NEC LAVIE Hybrid ZERO 11.6型 - 異次元の軽さ!NECが本気をだすとすごいことに!

公開日: : NEC , ,

NEC LAVIE Hybrid ZERO 11.6インチ
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。NECがモバイルノートPCラインである「LAVIE Hybrid ZEROシリーズ」に11.6インチモデルを追加することになった、という件を以前記事にしています。
NEC LAVIE Hybrid ZERO 新モデル - 11.6インチキーボード分離型2 in 1がNECから!
この記事を書いた時点では詳細が不明な部分が多かったのですが、2016年1月13日、NECは「LAVIE Hybrid ZERO HZ330/HZ300/HZ100」を正式発表しました。「とにかく軽い!」というのが最初の感想なのですが、NECだけに軽いだけじゃありませんし、価格の方も決して割高ではありません。

スポンサーリンク

1.スペック

NEC LAVIE Hybrid ZERO 11.6インチ スペック表

クリックで拡大します

補足します。LAVIE Hybrid ZEROの11.6インチモデルは大別してキーボードつきのHZ300系とキーボードがオプションとなるHZ100系に分かれており、HZ300系のほうはLTE対応(他にも相違点あり)の上位モデルHZ330とWi-Fi専用モデルのHZ300があります。

OSは64ビット、RAMは4GBと全機種共通ですが、CPUは300系がCore m3-6Y30、100系がPentium 4405Yとなっています。「ん?Pentium?」って思いましたが、Core m3はもちろん、4405Yも開発コードネーム「Skylake」に属する最新モデルです。残念ながら情報がなく、4405Yの実力の程はわかりませんが、想像するに「Core mとCeleronの間くらい」でしょうか?

あと、ストレージが300系が128GB、100系が64GBですね。タブレットとしてもモバイルノートとしても上位クラスの製品なので、100系も128GBは欲しかったかな。

ディスプレイ解像度は共通で1,920 × 1,080ですからアスペクト比は16:9のワイドタイプですね。ノートPCとしては使いやすそうですが、タブレットとしては好き嫌いが別れるかもしれません。また、このディスプレイは「IGZO」です!

あと、記事の冒頭に書いたとおり、この製品で一番すごいのがサイズ、特に重量です。タブレット部分の厚さ7.6 mmというのもトップレベルの薄さですが、11.6インチサイズで重量398 g(300系は410 g)というのは驚くべき軽さです。実際に使うとどんな感じなんでしょうかね。8インチタブレットよりも二回りくらい大きいサイズでありながら8インチタブレット並みに軽い、ってことですから。

それと、価格については後述しますが、注意しておきたいこととして、100系、300系とも「Microsoft Office Home & Business PremiumプラスOffice 365サービス」が付属している、ということがあります。当然実売価格はこのために2万円程度は高くなってしまいますね。

そして、キーボード込みでの重量もわずかに798 gです。しかもこのキーボードは「バッテリー内蔵」ですし、もちろんタブレット本体にもバッテリーが内蔵されています!「ありえねえ」としか言えない感じ…。ちなみに後述しますが、キーボードはバッテリー内蔵の、300系に標準装備されているもののほかに、オプションで「フラットカバーキーボード」という薄型、バッテリーなしのものが用意されており、重量が187 gしかありません。つまり、100系にこのキーボードをセットした場合、キーボード込みの重量が585 g、ということになります。この時点で欲しくなっちゃいますね!

スポンサーリンク

2.筐体

NEC LAVIE Hybrid ZERO 正面
NEC LAVIE Hybrid ZERO 11.6インチ 正面2
タブレット部分は100系も300系もほぼ共通のデザインです。超軽量な製品ですが、ベゼルが特に細いとかの印象はありません。スピーカーの位置(両サイド)はいい感じです。この配置、私は好きです。

NEC LAVIE Hybrid ZERO 11.6インチ 側面1
300系の筐体側面です。ほとんどの外部接続用ポートがキーボード側に集中していまず。タブレット側にはUSB Type-Cポート、microSDスロット、オーディオジャック、SIMスロットがあり、タブレットとして見た場合の拡張性は高くありません。また、この図を見ていてもWindowsボタンが見当たらないので、やはりキーボード接続が半ば前提なのかな、という感じもしますね。

NEC LAVIE Hybrid ZERO 11.6インチ 側面と底面
念のためにキーボードがセットされない100系の側面と底面の画像も載せておきます。配置は変わりませんね。また、底面はキーボード接続のためのコネクターと取り付け口があり、これも100系と300系で共通です。

NEC LAVIE Hybrid ZERO 11.6インチ
「スペック」のところで触れた「フラットカバーキーボード」がこれです。画像だけだと使用感はよくわかりませんけど、とにかく軽い、というのは魅力ですよね。予算があれば300系に標準でついている「モバイルパワーキーボード」とこの「フラットカバーキーボード」を両方持っておく、というのもありでしょう。

3.価格と発売時期

LAVIE Hybrid ZERO HZ330/HZ300/HZ100はNECの直販サイト「NEC Direct」で1月21日から注文を受け付け、2月25日に出荷開始となります。NEC Directで表示されている価格は下記のとおりです。

HZ330/DAS(LTEモデル):189,800円(204,984円)
HZ300/DA:174,800円(188,784円)
HZ100/DA(キーボードなし):124,800円(134,784円)
モバイルパワーキーボード(300系に付属):45,000円(48,600円)
フラットカバーキーボード:16,000円(17,280円)
※価格はすべて税抜き(カッコ内が税込み)です

記事中にも説明しましたが、この製品は「製品版Office」が付属しているということに注意が必要です。ちょっと見ると高く感じてしまいますもんね。まあ、それを差し引いても決して安くはありませんが、NEC製ということで品質、質感、安心感が抜群であるということと、ありえない軽さ、ということを考えると納得感は高いと思います。

4.関連リンク

驚きの軽さを実現した「LAVIE Hybrid ZERO」11.6型デタッチャブルPC新登場~もちろん世界最軽量。SIMフリーモデルもラインアップし、モバイル機能が拡大~:NECパーソナルコンピュータ プレスリリース
LAVIE Hybrid ZERO 11.6インチの特徴:NECパーソナル商品総合情報サイト 121Ware
LAVIE Hybrid ZERO 11.6型:NEC Direct
icon

Comment

  1. 匿名 より:

    NECって今や中身lenovoじゃ無かったでしたっけ…?

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。LenovoとNECは合弁していて、ThinkPad 10とLAVIE Tab W710のように兄弟機種と言えるものもありますが、独自製品もあるようです。また、NECブランドを冠する以上、品質管理はNECが責任をもっていると思いますので、個人的にはあまり気にする必要はないと思っています。

    • 禿しいベイ より:

      こんにちは。

      コンピュータ部門を IBM と統合して、製造工場も統合し、共通部品を使用ていますが、管理部門、製造ロットは別です。

      Lenovo は、米国防総省の重大な指摘を受けて、物理的に管理部門を米沢に移しています。
      これは想像ですが、中国人の管理者から日本人の管理者に交代、いずれ、中国の工場は閉鎖すると思います。

      約1年程前から米沢生産に切り替えており、フレームや部品などの生産は中国、組み立て品質管理は日本でした。
      私が使用しているタブレットも、Built in Japan となっています。

      この記事で紹介されている Zero シリーズは、NEC の独自路線であり、また、新設計なので、Maid in Japan になっていると思います。

  2. 匿名 より:

    軽いのは魅力ですよね。質感も写真を見る限り、高級っぽい。
    でも、それだけかなぁ。
    日本の製品って、中途半端ですよね。
    この価格でペンはついてないし、ペンが必要かという議論は
    ありますが、この価格で考えれば、やっぱりSurface、あるい
    はMacかiPadの方が魅力的ですね。
    これ売れるのか疑問?
    あるいは、機能を限定して安くするか。
    こう中途半端だと、購買意欲が湧かないんじゃないかな。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。ちょっぴり厳し目ですねー。ウインタブはNECとか富士通といった大手メーカーの製品を試用させてもらうことはできないんですけど、Webサイトをチェックしたり、量販店で実機に触れたりすると、「やっぱいいわー」なんて思います。アップル製品もそうですが、カタログに出てこない品質みたいなのがあって、NEC製品はそういうところがいいなあ、と思います。

    • 禿しいベイ より:

      そんな方には、VersaPro VS セレクションモデルを、お勧めします。

      全グレードに、ペンが付いています。
      CPU は、1ランク上の Core m5-6Y54、メモリは 4GB/8GB から選択、SSD は 64/128/256GB から選択できます。
      Zero に比べて、カメラの解像度は下がってしまいますが、キーボード込みで、782gです。

      CPU は自己満足の世界ですが、メモリで 8GBが選択できるのは大きいです。
      特に、タブレットや一部のグラフィックチップを搭載したノートPC は、最大でメモリの半分をグラフィックに持ってゆかれるので、体感速度に大きな差が出ます。

      • 禿しいベイ より:

        ああ、タイポです。

        ×ノートPCは -> ノートPCを除いては

      • wintab より:

        禿しいベイさん、こんにちは、コメントありがとうございます。貴重なご見解だと思います。PCとかタブレットを買うときに人の意見はきになるもの。なので読者の方々の購入検討に役立つと思います。ありがとうございました。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest セール


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑