マウス m-Book T - これはもうG-Tune!スタンダードノートm-Bookにハイエンドモデルが登場!

マウス m-Book Tシリーズ
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。マウスコンピューターの「m-Book」というのは主にスタンダードノート(それもほとんど15.6インチ)に使われる製品ブランドで、低価格なものだと税込みで6万円ほど(m-Book Bシリーズなど)から購入できます。しかし、今回紹介する「m-Book Tシリーズ」はm-Bookシリーズでもハイエンドに位置しており、外部GPUを搭載するかなりの高性能モデルとなります。マウスには「G-Tune」というゲーミングPCの製品ブランドもありますが、m-Book TシリーズはG-Tuneというブランド名を与えられてもおかしくないくらいです。

スポンサーリンク

1.スペック

マウス m-Book Tシリーズ スペック表

クリックで拡大します

m-Book Tシリーズには複数のベースモデルがありますが、ここに記載しているスペック表は最上位モデルのものです。CPUはCore i7-7700HQ、GPUはGeForce GTX1060(VRAM6GB)で、この2つは全モデル共通です。また、RAMは下位モデルが標準で8GB、上位モデルが標準で32GBとなりますが、下位モデルでもカスタマイズで最大32GBまで増設注文できます。ここまでは、「中位クラス以上のゲーミングノート」と言ってもおかしくない内容です。

ストレージは最下位のモデルだと500GB HDDのみとなりますが、カスタマイズで2基までストレージを搭載でき、SSD + HDDもしくはSSD + SSDのデュアル構成が可能になっています。マウスの場合1TB SSD + 1TB SSDなどという、非常に贅沢なストレージ構成を選ぶこともできますが、当然追加料金が半端ありません。

ディスプレイは15.6インチで解像度はFHDとなります。入出力ポートもマウスらしく充実しており、合計4つのUSB、2系統の映像出力、有線LANが装備されますが、D-subは省かれています。また、この製品は光学ドライブを内蔵せず、カスタマイズによって内蔵することもできません。なんか15.6インチでも光学ドライブがつかない製品が増えてきましたよね。

サイズの方は標準的な15.6インチのスタンダードノートと言う感じで、決して小さくはありません。また、重量も2.6 kg、バッテリー稼働時間も4.3時間と短めで、このあたりは性能アップの犠牲になった感もあります。

2.筐体

マウス m-Book Tシリーズ 正面
もはやゲーミングノートと呼んでもおかしくないくらいのスペックですが、見た目はやっぱりm-Bookですね。ただし、キーボードの側面と文字が「ビリジアンブルー」という色で彩色されており、キーボード面まで見てみると、ただのスタンダードノートじゃない、と感じられます。

スポンサーリンク

マウス m-Book Tシリーズ 天板
天板も他のm-Bookシリーズとあまり変わらず、黒一色で装飾もありません。このあたりはゲーミングノートとは全く異なる、一般ユーザーを意識した仕上がりだと思います。筐体素材は不明ですが、おそらくプラスティック製だと思われます。しかし、天板とキーボードのパームレスト部分は「滑りにくく、落ち着いた質感のマット仕上げ」になっているとのこと(しっとりした手触りになると思います)。

マウス m-Book Tシリーズ キーボード
キーボードです。明らかにゲーミングノートですね。W,A,S,Dキーのデザインが他のキーとは異なります。もちろんバックライトがつきますが、一部のゲーミングノートのようにカラフルに発光するようなギミックはありません。

配列のほうはクセがない、といいますか、ゲーミングノートのようにユーザーが任意で操作を割り当てることのできるマクロキーなどはありません。画像を見るとBackSpaceキーがかなり巨大ですが、小さすぎるのとは異なり、大きいぶんにはそれほど使いにくくはないでしょう。また、キーピッチは18 mm、キーストロークは1.8 mmと、十分な余裕があります。

ただ、タッチパッドは少し面白いですね。一般的に15.6インチの製品にはテンキーがついていることもあり、タッチパッドは少し左にオフセットされているのですが、この製品は中央にあります。また、マウス製品の特徴でもある、タッチパッドの物理クリックボタンは廃止されています。

それと、スピーカーですが、キーボード面にステレオスピーカーが配置されているほか、筐体底面にサブウーファーがつきます。このあたりはゲーミングノートっぽいですね。

マウス m-Book Tシリーズ 側面
側面です。こうしてみると「m-Bookにしちゃゴツい」と感じられます。かなり角ばってますしね。ポート類はスペック表にある通り充実していますが、光学ドライブを搭載する余地はありません。

3.価格など

マウス m-Book Tシリーズはマウスコンピューター公式サイトで販売中で、価格は税込み140,184円から、となっています。しかし、この最低価格の製品だと、RAMが8GB、ストレージが500GB HDDになるため、せめてストレージはSSDにしたいところです。ちなみに500GB HDDを240GB SSDに変更したモデルだと税込み150,984円となります。

ということで、スタンダードノートであるm-Bookシリーズとしてはハイエンドですし、ゲーミングノートと捉えた場合でも中上位クラスの性能はあると思います。購入検討の決め手は価格(GTX1060搭載機としてどうか)とあとは利用シーンかな、と思います。15万円強から、という価格はかなり魅力的ですし、ゲーミングノートの派手な外観を敬遠するが、でもゲーミングノートの性能は魅力、と考える人にはいい選択肢になるでしょう。

4.関連リンク(マウスコンピューター)

15.6型 m-Book T シリーズ
icon

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑