Microsoft Surface Pro 4 - マイクロソフトのシンボル、大きく進化する

公開日: : Microsoft , ,

Microsoft Surface Pro 4
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。噂通りというか、10月6日のMicrosoftイベントで、「Surface Pro 4」が発表されています。SurfaceシリーズといえばMicrosoftのハードウェア群では「シンボル」といってよい存在だと思いますし、このイベントでも最も注目されていた製品ですよね。では、さっそく紹介します。

スポンサーリンク

Surface Pro 4 カバーをつけたところ
トップ画像をみて最初に感じたのは「なんだ、全然変わってないじゃん」ということでした。SurfaceユーザーでなければSurface Pro 3との違いはほとんどわからないんじゃないでしょうか。いや、Surfaceユーザーでもわからないかもしれませんね。

Surface Pro 4は認証が強化
Microsoftの紹介動画で最初に強調されているのは「認証系」です。上の画像は指紋認証用のリーダーがタイプカバーに装備されているところです。現状「米国のみ」の対応ということで、日本向けにに導入されるかはわかりません。また、Microsoftの新しい生体認証システム「Windows Hello」にも対応します。

Surface Pro 4のOSはWindows 10 Pro
従来モデルからそうでしたが、Surface Pro 4に搭載されるOSは「Pro版」です。

Surface Pro 4のディスプレイは12.3インチ
噂されていた「ベゼルレス(ベゼルが極端に細い)」ではありませんでしたが、ディスプレイサイズは12.3インチとなり、Surface Pro 3の12インチから拡大しています。Surface Pro 3とほぼ変わらない縦横サイズでありながら、わずかでもディスプレイサイズが大きくなった、というのは実はユーザーにはすごく恩恵が大きいんじゃないかと思います。それともうひとつ、Surface Pro 4はWindowsボタンが廃止されてますね。

Surface Pro 4の薄さは8.4mm
縦横サイズは変わらなくとも、厚さは変わりました。Surface Pro 3が9.1 mmであるのに対し、8.4 mmとなっています。また、薄型化と同時に軽量化もされており、34g~14g程度ではありますがSurface Pro 3よりも軽くなっています。

Surface Pro 4はSkylake
CPUは噂通りIntelの第6世代CPU「Skylake」が採用されました。ちょっと面白いのが「Core m3、i5、i7」というラインナップになっていて、低価格モデルは同じSkylakeのコードネームではありますが、Core Mプロセッサーが採用されています。

スポンサーリンク

RAMは4GB/8GBに加え、16GBというのも選べるようになりました。また、ストレージでも従来の128GB/256GB/512GBに1TBという大容量のものが追加されます。

Surface Pro 4 冷却ファン
人によって賛否両論あると思いますが、Surface Pro 4でも冷却ファンは健在です。でも「Hybrid Cooling System」という記載があり、その意味するところが分からないんですけど、静音化とか省電力化はなされているんじゃないでしょうか。

Surface Pro 4はタイプカバーも進化
記事の上のほうで「変わりばえしない」ということを書いたのですが、その要因のひとつにタイプカバーの存在があります。しかし、新しいタイプカバーは見た目こそあまり変わったように見えませんけど、キーピッチ、キーストロークとも大きく改善されています。また、タッチパッドも40%大型化され、より使いやすくなっています。上の画像はキーがパンタグラフ方式であることをアピールしているもので、もともと評判の良かったタイプカバーの打鍵感はさらに大きく改善したようです。

Surface Penもレベルアップ
Surface Penも進化しています。マグネットで本体に簡単に取り付けられるようになり、筆圧も1024段階対応となりました。

ここまでの説明は、下記にリンクした、MicrosoftによるSurface紹介動画をもとに記載しています。

スペック

次にMicrosoftが公表しているSurface Pro 4のスペック表を掲載します。CPUの型番など、まだよくわかっていない箇所もありますので、ご了承ください。

OS: Windows 10 Pro
CPU: Intel Core m3 / i5 / i7(Skylake)
    ※「m3」は誤記載ではありません
GPU: m3: Intel HD graphics 515、i5: Intel HD graphics 520、i7: Intel Iris™ graphics
RAM: 4GB / 8GB / 16GB
ストレージ:SSD 128GB / 256GB / 512GB / 1TB
ディスプレイ: 12.3インチ(2736 x 1824, 267 PPI)
        アスペクト比 3:2
ポート類: フルサイズUSB 3.0、microSD、ヘッドフォンジャック、Miniディスプレイポート、カバーポ、SurfaceConnect™
ネットワーク: IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluettooth4.0
カメラ: イン5MP / アウト8MP
スピーカー: ステレオスピーカー(Dolbyオーディオ)
サイズ: 292.10mm x 201.42mm x 8.45mm / 重量766g(m3)、786g(i5,i7)
バッテリー稼働時間: 動画視聴時最大9時間
筐体: マグネシウム製、色はシルバー

価格

米国での価格は下記の通りとなっています。米国におけるオーダーは10月7日から開始され、発売日は10月26日です。米国のMicrosoftストアでの価格は

Core m3/RAM4GB/ストレージ128GB: 899ドル(約10万8700円)
Core i5/RAM8GB/ストレージ256GB: 1,299ドル(約15万5800円)
Core i5/RAM16GB/ストレージ256GB: 1,499ドル(約17万9800円)
Core i7/RAM8GB/ストレージ256GB: 1,599ドル(約19万1800円)

となっています。もちろんこのほかにもストレージやRAMのカスタマイズが可能です。タイプカバーは上記の価格には含まれず、別売りで129.99ドル(約1万5600円)しますので、トータルだとやはり少しお高め、となります。

Surface Pro 4は従来のSurfaceを正常進化させたモデルで、外見はあまり変わらないものの、各部の作り込みがより高度になり、一層使いやすくなっている、と感じました。あとは同時に発表されたSurface Bookと価格帯が被ることになるため、どちらがより高い人気を博するのか注目したいところです。

関連リンク

Surface Pro 4:米国Microsoft

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)


Gearbestセール

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑