マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i4400 - 14インチで軽量なゲーミングノートがマウスから登場!

マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i4400
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。ここのところ、ゲーミングノートに関しては主流が17.3インチにシフトしつつあるのではないか、などと思っております。従来は15.6インチサイズが最も多かったと思うのですが、国内メーカーでは「第一人者だと思っている」ドスパラが中上位クラスの製品で17.3インチに注力している傾向が感じられますので、今後は全体的に大型化していくのかあ、などと漠然と考えたりしてるんです。

スポンサーリンク

しかし、逆にややコンパクトサイズのゲーミングノートというのもないわけではなく、今回紹介するマウスの「G-Tune NEXTGEAR-NOTE i4400」は14インチサイズでPascal世代のNVIDIA GeForce GTX1050Tiを搭載する最新の設計でありながら重量を2 kgに抑えています。これはこれですごく魅力的ですね!

1.スペック

マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i4400

クリックで拡大します

BTOメーカーのマウス製なので、構成はカスタマイズ可能ですが、ベースモデルとして「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の4グレードが用意されています。上のスペック表は最下位構成の「ブロンズ」のものです。CPUは全グレード共通でCore i7-7700HQと最新かつハイスペックなKabylake世代のCore i7が搭載され、GPUはGeForce GTX1050Tiが搭載されます。CPUとGPUはカスタマイズができません。また、RAMとストレージについては以下のとおりです。

ブロンズ: 8GB/500GB HDD
シルバー: 8GB/240GB SSD
ゴールド: 16GB/256GB SSD + 1TB HDD
プラチナ: 16GB/960GB SSD

ただし、RAMとストレージに関してはグレードにかかわらず、カスタマイズによりRAMは最大で32GBまで増設可能、ストレージはSSDとSSD、あるいはSSDとHDDのデュアル構成が可能です。

ディスプレイはFHD解像度(1,920 × 1080)と、ゲーミングノートとしては標準的なものですが、もちろんこれで不満が出る、ということはなさそうです。またWi-Fiは5GHz帯に対応していますし、入出力ポートもUSBが4つ(うち1つはType-C)、映像出力でもHDMIとMiniDisplayPort(2つ)、有線LANポートなど、かなりの充実ぶりです。

14インチということで、ゲーミングノートとしては比較的小ぶりなサイズになっており、重量も2 kgと、モバイルノートにはかなわないにせよ、ゲーミングPCとしてはかなり軽量な部類に入ります。毎日持ち歩くのは少し大変かもしれませんが、「持ち運ぶ気」にはなれそうです。

スポンサーリンク

2.筺体

マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i4400
マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i4400
特にベゼルが細いとか、かなりの薄型、ということはありませんね。天板の造形なんかを見ると、いかにもゲーミングノート、という雰囲気があります。

マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i4400
キーボードです。W,A,S,Dキーには赤いアクセントがつけられています。バックライトもついていますが、カラフルなイルミネーション機能はなく、白色のみとなります。14インチサイズということでテンキーはついておらず、その結果配置にはかなり余裕が感じられます。ENTERキーの周辺は余裕がありすぎる感じもしますね。しかし、狭苦しいよりはマシか、と。

また、画像には写っていませんが、タッチパッドにはクリックボタン(物理ボタン)が2つ配置されており、マウスらしい使用感へのこだわりが感じられます。

マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i4400
ゲーミングノートは一般的に入出力ポート類が充実していますが、この製品もその例に漏れません。マウスコンピューターはキーボードと入出力ポートに関しては手抜きをしませんね。ただ、D-subはないっすね…。

3.価格など

G-Tune NEXTGEAR-NOTE i4400はマウスコンピューターのゲーミングPC販売サイト「G-Tune」で販売中で、価格は下記のとおりです。

ブロンズ:140,184円
シルバー:150,984円
ゴールド:161,784円
プラチナ:183,384円
※税込価格

この製品はGPUがGTX1050Tiに固定される関係で、上級ゲーマーにはやや物足りなさがあるかもしれませんが、それ以外のニーズであれば十分応えることができると思います。ゲーミングノートを外に持ち出したいというニーズのある人には数少ない選択肢のひとつになるでしょう。また、非ゲーマーでも高性能なノートPCを探している人にはいい選択肢になりそうです。モバイルノートと比較すると、さすがに重くて大きいですが、性能も段違いですよ。

4.関連リンク

NEXTGEAR-NOTE i4400:G-Tune(マウスコンピューター)
icon

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    最近のゲーミングノートを見ていると、15インチが最大数かつハイエンドからローエンドまでと品揃えか良くて、17インチは基本的にハイエンド寄りのみ、14インチはローミドル寄りが多数で、高くてもGTX 1060までな感じなんですよね
    昔はミドルクラスまで17インチ、ローミドルクラス以下が15インチ以下だったように思うので、今はむしろ小型化のトレンドが強いように思います

    持ち運び前提なら、小さくて軽い方が良いので、この機体は大分良い感じですね
    このサイズだと、1060を乗せると熱か重量で悩まされ、1050だと少ないグラボメモリのせいでやりにくかったり無理なゲームも出てきますので、VRAM4GB搭載の1050Tiがちょうど良いバランスなのです
    お値段はさすがに絶対的に見るとお手頃とは言いがたいのですが、このくらいのサイズの取り回しやすいゲーミングノートがほしい方には手が出しやすい価格なのではないでしょうか?
    同程度品の競合は大体もっと高いですからね

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。1060よりも1050Tiのほうが小型製品には向いているなど、私は知りませんでした。大変参考になります。ありがとうございました。

  2. キーボードの右側、適当さすら感じられてクスッときました。

    このサイズですとゲーミングのみならずクリエイティブな用途で持ち運んで使うのもいけそうな気がしますね。筆圧感知に対応したら本格的なイラスト描画にも耐えそうです。

    • wintab より:

      PYUさん、こんにちは、コメントありがとうございます。マウスの14インチってキーボードの右側こんな感じが多いです。あと、この形態だと手書きってどうなんすかね?板タブとか液タブ使ったほうが腕のいい人には使いやすいのでは?

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest Easter promotion


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑