マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5550 - 15.6インチ、より薄く、軽くなった高性能ゲーミングノート

公開日: : マウス ,

マウス NEXTGEAR-NOTE i5550
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。マウスコンピューターがゲーミングPCの製品ブランド「G-Tune」から、新しい15.6インチのゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i5550」を発売しました。従来モデルの「i5540」の筐体から見直し、GPUにGeForce GTX1060を搭載するハイスペックモデルとなります。

スポンサーリンク

1.スペック

マウス NEXTGEAR-NOTE i5550 スペック表
CPUはCore i7-7700HQと、最新のゲーミングノートでは定番と言える高性能なものを搭載しています。RAMは最低構成だと8GBですが、注文時のカスタマイズにより最大で64GBまで搭載可能です。また、ストレージは最低構成で500GB HDDのみ、カスタマイズによりSSDとHDDのデュアル構成も可能となっています。

GPUはNVIDIAのGeForce GTX1060が搭載されます。GTXは「1050 < 1050Ti < 1060 < 1070 < 1080」という順に性能が上がっていき、実際ベンチマークテストなんかをするとそれなりのスコア差になりますが、最新のPascal世代(GTX 10○○番台)だと、上級のゲーマーでないのなら1050クラスでも十分満足だったりします。この製品はGTX1060搭載機なので、ゲーミングノートとしては「中位くらい」と言えるでしょう。ただ、一般的なノートPCと比較すると全然「中位」なんかじゃないですけどね…。 また、この製品はGPUをGTX1060に「完全固定」します。マウスコンピューターの説明によれば… マウス NEXTGEAR-NOTE i5550 イメージ

従来のノートパソコン用 GeForce® 採用製品では、ソフトウェア環境やグラフィックス処理の負荷状況によって、使用するグラフィックスプロセッサーが自動的に切り替わり、最終的な描画出力は CPU 内蔵のグラフィックスプロセッサーから出力されるため、個別のグラフィックス処理に GeForce® を割り当てることができなかったり、外部映像出力の解像度制限やアプリケーションとの互換性問題が発生する場合がありました。

本機はこの問題を解決し、グラフィックスプロセッサーを GeForce® に完全固定することが可能になりました。最新の VR 環境や高解像度対応ゲームなど、GPU の性能を最大限に活用したい場合に効果を発揮します。

また、外部映像出力信号を GeForce® と直接接続することにより、外部映像出力端子から常に GeForce® の映像信号が出力されるため、内蔵液晶ディスプレイを含めて最大 3 画面同時出力、2つの外部映像出力端子はすべて 4K-UHD 解像度に対応します。

ということです。ウインタブの実機レビュー経験だと、ドラクエベンチがこれに引っかかるといいますか、GPUの設定が必要でした。基本的にGPU搭載機は使用するアプリによって最適なGPU(Intelの内蔵グラフィックかGrForceか)を自動選択するのがデフォルトの設定なのですが、ドラクエベンチをする際に、そのままだとIntel内蔵のほうが優先されてしまうので、設定でGeForceのほうに切り替える必要があります。しかし、この製品は常にGPUがGeForceに固定されるため、設定が不要、言い換えると常にハイパフォーマンス状態となります。

GPUの話が長くなってしまいました。続いて、ディスプレイは15.6インチのFHD解像度で、液晶品質(TNかIPSか)の記載はありません。入出力ポートはさすがに15.6インチのゲーミングノートということで、非常に充実しています。USB3.0は合計で4つ、映像出力2系統、もちろん有線LANと、ゲーム環境ばかりでなく、一般的なPC利用のニーズもしっかり満たしています。

スポンサーリンク

また、後述しますが、筐体設計も新しくなり、従来機i5540から厚さが3 mm、重量も200 g軽量化されています。それと、スペック表では論じられることがありませんが、ゲーミングノートというのはACアダプターもかなり巨大です。しかし、この製品はACアダプターも軽量化されており、i5540との比較では重量がなんと365 gも軽量化(重量850 gから485 gになりました)されています。

ただし、それでも一般的なノートPCよりは重くて厚い、というのはありますけどね…。

2.筐体

マウス NEXTGEAR-NOTE i5550 正面
ゲーミングノートということもあり、筐体サイズをギリギリまで小さくした、という感じではありません。ベゼルもそれなりに太く、従来モデルから薄型化したとは言え、そんなに薄いとは感じませんね。また、前面(前側面)にはステレオスピーカーが配置され、造形も立体的になっています。また、スピーカーに関しては底面にサブウーファーも備えます。

マウス NEXTGEAR-NOTE i5550 キーボード
上から見るとこんな感じです。筐体の前部が独特のカッティングというか、造形になっているのがわかります。

マウス NEXTGEAR-NOTE i5550 キーボード拡大
キーボードの拡大画像です。画像上部中央にあるのが電源ボタン、その周囲にある4つのボタンは「マクロキー(ユーザーが任意の動作を割り当てることのできるボタン)」です。ゲーミングノートらしく「W,A,S,D」キーは赤くハイライトされています。キーボードはもちろんバックライトがつき、ゲーミングノートらしく「レインボーカラー」にすることもできますよ!

マウス NEXTGEAR-NOTE i5550 天板
天板はアルミ製でヘアライン加工が施され、見た感じの高級感が高まっています。また、立体的な造形になっています。

マウス NEXTGEAR-NOTE i5550 ポート類
この画像、かなり見にくいんですが、ポート類の配置です。画像右上が背面、左上が右側面、右下が左側面で、映像出力系、有線LAN、DC-INが背面に、USBポートとSDスロットが側面に配置されます。これはこれで理にかなった配置と言えるでしょう。

3.価格など

マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5550はマウスコンピューター公式サイトで販売中で、価格は税込み150,984円から、となっています。RAMを16GB、ストレージを256GB SSD + 1TB HDDにしたモデルだと183,384円ですが、GTX1060搭載機だとRAMやストレージもそれなりには充実させたくなると思うので、実際には18万円くらい、と思ったほうがいいかもしれません。

この製品は筐体設計も新しく、GPUをGeForceに完全固定するなどの改善努力もなされていますので、これからゲーミングノートを購入する際は有力候補になるかもしれませんね。

4.関連リンク(マウスコンピューター)

NEXTGEAR-NOTE i5550 シリーズ
icon

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑