NEC LAVIE Hybrid ZERO 新モデル - 11.6インチキーボード分離型2 in 1がNECから!

公開日: : NEC ,

NEC LAVIE Hybrid ZERO 新型
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。NECのLAVIE Hybrid ZEROシリーズは小型軽量のモバイルノートPCシリーズ(ディスプレイが360度回転するので2 in 1ともいえます)なので、本来積極的に紹介記事を書いていくべきなのですが、なんとなく書きそびれていました。しかし、2016年1月6日から米国ラスベガスで開催される予定のCES(コンシューマエレクトロニクスショー)にて、「新モデル(正確には参考出品の位置づけ)」が発表される、ということなので、紹介したいと思います。まだモデル名も明らかになっていないんですけどね。

スポンサーリンク

1.スペック

CPU: Intel Core m(Skylake世代)
ディスプレイ: 11.6インチ
バッテリ: キーボードにセカンドバッテリーを搭載
Webカメラ: インテル® RealSence™ 3Dカメラ フルHD解像度(1080p)対応
サイズ: タブレット部分が500 g以下、キーボード込みで1 kg以下
素材: マグネシウムリチウム合金
発売日:2016年春モデルとして発売予定

現在公表されているのはこれだけです。脳内補完すると、OSはもちろんWindows 10の64ビット、RAMは4GB~8GB、ストレージはSSDで128GBから256GB、ってところでしょうか。CPUと筐体素材からしてそれなりのスペック、それなりの価格にはなりそうなので、Surface Pro 4のライバルになりそうなレンジの製品でしょうね。

2.筐体

NEC LAVIE Hybrid ZERO 新モデル
ウインタブとしてこの「新モデル」で一番うれしいと思ったのはキーボードが分離することです。つまり、タブレットとしても使える、ということですね。LAVIE Hybrid ZEROシリーズは抜群の軽さを誇るノートPCラインですが、キーボードは分離せず、ディスプレイが360度回転するタイプの製品でした。しかし「新モデル」はそうじゃありません。

スポンサーリンク

残念ながら公開されている画像が少なくて、文字ばかり、感覚的な話ばかりになってしまうのですが、次に「さすが」と思えるのは筐体の軽さです。スペックのところで書きましたが、11.6インチサイズでタブレット部分の重さが500 g以下、というのはすごいことだと思います。東芝のdynaPad N72が12インチでタブレット部分579 gというのもすごいと思いましたが、この「新モデル」はそれ以上ですね。500 g以下というのは10インチタブレットでもめったに見かけません。また、キーボード込みでの重さが1 kg以下ということはキーボード部分がそれなりには重い、ということを意味しますが、これはキーボード部分にセカンドバッテリーを搭載しているから、ということのほかに、ノートPCとしての安定した使用感を重視したことが理由と考えられます。キーボード側がある程度重くないとノートPCとして安定した使い方ができない(ディスプレイ角度を大きくするとひっくり返ってしまいます)んですよね。富士通とかNECはそういう細かいチューニングにこだわる会社だと思っています。

NEC LAVIE Hybrid ZERO 新モデル シルバー
筐体色は公表されている限りブラックとシルバーの2色です。上の画像はシルバーですが、配色を見るとノートPCっぽいですね。

3.価格、発売日は未定

この「新モデル」は「2016年春モデルとして発売予定」ということ以外、なんにもわかりません。春モデルなんで2月とか3月までには正式に発表されると思います。現在公開されている情報だと、とにかく軽量であることが最も魅力的に感じられますが、NECなので細部の仕上げもかなり凝ったものになりそうですね。ただ、その分価格は結構高いんだろうなあ、という気はします。残念ながらウインタブはNECや富士通、東芝といった大手メーカーの製品は実機を試用させてもらえる可能性が皆無なのですが、発売されたら家電量販店にでも見に行きたいと思っています。

4.関連リンク

LAVIE Hybrid ZEROシリーズ11.6型デタッチャブルノートPCの新モデルを米コンシューマエレクトロニクスショーに参考出展:NECパーソナルコンピュータ プレスリリース

Comment

  1. 禿しいベイ より:

    タブレット部分は、既にビジネスモデルでは、昨年末に発表されているものと同型のようですね。
    # IS12T で見ているので細部の比較ができず。

    360度回転という事は、キーボード部分が進化したと取れます。
    さすがですね。

    • 禿しいベイ より:

      昨年の10月に発売されたビジネスモデルを確認しました。
      http://jpn.nec.com/products/bizpc/versapro/vs2/index.html

      タブレット部分も、かなり違いますね、すみません。
      本記事のコンシューマーモデルはタブレット部分が薄く、チープな印象を受けます。

      ビジネスモデルのキーボードは、ドック機能があるので魅力的だったのですが、満足のゆくカスタマイズをしたら、20万近くにもなり NTT-X Store での前モデルにしました。

      昨年末にバッテリーの20%の小型化に成功した記事がどこかにあったので、意欲的に採用したのかも知れません。

      前モデルでも液晶部の輝度調整が素晴らしく、普通の使い方であれば、10時間は軽く持ちます。

      いずれにせよ、このコンシューマーモデルは楽しみです。

      • wintab より:

        禿しいベイさん、こんにちは、コメントありがとうございます。私も実機を見ていませんが、たぶんVersaよりも数段質感は上のような気がします。このサイズで500g以下、マグネシウム合金というのはすごそうですよ。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest セール


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑