが、現状(私の大好きな)裸族で過ごさねばならないっぽいです。

4.実売価格

NEC Direct(NEC直販サイト)ではキーボード付きモデルが89,800円(税込96,984円)、キーボードレスモデルが76,800円(税込82,944円)でともに5%のポイント付き、6月20日現在の価格.comではキーボード付きモデルが税込96,980円、キーボードレスモデルが税込82,940円が最安(上新電機)となっており、ポイントは1%です。

また、出荷開始はNEC Directで6月26日以降、となっています。

うーん、価格は微妙ですね。最新のCPUを搭載してメモリも4GBですし、スペック的には十分満足できるレベルなんで高過ぎるということはないですが、8インチタブレットとの価格差は結構大きいですもんね。タブレット兼ウルトラブック的な意図でキーボード付きを買う、っていうのはアリでしょうが、タブレット専用機としてはどうかなあ?

5.関連リンク

仕事にも遊びにも幅広く使える Windowsタブレット LaVie Tab W
icon:NEC公式サイト
NEC LaVie Tab W プロモーションムービー 「描くを、もっと自由に。」

Gearbest セール


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑