NEC LAVIE Hybrid ZERO 13.3 - すべてを一新して世界最軽量を実現!13.3インチで769 gの2 in 1

公開日: : NEC , ,

NEC LAVIE Hybrid ZERO 13.3
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。NECのLAVIEシリーズのモバイルノート(2 in 1)ラインは「Hybrid ZERO」という名称で、11.6インチと13.3インチがあります。2月7日に双方とも最新モデルがリリースされたのですが、この記事では「世界最軽量」の座を富士通の「LIFEBOOK UH75/B1(WU2/B1)」から奪還した13.3インチ版のほうを紹介したいと思います。別な記事でも書きましたが、世界最軽量争いにはあんまり興味がない(だって8 gしか差がないんです)ですが、それよりも新筐体となったことに強い関心があります。

スポンサーリンク

「Hybrid ZERO」という名称は量販店向けのモデルに使われていて、直販モデルのほうは「Direct HZ」という名称になります。同じ筺体の製品ですが、CPUなど内部構成が異なり、直販モデルのほうがカスタマイズ余地が大きくなっています。この記事では直販モデルのほうを中心に紹介していきます。なお、この製品の前身機はウインタブでも実機レビューしていて、「完全に異次元だよ」と思っちゃうくらいの超軽量製品だったことを覚えています。
NEC LAVIE Direct HZ(Hybrid ZERO) - 超軽量!ごく普通に使えて実はハイパフォーマンス!これがNECの実力(実機レビュー)

1.スペック

NEC LAVIE Hybrid ZERO 13.3

クリックで拡大します

では、直販モデル「Direct HZ」のスペック表に基づいて説明します。また、この他にもバリエーションがありますので、適宜補足させていただきます。CPUはKabylake世代のCore i3/i5/i7、そしてCeleron 3865U(これもKabylake世代)と、4種類から選択することができます。RAMはCPUに応じて4GBか8GB(これ以上は搭載できません)、ストレージは128GB/256GB/512GBから選ぶことができます。ただし、完全に自由に組み合わせることができるわけではなく、例えばCPUにCore i7を選ぶとRAMは8GBに固定されたり、Celeronを選ぶとRAMは4GBに固定され、ストレージも512GBは選べないなどの制約があります。

ディスプレイは全モデルタッチ対応のIPS、FHD解像度のものが用意されます。また、入出力ポートはフルサイズのUSBが2つとHDMIと、13.3インチとしては決して多い方ではありませんが、最軽量にしてはUSB Type-Cではなくフルサイズ(Type-A)を採用しているのが個人的にはいいなあ、と思います。

NEC LAVIE Hybrid ZERO 13.3
また、筺体サイズなんですが、「世界最軽量」ばかりクローズアップされているものの、タテヨコサイズも従来モデルより小さくなっています。つまり、筺体が新しくなった、ということです。当初、富士通のLIFEBOOKとわずかに8 g差で最軽量の座を奪還した、ということを聞いて、「どうせどっかでお茶を濁したんんだろう」などと不謹慎なことを考えてしまいましたが、筺体を根本から見直した結果としての8 g差ということなので、これは高く評価すべきことなのかな、と思いました。なお、筺体については後述します。

2.筺体

NEC LAVIE Hybrid ZERO 13.3
正面から見ると一番わかりやすいですね。ご覧のように「挟ベゼル」な筺体に生まれ変わっています。ベゼル幅が細くなったためWebカメラの位置も変更されていますね。

LAVIE Direct HZ
ちょっとアングルは違いますけど、こちらが従来型の筺体です。ディスプレイ面だけでなく、キーボード面など、全体的に大きく変わっているのがわかると思います。

スポンサーリンク

NEC LAVIE Hybrid ZERO 13.3
キーボードはキーピッチ18 mm、キーストローク 1.2 mmと従来型と変わらない数値なのですが、デザインは全然違います。

NEC LAVIE Direct HZ キーボード
これが従来型のキーボードです。全然違いますよね。また、タッチパッドは従来型が「一枚板」だったのに対し、新型では物理クリックボタンが装備されています。おそらく使用感はこちらのほうがいいでしょう。

NEC LAVIE Hybrid ZERO 13.3
USB × 2とHDMI、そしてオーディオジャックという装備は従来型と同じです。軽量化のために少し物足りないですけど、これは仕方ないかな、と思います。

NEC LAVIE Hybrid ZERO 13.3 2 in 1
なお、この製品は「キーボード非分離型の2 in 1」です。メーカーサイトでもこのことにほとんど触れていないので、「え?そうなの?」という人もいるかもしれません。実は私も忘れてましたw 実機レビューをした従来型の時点で2 in 1だったんですよね…。

NEC LAVIE Hybrid ZERO 13.3 カラバリ
カラーバリエーションは3色です。筺体素材は従来型が「マグネシウム・リチウム合金」だったのですが、恐らく新型でも同様かな、と思います。なにせ極限まで軽量化されてますし。

4.価格など

NEC LAVIE Hybrid ZERO 13.3(直販モデルはLAVIE Direct HZ)は3月2日の発売予定となっており、NECの直販サイト「NEC Direct」では予約注文を受け付けています。価格は下記のとおりです(ごく一部です)。

Celeron、RAM4GB、ストレージ128GB: 140,184円
Core i7、RAM8GB、ストレージ128GB: 185,544円
※税込価格
※2月8日現在、10%オフとなるクーポンコードが直販サイトにあり(上記はそれを反映していません)

この製品、量販店でも取扱がありますし、NEC製なのでほとんどの量販店には展示されると思います。まあ、だまされたと思って一度手にとってみて下さい。あまりの軽さに開いた口が塞がらなくなりますよw というのは冗談ですが、びっくりするくらい軽いです。私たちはまず見た目でおおよその重さを予想するじゃないですか。で「だいたいこれくらい」というのが頭にあって、それから手で持ってみると「思ったより重い(軽い)」って感想になります。でも、ノートパソコンの体感的な重さって、だいたい予想がつくというか、長年の経験である程度イメージできますよね。でも、この製品は長年の経験を完全にぶっ壊してくれます。見た目でイメージする重さと実際の重さがこれだけ異なる製品って珍しいです。

そして、これだけ軽いのに、Core i7とか積んでますし、FHD解像度の液晶は非常にきれいです。というかハイスペックなビジネスマシンです。頭ではわかっていても、ちょっと信じられないですよ!

4.関連リンク(NEC Direct)

LAVIE Direct HZ
icon

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)


Gearbestセール

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑