Mouse m-Book B500E - 限定1万台の記念モデル、15.6インチで39,800円

マウス m-Book B500E
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。マウスコンピューターがTVコマーシャル公開を記念して非常にお買い得なモデル「m-Book B500E」を発売しました。15.6インチサイズのスタンダードノートPCで、価格は39,800円(税込み)となっています。エントリースペックながら高い実用性のある、記念モデルにふさわしいものとなっています。
TV-CM公開記念モデル [m-Book B シリーズ]:マウスコンピューター公式サイト
icon

スポンサーリンク

1.スペック表

マウス m-Book B500E スペック表

クリックで拡大します

補足します。この製品はCPUにCore MとかCore iプロセッサーを搭載したハイスペックモデルではなく、Celeronを搭載しています。しかし、N3150という型番の製品はモバイル用のCeleronシリーズにあって高性能な部類に入るものです。OSは64ビット、RAMが4GBということなので、Celeron機としては高いパフォーマンスになると思われます。

そして、びっくりするのがストレージで、この価格帯のスタンダードノートでありながら、SSD 120GBを搭載しています。容量は小さめですが、当然これはパフォーマンスを大きく改善してくれるでしょう。

ディスプレイは15.6インチで解像度1,366 × 768と、スタンダードノートとしては標準的なものですね。入出力ポートは充実していて、USBポートが合計で4つ、LANポート、HDMI、D-subといった映像出力関係のポート類もしっかりついています。

スタンダードノート、ということなので、サイズの方は決してコンパクトではなく、重量も2.2 kgあります。しかし、これは決して悪い数値ではありません。

2.筐体

マウス m-Book B500E イメージ
筐体はホワイトです。ディスプレイ面と底面はブラックになっていますが、天板、側面、キーボードはキレイな白ですね。

マウス m-Book B500E 天板
天板にはマウスの新しいロゴである、チーズのマークがあしらわれています。

スポンサーリンク

マウス m-Book B500E 前面
マウス m-Book B500E 側面
マウス m-Book B500E 前後面
各部の説明です。スタンダードノートとしてはオーソドックスなものになっていますが、コストダウンのための妥協みたいなのは感じられません。必要なものがしっかり揃っている印象です。

マウス m-Book B500E リフトアップ構造
この製品は「リフトアップ構造」というのを採用しています。天板を開くと筐体の後部が4.8 mmせり上がり、キー入力しやすくなる、というものです。低価格ながら気配りがなされていますよね。

マウス m-Book B500E アダプター
気配り、ということではもうひとつ。この製品には付属ACアダプタの重さが約150 gと軽量な上、アダプターに接続する電源ケーブルも長さ1 mのものと20 cmのものの2種類が付属します。この記事でさんざん「スタンダードノート」という書き方をしていますが、モバイル利用を快適にするための工夫もちゃんとされています。

マウス m-Book B500E キーボード
15.6インチサイズなのでキーボードにはテンキーがつき、窮屈さを感じないものになっています。キーピッチは約1.9 mm、キーストロークも約1.5 mmということなので、使い勝手はよさそうです。個人的にはテンキーはないほうがいいんですけど、15.6インチの場合確実にテンキー付きになっちゃいますね…。

3.価格

Mouse m-Book B500Eはマウスコンピューターの直販サイトで税込み39,800円で販売中です。なお、Office Home & Business PremiumプラスOffice 365サービスが付属するモデルもあり、こちらは税込み59,800円です。なお、この製品はTVコマーシャル公開記念モデルということで、限定1万台の販売予定となっています。

最後にこの記事を書いた感想ですが、これ、かなり安いと思いますし、Celeron機としては文句のつけようがない製品だと思います。また、細かいところにもコストダウンのにおいは感じられません。15インチサイズのスタンダードノートを格安に、ということであればいいお買い物になるんじゃないでしょうか。

4.関連リンク

TV-CM公開記念モデル [m-Book B シリーズ]:マウスコンピューター公式サイト
icon

Comment

  1. kazu より:

    SSD標準搭載に惹かれてポチっちゃいました。
    メモリ8Gにカスタマイズ。
    液晶もフルHDにしたかったけど、その選択肢は無し。
    この程度のCPUでもフルHDを持て余す事はないと思うけど、各社の製品構成見てるとローエンドにフルHDなんかの選択肢を与えるとハイエンドが売れなくなるから、やんないんやろなと邪推してしまう。

    なんにしても個人的にはHDDのPCは使いたくないですね。
    WindowsのアップデートのためにPC動かしてるような気になるんで。

    • wintab より:

      Kazuさん、こんにちは、コメントありがとうございます。あと、この製品のCPU(N3150)は思ったより高性能です。私、別の実機を試しているところなのですが、Atomよりは格段に上です。RAM8GBにされたのは正解ですよ、きっと。多分RAMを増やせば素直にパフォーマンスが上がると思います。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest promotion-teclast-carnival-sale-special promotion


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑